【シンプル装飾派のマスキングテープ選び】使いやすいデザインと使いづらいデザイン

投稿日:2017/05/17 更新日:

気になったマステをホイホイ買っていましたが、大量のストックが出来ましたが、冷静になってどう消費しようか悩みました。元々デコるのが苦手なシンプル無骨派の私が実際手にとってみるとデザインの違いから使いやすさが違うことに気付きまとめてみました。

使いづらい柄: 大判柄

コラージュをしないくせに柄物も結構持っていますが、使い道が無くてどうしよう・・・な状態です。買って満足で、優先的に実家におすそ分けアイテムになっちゃってます。

デコったりコラージュしたりしないので意外と使い道が思いつかないタイプのマステ

使いづらい柄: 質の悪いマステ

柄や幅以前に質の問題ですね。直ぐに剥がれてしまったり、逆に剥がした時綺麗に剥がれない物だったり。こう言うのは「あぁ失敗した・・・」って思います。

ペリペリしてる。剥がそうとすると下の紙が破損することも。

使いづらい柄: キャラクター物

よくお土産として購入するデザインですが、使い道が無いんですよね。これも買って満足しちゃうタイプのものです。

理由は大判柄とだいたい同じ。使いどころが分からない。

使いやすい柄: 一個柄のマステ

NMD(ノーマネーデー)、ブログ更新休みの日などに一個柄のマステがとても使いやすい、と重宝しています。

柄のところを1個1個切って使うことが多い。

家計簿帳。NMDに印として貼る

ブログ更新お休みの日に印として貼る

使いやすい柄: 単色やシンプルな柄物

こう言った定番のシンプルな物はすぐ買い足せるので気兼ねなく使っていけます。よく使うのが、トラベラーズノートのしおり代わりにペタッと貼って、要らなくなったら剥がすようにしています。

シンプルなデザインなら使いやすい

-ステーショナリー
-

Copyright© 一語一絵 , 2019 All Rights Reserved.