ミニマリストらしく靴を減らして3足のみになりました

2017/12/06

8足あった靴を半分以下にまで減らすことが出来ました。夏用サンダルマヤリ2足とEVAボストンの計3足です。EVAボストンは、冬用・雨天用・ウォーキング用と使い勝手が大変良いので他のシューズを処分しても問題ないと判断しました。

とうとう3足まで断捨離

11月からの断捨離ハイが継続中のお陰で靴も順調に減らすことが出来ました。本当に履きやすい3足だけが残りました。

残ったのはこの3足

春夏シーズンに履きっぱなしのマヤリ

マヤリは春夏の雨天以外の間ずっと履いています。ビルケンシュトックのモデルの中でも一番好きなモデルでルームシューズもマヤリを愛用しています。

マヤリは靴底が減った場合修理に出しますが、一度修理に出すと2〜4週間ほどは返ってこないので、その間同じマヤリを履けるよう2足体制です。

雨天・ウォーキング・秋冬に大活躍のEVAボストン

EVAボストンは元々レインブーツ代わりに使い始めたんですが晴れの日でも問題なく履けるデザインです。

秋になりウォーキングシューズをどうしようか悩んでる時に試しに履いたEVAボストンが問題なくウォーキングに使えたので、秋冬のウォーキングにも利用しています。水で丸洗いできるのでウォーキングで多少汚れても問題ないですね。

秋冬にビルコフェルトのボストンを履いていましたがEVA素材の軽さを覚えるとビルコフェルト製ボストンが重く感じて履かなくなってしまいました。これを手放し秋冬の間はずっとEVAボストンを履くことにしました。

このシューズは修理が効かないタイプなので、靴底がすり減った場合は買い替えが必要です。定価6480円とビルケンシュトックの中ではかなり安いモデルの靴になります。マヤリの修理代(オールソール交換)で、4725円なので修理だろうが買い替えだろうかあまり値段は違わないですね。

靴の収納定位置

8足あった(多い時はそれ以上)ビルケンシュトックの靴ですが、3足になったことで靴の収納も楽になりました。

ウチの備え付け靴箱は奥行僅か20cmしかなくスリッパラックのように縦に引っ掛けての収納しか出来ません。ワイヤー部分(引っ掛ける部分)を靴箱から取り外し、W70×D20×H170cmの日用品・掃除用具等の物置として利用しています。そのため本来の用途である靴収納は出来ず、玄関の床に靴を並べていた状態でしたが、3足に減ったおかげでかなりスッキリとした玄関になりました。

まぁ、まだ収納定位置が決まってないお掃除用品ありますが・・・(苦笑)。

玄関に靴3足と掃除用具(苦笑)

-私服の制服化
-

Copyright© 一語一絵 , 2020 All Rights Reserved.