ダイソー積み重ねボックス大・細型を使ってWECKをスッキリ収納

WECK Straight 340mlに入れた調味料類。数が足りなかったダイソー積み重ねボックスを買い足してきっちり収納し直しました。

これまでの話

『プラスチック・フリー生活』を読んでからプラスチックフリーを心がけたモノ選びをしようと思い、先ずはキッチンのフレッシュロックからWECKへ買い替えました。シリコンキャップを買い揃えるほど脱プラを意識したものの、収納するバスケットとWECKのサイズが微妙に合わずバスケット収納をやめました。

その際、取り出しやすくするため、ぴったりサイズの合ったダイソー積み重ねボックス大・細型を用いることに。これが残念ながらポリプロピレン製のため完全な脱プラが出来ず。木製のケースが見つかれば買い替えたいところ。目をつけていた無印良品木製ケースが廃盤なのか見当たらないので、当面積み重ねボックスを使用することに。ダイソーに行って足りない分を買い足してきました。

買い足した5つ

WECK Straight 340mlとダイソー積み重ねボックス大・細型

調味料類をStraight 340mlに入れキッチンの棚に収納。取り出しやすくするためにトレーなどに入れてスライド出来るようにしておきます。元々はTimb.洗えるバスケット スクエアMサイズを使用していましたが、微妙にサイズが合わず断念。

ちょうど手元にダイソー積み重ねボックス大・細型があったので試しに入れてみたらピッタリ!Straight 340mlだと3個入ります。キッチンの棚には横に5列置ける計算です(実際は4列で十分かな、と思っていますが)。

積み重ねボックスは横に5つ、奥にWECK3つ入る

キッチンの棚の収納方法をより見直していく

同じアイテムを使うことで見た目がスッキリする収納が実現するため、Timb.洗えるバスケットを買い揃えていました。しかし「使い勝手第一」で考えると必ずしも同じアイテムを使った収納がいいわけでもないことにようやく気付きました。

「見える収納」方法はあまり得意ではなかったけれど、今回WECKと積み重ねボックスを用いた収納は「見える収納」。WECKで揃えたおかげでスッキリ見えるし、使い勝手も良さげ。

今後は収納方法自体を見直しつつ整えていきたいところです。

【プラスチックフリー】フレッシュロックからWECKへ入れ替えました

楽天買いまわりでWECKの必要数を一括で注文。フレッシュロックからWECKに切り替わりました。

余ったWECKのガラス蓋の使い道

プラスチックフリーを目指してフレッシュロックからWECKに変更。フタは簡単開閉と密封性を求めてシリコンキャップに変更。大量に余ったガラスフタをどうしようか悩んで、とりあえず別の使い方がないか考えてみま ...

-持たない暮らし
-, , , ,

© 2021 一語一絵