冷凍室の収納をたて収納に見直して少しスッキリ

投稿日:2017/06/14 更新日:

野菜・肉の冷凍保存の仕方を覚え、調子に乗って色々冷凍保存しようと企んでみたものの、そもそも冷凍室のスペースが狭くたくさん保存できません。いっその事冷凍室の広いものに買い換えるか、なんて思いついてしまいましたが、まずは不要なものは冷凍保存せず、また収納方法も見直すことで、上手に保存できないか考えてみることにしました。

冷凍保存について調べてみました

今一度、野菜やお肉の保存方法、特に冷凍保存の仕方について調べてみました。

ウチの冷蔵庫スペック

ウチの冷蔵庫はワンルーム向けの小型冷蔵庫です。NationalのNR-B162Jと言う型で内容積162L、冷蔵121L、冷凍41L(食品29L)です。10年選手の冷蔵庫なので買い換えても良いんですが、サイズは丁度いいし、まずは収納方法の見直しをしてうまく利用するようにしたいと思います。

BEFORE(上段)

BEFORE(下段)

冷凍するもの・しないもの

何を冷凍保存するかしないかは、家庭環境や収納スペースなどによって変わってくるので、あくまでウチの場合の話です。

冷凍保存するもの

アイス、ご飯、ハッシュドポテト、冷凍うどん、食パン、生肉類

業務スーパーは安く買えるけれど量が多いので、どうしてもすぐに消費しきれず、冷凍保存しなければなりません。特に生肉類は保存スペースをきちんと取っておかないとな、と思っています。

食パンやパン(ベーグルなど)は出来るだけ常温保存で消費したいのですが、これからの季節カビらせてしまいやすい、パンイベントでつい色々買っちゃうので、やはり冷凍保存して長く保存するようにしています。パンによって形が変わってくるので、スペースの確保に工夫が必要そうです。

冷凍保存しないもの

氷、加工肉、、野菜、保冷剤

飲み物は常温で飲むようにしているし、冷たい飲み物が欲しい時も冷蔵庫で保存してある分で十分冷たいと感じるので、氷は必要ありません。今まで氷を必要とすることもなかったので、氷のスペースは普通に保存スペースとして使っています。

今はウィンナーやベーコンを冷凍保存していますが、比較的消費期間が長い食品なので、出来るだけ冷蔵保存で済ませてしまおうと思います。野菜も、冷凍保存方法を覚えたけれど、性に合ってない感じです。調理しておかずとして冷凍保存する事はあるかもですが、基本的に冷凍保存せず新鮮な内に消費してしまおうと思います。

保冷剤は100均で買ってきたものだけを冷凍保存し、保冷剤として使いたいと思います。商品購入時に貰ってくる保冷剤に関しては貯めこむと保管スペースを圧迫してしまうので、今後は貯めない方向で。ゲルタイプの保冷剤は常温で戻し、消臭剤・芳香剤に再利用しようと思います。

たて収納にする

今まで冷凍室の保存方法は何も考えずに積み重ねて収納していました。しかし、冷凍室ではたて収納にした方が良いそうです。確かに。積み重ねだと、下にあるものが何か分からないし、取り出すのも一苦労だし。

そこでたて収納にダイソーの「書類ファイルB5ワイドサイズ」を利用します。冷凍室が狭いので何個も使えないのですが、よくストックするもので、ケースに入りやすいものを選んで収納してみました。すると、確かにスッキリ収納できます。

ダイソーの「書類ファイルB5ワイド」108円

生肉(フリーザーバッグ大1枚分が丸々入りました)

ハッシュドポテト(アルミホイルに2枚重ねで収納)

AFTER(下段)

3個か4個が限界ですね。ケースに入れることで逆にスペースの空きが勿体無い食品もあるので(冷凍うどんとか上手く入りませんでした)、スペースの確保はこれからもまだちょっと課題として残りますが、これだけでも、見た目も取り出しやすさもスッキリしたと思います。

ちなみに上段のAFTER写真がありませんが、ここはまだ手を加えていないので、BEFORE写真のままです・・・。

-日々の暮らし
-

Copyright© 一語一絵 , 2019 All Rights Reserved.