【シャンプーコンディショナー詰め替え】詰め替えパックのまま使用するのが一番ラク

当ページのリンクには広告が含まれています。
詰め替えパックのままが一番ラク

シャンプーコンディショナーの詰め替え作業が地味にめんどう。少しでもラクするには、詰め替えパックのまま使用するのが一番です。

目次

シャンプーコンディショナー詰め替えの選択肢

そもそも詰め替えるメリット・デメリットは?

市販のシャンプーコンディショナーは、「ボトル」と「詰め替えパック」のモノが売られています。

経済的・環境的に「ボトル」を毎回買うより「詰め替えパック」の方がメリットは大きいと言えます。

詰め替えパックのメリット・デメリット

「詰め替えそのままポンプ」と言う選択肢

詰め替えの手間をラクするために、「詰め替えそのままポンプ」という商品があります。

詰め替えボトルに詰め替えるのではなく、詰め替えパックにポンプを取り付けてそのまま使用する商品です。専用カバーもあり、スッキリした見た目もできます。

調べてみると、ポンプ部分の経年劣化による買い替えスパンが短め(半年〜1年)なので、「経済的・環境的にこれにこだわる必要あるかな?」と疑問も。

ポンプの洗浄方法もラクなのですが、「洗って乾かす」手間自体は省けないので、詰め替えボトルと比較してもラク加減は同等でしょう。

「詰め替えパックのまま入る詰め替えボトル」と言う選択肢

詰め替えの手間をラクするために、「詰め替えパックのまま入る詰め替えボトル」も各社から販売されています。

ダイソーそのままポンプ
ダイソーで見つけた「そのままポンプ」

詰め替えパックのまま使用するのが一番ラク

詰め替えパックのまま使用することが一番ラクです。

ポンプ部分を洗って乾かす作業は、ボトルタイプを使い捨てしない限り妥協する必要があります。

なので、「詰め替えそのままポンプ」にするか、「詰め替えパックのまま入る詰め替えボトル」を使うかは、好みで判断していいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

\ ズボラ系ミニマリストの暮らしを発信 /

◆「めんどくさい」を手放したラクな暮らし
◆ミニマリストの暮らし方でスッキリ
◆賃貸の狭い部屋で好きなモノに囲まれた暮らし

収納 | 片づけ | 掃除 | 効率化 | 時短 | ラク | 持ち物 | 服選び

目次