照明のソケットを交換してみました

投稿日:2012/04/07 更新日:

明るさ調節するヒモのバネの部分がダメになったため、シェードから買い換えかぁ、と思って新しいシェードを探してる時に、ソケットだけ売られてるのを知って、ソケット部分だけ交換することにしてみました。

私の部屋の照明はなんちゃって北欧テイストの照明です。

ずっとこの照明を使ってるのですが、買った時すっごく北欧インテリアにハマってたので、北欧っぽいデザインの物を買ったんですよね。

それが長年使ってとうとう不良部分が出てきてしまいました。

明るさを調節するヒモが付いてるタイプの照明なんですが、ある日この部分を引っ張ってみたら、明るさが変わらなくて。「あれ?」と思った瞬間、ばいーんって勢い良くヒモが引っ張り戻されて、明るさは変わったのだけれども。「なんだこれ?」って思ってもう一度引っ張ってみたら、引っ張った分バネで戻ってくれるはずが、どうやらバネが伸びきってしまったか何かでちっとも戻ってくれず。しかも夜明かりを調節してたもんだから、うっかり消灯状態になってプチパニックに(笑)。何度か一生懸命引っ張ってたらばいーんと戻ってくれて2灯ともついてくれたので真っ暗状況から脱出出来たのだけれど、これではダメだ、と新しい照明を買おうとネットや実店舗で色々検討していました。

シェードの買い替えを考えたのは今回が2度目。1回目の時は北欧テイストよりアンティークなインテリアに興味を持って、なんちゃってシャンデリアにしたい!って思って買い換えようと思ってました。まぁそれは結局お金の無駄になりそうってことで、やめて、ずっとこの照明を使うことになって。今回は飽きたからと言う理由ではなく、ダメになった部分があるからの買い替え。だから出来るだけシェードは似たようなもの、もしくは同じ物を探していましたが、これがなかなか見つからず。どこで購入したものかも忘れてしまい、似たようなもので妥協するかな、って思った時に、ソケット部分だけ売られていることを知りました。

ハンズやロフトにも行って探してみたのですが、コードの長さが1mで銀色の物ってのがなかったので、ネットで購入。こちらのお店で購入したものは、ヒモ部分はセットになってないものでした。なので、今まで使ってた部分を再利用です。

ウチの天井はやたら高いので椅子を持ってきても手が届かないのでわざわざテープルを移動させて、テーブルの上に乗ってようやく取り外せる感じ。なので実は、引っ越してきてからはじめて取り外しました。ぶっちゃけ埃がすごかったです。キレイキレイしてから新しいソケットを装着。

スイッチヒモはこんな感じ。ダメになったほうのソケットから取り外しこれを再利用します。

で、使うのはコレ。元々ヤットコとか工具を持ってたら良かったんだけど、手元になかったので、ズボラな私はヒキワを買ってきて簡単に取り付けることにしました。

ヒキワを引っ掛け。

そのままソケット部分に引っ掛けて完成。単純!(笑)

だけどこれって、自分の好きなスイッチヒモに交換出来るよね、って気付きました。好きなチャームを取り付けたり出来てカスタマイズ出来そう。まぁ、面倒くさがってやらないかもしれないけれど。
とりあえずこれでずっと2灯だった部屋の明かりが、ちゃんと1灯にも出来るし消灯出来るようになり、一安心です。

-日々の暮らし

Copyright© 一語一絵 , 2019 All Rights Reserved.