ビルケンマヤリ・鉄フライパン・電気ケトルを使ってみた感想

「買いました」記事は書いてもその後の使用感についてはスルー状態だったので、今まで記事に出てきたお買物商品のその後について書いてみたいと思います。

ビルケンシュトックのサンダル

ビルケン2足目。「マヤリ」を購入。「これから履くぞ!」って記事だったので、使用感のレポは一切なしでした。

履き倒す日々

最初の1週間程は、まだソール部分が自分の足に馴染んでなかったので、長時間使用はちょっとしんどかったです(ロンドンの時もそうだったけど)。あとベルトの止め位置もあれこれ考えました。今の時期まだ素足で履くには寒いので五本指の靴下を履いてサンダルを使用しています。とは言え、ちょこっとスーパーに、っていう時は素足だったりするので、靴下履いてる時と素足の時のベルト位置を模索してました。だけど、ソールが馴染むと、別にいちいちベルト位置を変えずとも気にならなくなりました。今はぴったり自分に合う位置で固定して履き倒しています。

また親指固定による靴擦れを心配していましたが、こちらもほとんど気になりません。ほとんど、と言うのは今の季節まだ靴下有りで履いてるので痛みようがなく。素足で履いても長時間履いてないので痛んでいません。多分、素足で履き倒しても痛まないじゃないかなぁって思ってます。

「マヤリ」2012 スペシャル・エディション グラス

そんなわけでまさかの同モデル2足目\(^o^)/
しかもルームシューズ用に購入しちゃいました。色々購入する理由や候補もあったんですが、書き出すと長くなっちゃうので割愛させて頂きます。

鉄フライパン

鉄フライパンデビュー 事前処理と使い始めてみた感想

早くも挫折しそうな鉄フライパンです(笑)。

買って数回使ってみた感想を書いて、不安材料や良かった点やら書きましたが、あれから1ヶ月たちました。

数日前の鉄フライパンの状態

使用感バリバリです。そしてやっぱりメンテナンスしないといけない状態になっちゃいました。表の中央付近がいつの間にか地の色になってしまってます。裏側も五徳が当たる部分だと思うんですが、こびりつきが目立ちます。

不安材料のその後

食前のお片づけ
全く問題なしです。元々鉄フライパンのお片づけ方法が楽チンなので、それが助かってるかと。洗剤を使って洗え、と言われるとご飯前にそんな面倒な!って思うけど。鉄フライパンはたわしと水だけで洗えば済むのでお片づけは楽でした。

ガス代の節約について
洗った後のガス代が気になる、と前に言ってましたが、これはまったく気にならなくなりました。ぶっちゃけ、油の使用量摂取量の方が俄然気になる。これでもか!ってくらい油を敷くので油の摂取量が不安で不安で。そのせいで実はテフロン加工のフライパンの時より、使用率が減ってしまってます(笑)。油はねもすごく気になります。ガス代よりも本気でこっちのほうが問題です。

収納場所について
コンロ上に出しっぱなしにしています。元々お鍋を出しっぱなしにしてましたが、このお鍋をテフロン加工フライパンを収納してた場所に収納したのでとりあえず問題解決。だけどずっと五徳の上に乗せてるせいか、裏面のこびりつきが気になる所。

酸味の強い食材と鉄フライパン
気をつけてはいました。玉ねぎやトマトソースを使うものは、お鍋の方で調理してみたり。だけどいつの間にか中央部分が鉄の地の色が出てきてしまって。調理しててもフライパンに引っ付いたりしてしまいました。

その後

結果、私的大掛かりなメンテナンスを行いました。面倒と感じてしまう「油ならし」をしました。

普段オリーブオイルを使ってます。最初の使い慣らしにもオリーブオイルを使っていたのですが、ちょっともったいない、と思って、珍しくサラダ油を買ってきて、サラダ油で「油ならし」をしました。もう10年近くオリーブオイルオンリーでした。サラダ油を使ってみて。オリーブオイルに比べてずっとサラサラしてることに驚いちゃいました。サラダ油を使ったのが良かったのか、ちゃんとメンテナンスしたのが良かったのか、裏面のこびり付きは綺麗に取れて、裏面はとっても綺麗になりました。表の地の色は少し残ってしまいました。メンテナンス後まだフライパン使ってないので(苦笑)、調理しても引っ付かなくなったかどうかまだわからないんですが、とりあえずメンテは慣れれば難しくないなぁって思いました。これなら鉄フライパンと付き合っていけそうです。ただ、油の量はやっぱり気になるけど。

電気ケトル

ラッセルホブスのクラシックカフェケトルを使い始めてみた感想

はじめての電気ケトルはRussellHobbsにしました。1Lモデルです。

冬場なら仕方ないと思えた範囲のガス代料金が、春の季節に「これはおかしい!」ってくらい高かったので、心当たりを探ってみると紅茶用の湯沸しが原因なのでは?と行き着き、ガス代節約のために購入した電気ケトル。試運転のみレポしました。

ガス代節約について

数日前に、新聞受けにガス代の明細書が放り込まれていたのでドキドキしながら内容確認。やった!2000円近く減った!!やっほーい!すっごい嬉しい!
多分これだけが理由ではないとは思うんですが。家にいない時もあったし、フライパンを使わない料理になりがちだったり(笑)。でもでも、これは目に見えて嬉しい成果でした。真価は来月、再来月と見て行かないと駄目だけれど、とりあえず異常な料金だったのが平常に戻ったのでほっとしています。

沸騰加減

「本当にきちんと沸騰してくれるの?」って電気ケトル全体に対する疑問があったんですが、当然きちんと沸騰してくれます(笑)。ガスでお湯を沸かす時より適切に電源が上がってくれるので、沸騰しすぎということもなく。また、少量でも手軽に沸かせるので、紅茶の「差し湯」を作るのに活用しています。

朝ごはんにはミルクティを作って飲んでいます。だいたい3〜4杯分。2杯目以降になるとちょっと苦味が出てくるので3杯目はほぼ確実に差し湯が欲しくなります。テーブルの上に電気ケトルと差し湯用にお水を待機させておけば、わざわざキッチンに行かずともすぐに差し湯が用意出来るのでとても便利です。これは本当に電気ケトルさまさまです(笑)。

メンテナンスについて

本体をやかんのように洗剤使って水で洗い流したり出来ないと購入後はじめて知りました。「まあ水を沸かすだけだしいっか」と思っていたのですが、たまたま100均で電気ケトル用の洗浄錠剤を見つけ。「え、いるの?こう言うの?」説明書を読むと湯垢を取るのに必要だとか。家でケトル内を見て。匂いがヤバかったので慌てて洗浄しました。その時は100均のこれは買っていませんでした。洗い残しとかあると身体に悪そうなイメージがあったので、「重曹じゃ駄目なのか?」とネットで調べてみると重曹でもいけると分かったので、重曹でお手入れ。匂いも取れ、問題なく使用しています。

鉄フライパンデビュー 事前処理と使い始めてみた感想

早くも挫折しそうな鉄フライパンです(笑)。

挫折歴2回 リバーライト 極 鉄フライパンで3度目の正直となるか?

鉄フライパンは2度挫折しています。今回購入したリバーライト極鉄フライパンで一生付き合っていける鉄フライパンとなるのでしょうか?

no image
一度やめてみたけど、またやり始めたもの

一度は手放したものでも時間が経ってもう一度、となる事は時折あります。そう言う時は「手放して失敗した」と思わず「これは本当に必要なもの」と前向きに捉えるようにしています。

ラッセルホブスの電動ミル「コーヒーグラインダー 7660JP」を使い始めてみた感想

美味しくコーヒーを飲むために遅ればせながら電動ミルを購入しました。

-お買い物
-, , , ,

© 2021 一語一絵