鍋の買い替え DANSKの片手鍋18cm深型を購入しました

投稿日:2017/11/18 更新日:

憧れのメーカーの一つダンスクの鍋を購入しました。今まで使っていた片手鍋は少し小さかったのでダスンクの18cm深型の片手鍋に買い換えました。

DANSK 18cm 深型片手鍋

スカンジナビアモダンアートをコンセプトにしたDANSK社。DANSKの鍋はホーロー製です。北欧テイストらしく綺麗なカラーの鍋です。私は今回チリレッドを選びました。

今まで使っていた片手鍋より大きい物が欲しかったのではじめは両手鍋23cmを買おうとか思っていたんですが、「これちゃんと収納できる?」とサイズを測りなおしてみると予想以上に大きかったので却下。次に片手鍋18cmにしようかと思ったんですが、本当に本当に微妙に今まで使っていたのより気持ち大きくなったくらいのサイズだったので買い換える意味が無さそうでした。

そこで見つけた片手鍋18cm深型。同じ片手鍋18cmの容量は2.2Lですが深型だと3.2Lとかなり容量が大きくなります。作りおきメニューには深型の方が使いやすそうだし、収納できるギリギリのサイズだったのでこれを購入することにしました。

外箱

箱の中身

片手鍋18cm深型チリレッド

蓋は鍋敷きにもなります

チーク材の取っ手は取り外せます

ホーロー製の小さな取っ手も付いて両手で持てます

IHにも対応 ホーロー製なので電子レンジは不可 オーブンも不可

今まで使っていた片手鍋とDANSK18cm深型片手鍋の比較

これまで無印良品の片手鍋を使用してきました(すでに廃番品の模様)。一人分にはこれで十分使いやすかったものの作り置き料理を作ると少々小さいと感じていました。吹きこぼしに注意しないといけなかったりね。なのでずっと前から、もう少し大きい鍋に買い換えようと思い、DANSKの片手鍋に買い換えましたわけですけども。

今回の鍋はホーロー製でかなり重たいです。料理が入っていたら間違いなく両手で持つと思います。それくらい重いです。無印良品の鍋の約3倍の重さでびっくりです。

DANSKの鍋と無印良品の鍋

横から見るとサイズアップがよく分かる

無印の鍋は500g未満

DANSKの鍋は約3倍の重さ!(蓋無しの状態)

ファーストインプレッション

早速この鍋を使ってみることにしました。作り置きにカレーを作ってみましたが、やっぱりサイズが全然違って作るのが楽! いつもなら満杯ギリギリまで水が入って吹きこぼしに注意しなくてはならなかったのですが、今回の鍋だと半分の高さで済みました。直径も少し大きくなったおかげで野菜に火を通す作業も余裕を持って混ぜることが出来ました。

重さがネックになり持ち運びや洗う時がちょっと大変だったりしますが、デザインもカラーも良くて可愛らしく大切に使っていきたいと思えるお鍋です。実は早速バターウォーマーも揃えたいなぁって思ってたりします(笑)。

無印の鍋なら満杯状態で危なかったけれどこれなら半分で済む

-お買物レビュー
-

Copyright© 一語一絵 , 2019 All Rights Reserved.