綿棒ケースとしてiittala「kivi」フロストを使用

2021/11/08

無印良品「スパイラルタイプ綿棒・黒」を愛用しています。これまで開封済みのモノはクローゼット内のスキンケア用品収納ケースの中に収納し、ストック分は部屋の棚に収納していました。使う場所もストック場所もちぐはぐだったので、綿棒ケースを新たに用意し、定位置化させました。

【Before】使用中綿棒の収納位置

使用中の綿棒は、クローゼット内の棚の一番上、スキンケア用品等をまとめたPPファイルボックスに入れていました。

ここに収納するメリットは、スキンケア用品が一式あるので迷わず(探さず)手に取れること。

デメリットというほどではないものの、「あれ?おかしいな」と思ったことは、収納場所と使用場所が違うこと。クローゼットは廊下にあるけど、部屋で綿棒を使用しています。

モノの正しい収納場所は、使用場所と一致させること。なのに位置が違うので違和感がありました。

【Before】ストック品の収納位置

一番下の左側

まとめ買いしてストック

無印良品はネットで購入しているので、送料無料対策にまとめ買いするようにしています。綿棒単価は安いのでまとめ買いしがち。クローゼット内に収納するスペースに余りがないため、部屋の棚にストック分を収納しています。

使用中の綿棒の収納場所とストック分の収納場所が、クローゼット内と部屋内で別々であること。また、使用中の綿棒の収納場所と使用場所も違うことで、収納位置を揃えようと思いました。

【After】使用中綿棒の収納方法

iittalaのキャンドルホルダー「kivi」を綿棒ケースとして使用することにしました。

ぎゅうぎゅう詰めにした時、キレイに揃えて入れ替えられないのがちょっと残念。

新しくiittala「kivi」フロスト購入

無印良品「スパイラル綿棒」専用に

【After】使用中綿棒の収納場所

【Before】

【After】

収納場所はすぐ手に取れる部屋の棚の一番上部分。

これまで「kivi」リネンとターコイズの間にdiptyqueのミニキャンドルを飾っていましたが、diptyqueのミニキャンドルの代わりに「kivi」フロストを置いてみることに。

見た目の違和感はあんまり感じないのでこのまま続けてみる予定です。

diptyqueのミニキャンドルは飾り棚に移動。ストック分の収納場所は変わらずです。

-収納と片づけ
-