【賃貸玄関の断熱・遮熱対策】突っ張り棒で間仕切りカーテンを取り付けてみた

当ページのリンクには広告が含まれています。
パタパタカーテン設置
くしな

こんにちは!賃貸6畳1Kの部屋で暮らしてるミニマリストくしなです!

パタパタカーテンを購入しました。

冬の玄関はスキマから冷気が入って寒いし、結露もできてしまいます。夏は夏で西日が厳しく、玄関トビラが熱々になることも。

冷気・暖気の遮断対策にプラダンを使っていましたが、玄関なので出入りするときジャマでした。

スムーズに出入りできて遮断する方法はないか、と探しているときに出会ったのが、間仕切りカーテンです。

つっぱり棒に通すだけのタイプで、賃貸でもカンタンに設置できます。

この記事では、玄関の断熱・遮熱対策のビフォーアフターと、間仕切りカーテンの設置の様子を紹介しています。

目次

【ビフォー】プラダンを使った賃貸玄関の断熱・遮熱対策

プラダンを立てかけた一番カンタンな方法で玄関の断熱・遮熱対策をしていました。

プラダンが倒れてこないように、つっぱり棒でおさえています。

出入りするときはスキマに挟み込む

出入りするときは、半分に折って、横の壁(シューズボックス)に立てかけたり、スキマに挟み込ませていました。

くしな

これがめんどくさい!

間仕切りカーテンを設置してみた

パタパタ間仕切りカーテン
横95×縦205cm
間仕切りカーテンの特徴
  • つっぱり棒を使ったカンタン設置のカーテン
  • ハサミでカンタンに長さ調整できる

出入りにジャマになるプラダンの代わりに、間仕切りカーテンを設置することにしました。

こちらはつっぱり棒に通すだけで設置できるタイプです。

いろんなデザイン・カラーが出てますが、シンプルに「市松柄・ベージュ」を選びました。

つっぱり棒にシリコンキャップを取り付ける

もともと持ってたつっぱり棒に、シリコンキャップを取り付けました(100均アイテム)。

これで不意につっぱり棒が落ちてくる心配もありません。

くしな

これまで何度、頭の上に落ちてきたか・・・

上部はギリギリのところになるよう位置を調整

しっかり断熱・遮熱したいので、つっぱり棒に通したカーテンの上部と扉の上部がギリギリになるように、つっぱり棒の高さ調整しました。

あとカーテンには表裏があるから、間違えないようにね。

くしな

最初、間違えたよ・・・

床ギリギリの位置でカットする

縦の長さが205cmあるカーテン。そのまま使うと、床に垂れます。

しっかり断熱・遮熱したいなら下側は切らない方がいいんですが、すぐ汚れそうなので切りました。

ハサミでカンタンに切れます。

床とギリギリ接するあたりなので、ちょうどいい長さになりました。

パタパタたたんで、出入りがカンカン

出入りするときも、パタパタたたんでスムーズに出入りできます。

くしな

プラダンよりずっといい!

【アフター】つっぱり棒でカンタン設置の間仕切りカーテン

断熱・遮熱の効果の検証は、まだできてません。

これから暑くなってくるので、玄関に立ったとき暑く感じるかどうか検証したいと思ってます。

微妙なスキマが断熱・遮熱の効果にどう影響するか?

冬の断熱効果を検証するまで、必要なくなったプラダンだけど、処分せず残しておきます。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

パタパタカーテン設置

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次