デジタルデトックスにチャレンジ

2022/01/03

きっかけは、書籍『君か、君以外か。 君へ贈るローランドの言葉(Kindle)』で、ローランド氏が実践していたから。アプリ、メモ・ノート、ブックマーク数などの断捨離は定期的に行っているけど、「スクリーンタイム機能」を利用したデジタルデトックスはしたことなかったので、チャレンジしてみました。

デジタル断捨離

ミニマリストは、デジタルガジェットの中身もスッキリさせたがります。

私自身、定期的にスマホアプリやEvernoteのノート数、ブラウザのブックマーク数などを削除するようにしています。

▼2022年1月2日の全スマホアプリ
スマホ画面のスクリーンショット

デジタルデトックス

デジタル断捨離では「数」を減らしてきました。

デジタルデトックスとは、一定期間スマホやパソコンなどデジタルデバイスとの距離を置くこと。デジタルデバイスに構うムダな「時間」から開放されることを目的にした行為です。

スマホにかまけてばっかりだったので、デジタルデトックスにチャレンジしてみることにしました。

iPhoneの「スクリーンタイム機能」を使う

チャレンジしたこと

  • 「休止時間」を設定
  • 「App使用時間の制限」でアプリごとに使用時間を制限

「休止時間」を設定

休止時間を設定すると、指定した時間帯は許可したアプリと通話だけしか利用出来なくなります。

いきなり日中の時間帯を指定するのは難しいので、就寝時間帯5時間を指定してみました。

目が覚めてはスマホを弄っていたので、少しでも効果はありそうです。

▼「休止時間」中の画面
休止時間中のスマホ画面

「App使用時間の制限」でアプリごとに使用時間を制限

アプリごとに使用時間を制限しました。

現在の制限時間

  • Instagram 20分
  • メール 15分
  • Tweetbot 25分
  • ROOM 5分
  • Twitter(公式アプリ) 5分

実践して気づいたこと

  • 就寝中にスマホを弄らないから寝付きが良くなった
  • 思った以上にスマホアプリを使用している
  • 思った以上にスマホに依存してる

就寝中にスマホを弄らないから寝付きが良くなった

今までベッドに入ってからも、目が覚めた時も、スマホを弄っていました。

就寝中を休止時間に指定したおかげで見たくても見れない状態。スマホを弄らないだけで今までは寝付きが悪いと思っていたのに、以前より寝付きが良くなったと感じます。

思った以上にスマホアプリを使用している

最初「これくらい(の時間)使ってるかな」と思って指定した制限時間。しかし、何度か「制限時間を超えました」と注意される始末。

思った以上に時間を割いてることに気付かされました。

▼制限時間超えの画面
制限時間超えの画面

▼インスタは制限時間に引っかかり中
制限時間に引っかかり中

思った以上にスマホに依存している

「思った以上に」ということが今回のチャレンジで気づかされました。

今後の目標

思った以上にスマホにかまけていると再確認出来たので、依存状態からの脱却を目指したいと思います。

今後の取り組み

  • これ以上制限時間を伸ばさない
  • 休止時間中はキチンと見ないようにする

これ以上制限時間を伸ばさない

「現在の制限時間」の設定内容でなんとかなってるので、これ以上妥協して時間を増やさないようにしたいです。

休止時間中はキチンと見ないようにする

目が覚めて手持ち無沙汰に休止時間を無視してスマホを見てしまうこともあり、それを無くすことから始めたいと思います。

-暮らしの生産性
-, , , ,