草間彌生 My Soul Forever展@フォーエバー現代美術館

八坂神社参拝後、フォーエバー現代美術館で開催中の草間彌生展を鑑賞して来ました。併設カフェで草間さんコラボのスイーツも食べて来ました。

草間彌生展は大阪の国立国際美術館で開催された「永遠の永遠の永遠」以来2度目5年振りです。今回は京都のフォーエバー現代美術館オープニング展第1部全376点の草間作品コレクションの中から82点が展示。1950〜2008年までのオリジナル作品の他、1979〜1990年までの版画作品も展示されています。

フォーエバー現代美術館とは?

祇園甲部歌舞練場内の「八坂倶楽部」と言う大正2年に建てられた築104年の伝統的日本建築の有形文化財(重要文化財に指定)で、数年間現代美術館として利用されることになりました。

祇園甲部歌舞練場は土足禁止で畳の美術館で、ちょっと変わってるなって思ってたんですが、思っていた以上に素敵な場所でした。

チケットは出入り口にある機械で購入。その後靴を脱いで係の人から袋を貰って袋の中に靴を入れて上がります。入り口には受付があるのでチケットを見せ、リーフレット等頂きました。

入り口にはお金が帰ってくるコインロッカー(100円)が設置されているので靴や大きめの荷物を預けておくことが出来ます。傘も鍵付き傘立てがあるのでそこに預けます。

作品鑑賞後、ミュージアムショップや併設カフェがあるのでそこで鑑賞後もまた楽しめるようになっていました。

撮影OKの作品有り

祇園甲部歌舞練場前には巨大南瓜オブジェが飾られ自由に写真撮影が出来ます。ここは美術館へ入らなくても撮影できるので、ここだけ撮影して帰る人も多かったですが、せっかくだから展示品を鑑賞して帰って欲しかったですねぇ。1Fと2Fにそれぞれ1箇所ずつ撮影OKスペースもあって良かったと思います。平日に行ったので、お客さんもまだ少なく、畳の上に座ってゆっくり鑑賞することが出来良かったです。

無料でアートを感じれるスペース

1F撮影可能スペース

2F撮影可能スペース

庭園

日本庭園へ下りて散策することも出来ます。スリッパと日傘が用意されているので有り難いですね。

併設カフェノースショアとミュージアムショップのお土産

1F2Fと鑑賞後、ミュージアムショップと併設カフェにたどり着きます。ミュージアムショップ内は撮影不可だったので、お土産に買って帰ったマスキングテープだけ紹介。レジは半セルフレジ。バーコード読むのはスタッフさんでしたが、お金をレジに入れたりレシート取ったりするのは自分でするような機械でした。ポストカードは出口のアンケートに答えたら頂けました。

マステ各種440円

併設カフェのノースショアのランチはサンプル写真がよく分からなくてちょっと魅力を感じなかったのでパス。コラボメニューの草間あんみつ(700円)を注文しました。お皿は草間さんのアート皿です。水玉なあんみつの見た目は良かったんですが、お味はちょっと・・・(汗)。「フルーツとあんこ、別々で食べるならまだしも一緒に食べるのは合わないわぁ・・・」とちょっとがっかりしちゃいました。

フォーエバー現代美術館

所在地 〒605-0074 京都府京都市東山区祇園町南側570−2 →GoogleMapで開く
開館時間 10:00〜18:00(入館は17:30まで)
休館日 無休(年末年始を除く)
観覧料 一般:1200円 中高生:800円(10月29日までのプレオープン期間中)
障がい者手帳持参者は無料(介添人1名まで無料)
公式サイト: FMOCA フォーエバー現代美術館 祇園京都

草間彌生さんの「永遠の永遠の永遠」を鑑賞してきました

大阪の国立国際美術館で先月7日から展示されてる草間彌生さんの「永遠の永遠の永遠」を鑑賞して来ました。

-イベントレポ
-, ,

© 2020 一語一絵