サニタリー用ゴミ袋を「吊るす収納」にする方法

当ページのリンクには広告が含まれています。
サニタリーゴミ袋収納

「使う場所に収納する」が片づけの鉄則。これまでそのルールに則らない収納方法だったため、やはりめんどくさいと感じていました。ようやく「使う場所に収納する」良い方法を思い付いたので紹介します。

目次

【ビフォー】ゴミ袋を一箇所に「まとめて収納」

私が使い分けてるゴミ袋は「一般用・プラ用・缶用・サニタリー用」の4種類。

一般用ゴミ袋は「使う場所に収納する」ルールに則って、ゴミ箱の底にストックしています。

ゴミ箱底に次のゴミ袋
ゴミ箱底にゴミ袋を収納

それ以外のゴミ袋は、一箇所にまとめて吊るして収納していました。

S字フックに吊るしてゴミ袋を収納
一箇所に、プラ用・缶用・サニタリー用ゴミ袋を吊るして収納

【アフター】サニタリー用ゴミ袋をトイレに目隠ししつつ「吊るす収納」にする

サニタリー用ゴミ袋が必要な場所はトイレです。だからトイレ内にストックするのが正解。

一般用ゴミ袋同様、サニタリー用ゴミ箱の底にストックすれば済む話ですが、100枚綴りでゴミ袋を購入してるため、底にストックすると嵩張ってしまいます。

そこで考えたのが「吊るす収納」。

サニタリー用ゴミ箱の上部の空きスペースに無印良品「壁に付けれれる家具フック」を設置、S字フックで吊るします。

S字フックに引っ掛けたサニタリー用ゴミ袋
S字フックに引っ掛けたサニタリー用ゴミ袋を吊るす

このままだと、生活感が出過ぎてよろしくない。お気に入りの手ぬぐいをカバー代わりにします。

手ぬぐいで目隠しカバー
手ぬぐいでゴミ袋を包んで、見た目を整える
下からめくって取り出す
ゴミ袋を取り出すときは、下からめくって取り出す

必要とする場所に収納してスッキリ

とても満足する出来上がりになりました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

くしなのアバター くしな 40代ミニマリスト

2024年の目標は、「狭い部屋で北欧インテリアを実現する」こと。
ミニマリスト歴10年のスッキリ暮らすコツを活かして実現中。

現在、ミニマリストの暮らしをテーマにしたKindle本の出版に向けて執筆活動しています。

目次