テレビとゲーム機をやめてみたことと現在の様子

投稿日:2017/10/02 更新日:

「やめてみた。」を読んで、私自身がやめたものでインパクトの強かった物を紹介したいと思います。今回はTVとPS3などをやめた時のお話と現在は時代の流れからか形が変わっただけと気付いたお話です。

コミックエッセイ「やめてみた。」を読んだ感想と気付かされたこと

わたなべぽん著「やめてみた。」のレビューが良かったので電子書籍で読んでみました。断捨離ライト層向けの軽い内容だな、と思いつつ最近の私は「捨」に拘っていたと気付かされる内容でした。今一度、やめてみること ...

初心にかえり、私のやめてみたものとそこから得られたもの、そして現在の様子についてまとめてみめした。今回載せたTV周辺のやめてみたことは、だいぶ昔の話で、現在はまたちょっと違う状態になっています。

TV本体をやめてみるまでの経緯と心の持ちよう

記事のタイトルで、テレビとゲーム機をやめてみたと書きましたが、一度に全てを手放したわけではありません。徐々に徐々に、最終的にテレビ本体まで手放しスッキリさせました。そうして、テレビ本体と周辺機器の処分は、今までやめてみたのことの中で一番の大物でいて、スッキリ爽快したものです。

VHS/DVDレコーダー

先ずはVHS/DVDレコーダーをやめました。TVっ子と言うわけでもなく、レコーダーはリアルタイムで見れない時間帯の番組を録画するのによく利用していました(内蔵HDDに)。なので、録画した番組自体は数回見れば満足です。また、映画の放送もよく録画していたものの次第にカットシーンに不満を持つようになりました。「これならレンタルしてちゃんと見たほうがいい」って具合にね。

そうして、「録画しなくてもまあいっか」と思えるようになり手放すことになりました。あとちょうど壊れかけてたのも理由の一つだったと思います(苦笑)。

PS3とゲームソフト

次にゲーム機とソフトをやめました。これはなかなか踏ん切りつくまで悩みました。単純にゲームが出来なくなってしまうのが耐えられるか、という事と、あとレコーダーを処分した代わりにDVDやBlu-rayの再生機としてPS3は無くてはならない物だったからです。

しかしゲーム自体はゲーマーと言うほどのめり込んでいたわけでなく、専ら無双シリーズをやり込んでいただけです。戦国も三国もオロチもエンパも販売されてるものを全てやり込んだあと、「新作出るのは数年毎。そのためだけに場所を取るPS3持ってるのもなぁ・・・」と思うようになり。またiMacを所有していたので「いざとなれば外付け買ってBlu-rayも見ればいいか」と思い至り、ゲームを卒業することにしました。

TV台とTV本体

TV台にはTV、PS3以外にプリンタも収納していました。この時既にプリンタも処分していたので、TV台に乗っかってるのはTV本体のみとなりました。「もうこれTV台も要らないよね」とこれは簡単に手放すことに踏ん切りがつき、スッキリ気分良く手放せました。

そうして床に直置きしたTVを見て。「あれ?!そもそもテレビ番組なんて殆ど見ないし、持ってた理由ってゲームのためだったような?!これもうTVも要らないのでは?!」と気付いちゃいました。

ただやはりTV本体の処分はなかなか勇気のいることでした。しかし思い切って手放してみると、部屋のスペースが空いて部屋がスッキリしただけでなく、「N●Kとも解約できるやん!!」と気付いて解約すれば節約にもなり、余計な情報が入ってくる手段も無くなり、色々と煩わしさから解放されて心がスッキリした記憶があります。

no image
ミニマリストへ一歩、テレビを処分する

元々「テレビを処分しよう!」と思い立ったのではなく、テレビ周辺機器を段階的に処分して行ったら「あ、テレビも要らないや」と結果的にテレビを手放すことに成功しました。

形を変えた現在

こうやって振り返ってみると改めて気付かされることがあります。

外からの煩わしい情報流入をTV処分でシャットアウトしたはずなのに、今は違う形で入って来ていると気付いたからです。また、ゲーム機を処分しても今はスマホで結局ゲームは続いているます。やめてみたことが形を変えて再び生活の中にあります。

TV視聴から動画配信サービス視聴へ

僅か1年と言えど時代は進むもんだなぁ、とつくづく思います。テレビを処分したのが2016年4月。その半年後には動画配信サービスHuluに加入しています。そこからAmazonプライム会員になってプライムビデオを見るようになり、Netflixにも加入して、動画配信サービスには3つも加入している状態です。

あまり喜ばしい環境ではないのかも知れません。情報流入という点からは、TVより好みの番組や映画を多く見ることが可能になったし、N●K解約で節約したはずが動画配信サービスに使用料を毎月支払って節約にはならなくなったし。時間の割き方も、海外ドラマやアニメなんてイッキ見して夜更かしや家事が疎かになってしまうことも。

ただ、今現在は一通り映画も海外ドラマもチェックしたし、そもそも動画を見る時間が取れず、使用料支払ってる分の元が取れてるか分からないくらいなんですけどね、とほほ。

Netflix 1ヶ月無料トライアルを終えて今後のこと

Netflixの無料トライアルもあと数日で終了。あまり時間が取れず、チェックしていたドラマや映画を全て鑑賞することが出来ずに1ヶ月を終えようとしています。今後加入するかどうか、他の動画配信サービスはど ...

家庭用ゲーム機からスマホゲームへ

ゲーム機もPS3、それからNintendo DSも全てやめたんですが、スマホでゲームをしているので完全なゲーム卒業とはなっていません。

家の中で時間を見繕ってプレイするスタイルから外で活動して遊ぶスタイルに変わったことが唯一の救いかな?

一般的なスマホゲームではジッとしてても遊べるけれど、私がハマったのは位置情報ゲームingressからはじまり、万歩計機能を利用したWalkrにハマっています。

ingressはただのゲームでは無くそこから得られたものは非常に多く楽しかったです。しかし諸事情から引退し、現在はそれでも健康的に遊べるWalkrをプレイしています。

スマホ歩数計ゲーム「Walkr」がウォーキングのモチベ維持にオススメ!

付き合い方を見直してみるいい機会

結局のところ映画や海外ドラマ、ゲームも趣味の一つであり、一度は手段を絶ったものの形を変えて生活の中に今もあります。やめてみたことがマイナスなのではなく、改めて趣味なんだと気付きました。

趣味そのものをやめる気がないのでこれらをやめることは今の所ないかな。

しかし、ダラダラと見たり遊んだりする事はよくない事なので、今まで以上に時間の使い方、付き合い方を見直さないといけないかな。これがちゃんと出来れば趣味を満喫できると言い換えられるわけで、これからの課題になりますね。

-持たない暮らし
-

Copyright© 一語一絵 , 2019 All Rights Reserved.