英国フェア 2015@阪急うめだ

2015/10/09

今年も英国フェアの季節がやって来ました。初日と次の日の2回行って参りました。相変わらずの大盛況です。

阪急百貨店恒例の英国フェア。今年も忘れずに行って来ました。今年堪能したのは飲食類。去年の英国フェアでハマったフィッシュ&チップスやティールームはもちろん英国お惣菜やお菓子、チョコレートドリンクなども楽しみました。

Tiptree(チップトリー)のジャム入りマフィン

私の大好きなチップトリージャム。一番のお気に入りはレモンカードですが、英国フェアでの目玉はリトルスカーレットストロベリーでした。チップトリーの店舗ではマフィン列とジャムだけ購入の列と2つありました。ジャムだけ購入の方が圧倒的に早く会計出来るものの、やはりマフィンの人気は高く行列になっていました。

マフィンとジャムと両方買う人も結構居ましたが、「あれ?これってネットで買えないのかな?」と冷静になって列に並んでる間Amazonで検索してみたらヒット。「な〜んだ慌てて買う必要もないか」と、ジャムの購入は見送りました。

マフィンは目玉のリトルスカーレット、レモンカード、ラズベリー、ブルーベリーの4種類あり1種類ずつ購入しました。マフィンの中にジャムがたっぷり入っていてボリュームもあったし、美味しかったです。

チップトリーのマフィン

これだけずらりと並ぶのも珍しい

Frankie's Fish & Chips(フランキーズフィッシュアンドチップス)と Pump Street Bakery(パンプストリートベーカリー)のチョコレートドリンク

初日一番に並んだフィッシュ&チップスと次に飲み物を、と購入したチョコレートドリンク。昨年あまり列になっていなかったフィッシュ&チップスだったから、と食べてみたらとってもおいしくてハマってしまい、なんばパークスシネマのコンセでフィッシュ&チップスが食べれるから映画見る時はいつも食べるくらいお気に入りです。はじめは「白身魚?それが人気なの?」と疑問に思っていましたが本当に美味しいんですよ。

ただ今年と去年と比べると、去年の方が美味しかったような気がします。白身魚は美味しかったけど、ソースが少なかったし、ポテトも少なく感じたし・・・。フライヤーのカラム・リチャードソンさんはカメラ向けられたらノリノリだったの印象深かったです(笑)。

チョコレートドリンクはとても濃厚なチョコレートということでカップの半分ほどの量になっていました。うん、確かに濃厚。そして美味しかったです。

フィッシュ&チップスとチョコレートドリンクを祝祭広場の階段でもぐもぐしてました

CHIKA WATANABE LONDON(チカワタナベロンドン)のウェルシュケーキ

初日、タイミングが悪かったのか、焼きあがるまで1時間半以上と言われ諦めていたんですが、2日目お店の前を通ったら思い掛けず並ばずに買うことが出来ました。ウェールズの伝統菓子で、クランペットとスコーンの真ん中みたいな感じのお菓子でした。お砂糖たっぷりなのでカロリーが気になるところですが(笑)、これめちゃくちゃ美味しかったです。今回食べた物の中で一番のお気に入りでした。

5個入り

エリオットゆかりさんの英国お惣菜

並ばずに買えたから、とフィッシュケーキを買いました。ケーキと言いますが、コロッケです。しかし日本のコロッケとは違いお魚。タラとサーモンの2種類でした。

おかずとして食べて、他のことを考えながら食べてしまったので、どっちだったか忘れたんですが、ものすごく美味しかったです(もう片方はあまり口に合わなかった・・・)。どちらかがドンピチャリで好みでした。あー、どっちだったんだろ(笑)。

フィッシュケーキ、コロッケです

ケイバー&マヨネーズソース付き

The Bridge Tea Rooms (ザ・ブリッジ・ティールーム)のクリームティー

毎年恒例英国のティールームを招いてのクリーム・ティーセットが食べれるコーナー。今年はカントリーサイドトップティールームにも選ばれたと言うブリッジティールームでした。

英国フェア初日は熱狂的なファンが集まるから朝一で並んでも絶対待ち時間かかると去年学んだので2日目に行きました。が、朝一で並ぶときに痛恨のミスを犯し1時間半待ちになってしまいました。いつもはよく利用するB1F 2番出入り口に並んでるんですが、9Fの催場にたどり着くにはちょっと遠いんですよね。

なので2日目はB1F 3番出入り口に並んでいたんですが(ここが一番近い)、肝心のエレベーターの始発が1FでB1Fで並んでいた人たちは実質2巡目のエレベーター。そうです、一番最初のエレベーターに乗れるかどうかで待ち時間が圧倒的に違ってくるのに、ここでミスってしまいました。これならおとなしく2番出入り口で待っておくべきだった、と。2番出入り口付近のエレベーターはB1Fスタートなんですよね。

仕方なくめっちゃくちゃ並んで、小腹がすいた頃ようやく着席できました。クリームティーセットはスコーンが1個か2個か選べます。2個も食べれないだろうと1個セットを注文しました。
これまた去年と比較で申し訳ないんですが、去年と比べるとスコーンは小さいです。2個頼んでも食べようと思えば食べれるサイズ。しかしまぁ逆に1個しか食べないんだったらたっぷりクロテッドクリーム堪能してやろうと、たっぷり塗って食べました。クロテッドクリーム、美味しかったです。

あと気になったのが、食器。これ、去年と同じものじゃない?しかも白色の食器では味気ない気がする・・・。4年前のHigh Tea of Highgateではバーレイの食器を使っていて見た目も楽しめたんだけど、去年と引き続き味気ない色味の食器には正直がっかりしました。

クリームティセット

思っていたより小振りのレーズンスコーン

Burleigh(バーレイ)の食器

憧れのティールームHigh Tea of Highgate(現在は閉店)で使われているバーレイの食器に一目惚れ。英国食器ブランドで一番の憧れです。しかしお値段が可愛くない。

毎年毎年「英国フェアでバーレイ買うためにバーレイ貯金しよう」と思っているのに忘れてしまって、英国フェア直前に思い出し、結局バーレイ貯金出来てないから、買えず仕舞ってね・・・。

老舗ブランドのバーレイでは昔から同じ技法で絵柄を転写して作られていて、今回の英国フェアではその絵付け師の実演を見ることが出来、とても興奮しました。
実際見ることってなかなか出来ないのでとても良い物を見ることが出来ました。

転写する機材

こんな風に転写されるんですね

アップで

デザインノートと実演で転写された食器

ノートアップ

ああ、あこがれのバーレイ

いつかは手に入れたい・・・

その他

リントンズの馬車が目を引きました。こちらもなかなか盛況でした。実際買いませんでしたが、時計付きのティータイムキャディーは良いなあって横目で見てました。

カフェブレスタはトラブルからはじまってしまったようです。目玉商品のミンス・パイの入荷が遅れていて2日目も午前中販売されていませんでした(その後はどうなったか知りませんが・・・)。

ザ・シャードのスコーンは長蛇の列でした。少し捌けたな、と思った瞬間もありましたが、次の瞬間にはもう列が復活していました。毎年スコーンは人気ですが今年も一番並んでいたのがここでしょうね。ベノアのスコーンもありますが、こちらは比較的少なめの列になっていました。

最後に

阪急百貨店の英国フェアは平日だろうがごった返します。家族や友人で行って連携プレイしてる人たちが多かったです。あれもこれもと並ぶだけでかなり時間がかかるので、時間に余裕を持っていくか、並ぶことを覚悟するか、諦めるかした方が良いです(苦笑)。実際私はシャードのスコーンは諦めました。時間が無かったというのと、気力体力が削がれてしまったので。でも見て廻るだけでも、試食試飲出来る所もあるし楽しめると思います。ちなみに別階ではアリス展もしてるそうですよ。

英国フェア2014@阪急うめだ

今年は忘れずに阪急うめだの英国フェアに行って来ました。

英国フェア 2011@阪急うめだ本店

阪急百貨店で開催中の英国展に行って来ました。今年は「ロンドン」がテーマで憧れのティールーム「ハイティオブハイゲイト」がやって来る!と言うことで、他の予定をキャンセルしてまで行って来ました。

英国フェア 2011@阪急うめだ本店 2回目

本日フェア最終日。最後にもう一度High Tea of Highgateでお茶して来ました。とっても嬉しい事にオーナーのジョージナさんに直接お話出来て、舞い上がっております。

-イベントレポ
-, , , , ,

Copyright© 一語一絵 , 2020 All Rights Reserved.