【北欧インテリア】Artek「スツール60」のある暮らし

当ページのリンクには広告が含まれています。
スツール60の暮らし

北欧インテリア好きの私。でも北欧家具の代名詞ArtekのStool60(スツール60)をまだ持っていませんでした。ようやくお迎えしたスツール60はディスプレイコーナーにもサイドテーブルにもなってます。

目次

Artek「スツール60・3本脚・リノリウム・アッシュ」

お迎えしたのはscopeさん別注リノリウムの3本脚・アッシュです。

スツール60アッシュ
Artek「スツール60・3本脚・リノリウム・アッシュ」

ダーリン・クレメンタイン「洋ナシポスター」の背景カラーと同系統になるように選びました。

スツール60とポスター
ダーリン・クレメンタイン「洋ナシポスター」の背景カラーと同系統のアッシュ

SANAA「ラビットチェア」とお別れ

狭い部屋にたくさんの椅子は必要ありません。

2011年、旅行で金沢21世紀美術館へ訪れたとき、一目惚れしたラビットチェアをお迎えして10年ほど。思い入れのある椅子ですが、スツール60を迎える代わりに手放すことにしました。

ラビットチェア
10年以上側にあったラビットチェアとお別れ

スツール60のある暮らしを楽しむ

スツール60のサイズ感はちょうどサイドテーブルとして適してます。

サイドテーブル代わりのスツール60
スツール60をサイドテーブル代わりに

また、ディスプレイコーナーとして楽しむこともできます。

スツール60をディスプレイコーナーに
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

\ ズボラ系ミニマリストの暮らしを発信 /

◆「めんどくさい」を手放したラクな暮らし
◆ミニマリストの暮らし方でスッキリ
◆賃貸の狭い部屋で好きなモノに囲まれた暮らし

収納 | 片づけ | 掃除 | 効率化 | 時短 | ラク | 持ち物 | 服選び

目次