2017年のブログ運営を振り返ってみる

2017/12/25

今年後半に記事の大規模断捨離を行いました。今年はブログ運営についていつも以上に真面目に考え直した年でした。

昔の記事の断捨離決行

ブログ歴は非常に長く「一語一絵」自体は7年近くですが、過去運営していたブログを含めると10年以上に渡ります。

現在ブログは情報発信媒体としての面が強いですが、昔は日記系のブログが多く私も例に漏れず日記ブログとスタートし、以来ずっと雑記ブログとして書いてきました。

私自身読む方としては現在多く存在する内容一点集中型・特化型ブログが便利だと思いつつ、自身が特化型に内容移行するのに踏ん切りがつきませんでした。

なかなか昔の感覚が抜けないし、今更割って入ろうにも特化型が多いので生き残る自信もありません。何よりブログ更新はライフワークの一環となっていたので毎日更新するのが常で、特化型になるとネタ探しの点から毎日更新は難しくなるだろうと予想しました。

毎日更新したい。色んなことを書きたい。自分がまず楽しみたい。そう考えると私はやはり雑記タイプでブログを更新する方が好きで無理に特化型にしなくてもいいや、と一応結論付けました。

ただし、昔の本当にどうでも良いような記事を削除する事にしました。私自身昔の記事を読んでみても「面白く無い」「短い」「で?それが何?」「これ公開して何の意味があるの?」と容赦ないセルフツッコミを入れてしまいます。そう言った記事を削除して自分でも納得いきそうな記事だけを残そうと作業し始めると数百単位の記事を削除する事となりました。

昔の要らない物を処分する事で今自分に合った物が分かってくるようになり、記事の断捨離作業により、カテゴリーやタグの見直しも一気に加速しました。

テーマ変更

元々アフィンガーを親テーマに自作子テーマで運営していましたが、出来る限り子テーマを弄らずに親テーマに近づけた状態にしようと、自作子テーマを一から作り直しました。

現在はカラー変更程度で他はあまり弄っていないテーマになりました。

毎日更新を一休み

ブログ更新はライフワークの一環ですが、毎日更新は義務的な感覚になってしまっていました。目を皿のようにして「何かネタはないが〜」とネタ探しに躍起、質よりも量を優先させるようになっていました。

好きなものを好きなだけ書き出したいけれど、ノンストップで書き続けてきたブログ更新を一旦お休みする事にしました。更新速度を少し緩め週3、4回更新出来れば良いや、と考え直す事で時間の使い方も変わりました。

また物は考えようとはよく言ったもので、更新速度を緩める事で一つの記事に時間を掛ける事が出来、より自分が満足できる充実した内容を書けるようになって来ました。

写真のワンランクアップを目指して

長年写真はiPhoneのカメラで撮ってきましたが、ピンぼけにあこがれてハイエンドコンデジGR2を購入しました。まだ使い慣れてはいませんが、スマホで撮るよりGR2で撮ることがほとんどになりました。素人目で見ても綺麗に撮れます。少しでも見栄え良く撮れるように勉強中です。

リコー GR2を使い始めてみた感想

GR2で撮影し始めてまだ1週間も経っていませんが、第一印象の感想を書いてみました。

読者の側を考えて書くようにする

私自身がブログ検索する際どんな情報が欲しいか。それを考えると自身のブログでも同じように盛り込むようにしました。

例えばあるアイテムの価格やサイズ、重さなど。イベントの混み具合だとかもし行くならどのルートがオススメだとか、注意点とか。

ただ単純に「◯◯買った」「◯◯行ってきた」と言う日記スタイルだけでは読んでもらっても「あ、そう」で終わってしまいます。そこにプラスアルファ、読んでくれる人に提供出来そうな情報を付加するようにしました。

また、期間限定イベント記事などは出来るだけ早めに更新するように心掛けました。イベント終了後に参加した記事をアップしても、せっかく興味を持ってくれても遊びに行けないんじゃ残念ですからね。

あとはタイトルや書き出し部分も興味を惹きつけるような、分かりやすいような物をチョイスするよう気をつけました。ここはまだまだ納得いくレベルでは無いんですが。

更に過去記事にも手を加えました。記事の断捨離作業中、残しておく記事にしても内容が古いと思うものもしばしば。以前は所有していたアイテムも手放している場合があるので修正していきました。

最後に

時々過去記事を見返して記事の削除や内容の修正等する事でブログとしての鮮度を上げていきたいものですね。

来年もまた、先ずは自分が満足できる域の記事を書いて、読んでくれてる人に少しでも参考になれればな、と思います。

-ブログ運営
-

Copyright© 一語一絵 , 2020 All Rights Reserved.