2022年の年間目標

2022/01/01

今年の目標テーマは「暮らしの生産性を上げる」こと。そのために取り組んでいきたいことを目標に設定しました。

2022年のテーマは「暮らしの生産性を上げる」

所謂QOL向上です。暮らしの質を上げるには、生産性を上げます。

暮らしの生産性とは

  • 生産性を上げる=有限で希少資源であるお金と時間を有効活用する
  • 生産性を上げるとどうなるか?=やりたいことに常に全力で取りかかれる

書籍『自分の時間を取り戻そう』(Kindle)が生産性について分かりやすいです。お金と時間なら時間の方が希少価値が高いため、時間のためならお金を払うくらいの感覚を身につけることも一つの目標です。

生産性を上げる基本の考え方

  • 時間を有効活用する
  • お金を有効活用する
  • 時間を有効活用するために、お金を有効活用する
  • インプットを増やさずにアウトプットを増やす

2022年の年間目標

「1年後、暮らしの生産性を上げて、どんな自分になっていたいか?」そう自分に問い直しつつやりたいことをまとめました。

年間目標

  • リバウンドしない身体づくり
  • 余計なモノを取り除き好きなモノだけに囲まれた部屋づくり
  • 片づけの時間を取らせない収納方法
  • ズボラぐせを防ぐ
  • 行動日記を役立てさせる
  • 立ち居振る舞いを美しくする

リバウンドしない身体づくり

2021年のダイエットを振り返ると、1ヶ月ごとに減量成功とリバウンドを繰り返していました。これではダイエット成功とは言えません。

2022年はこのループからの脱却を目指します

そのために先ずは3ヶ月を1クールにしたダイエットの仕組みをつくります。これを4クール繰り返した1年後、リバウンドしない身体に仕上げます。

目標

  • 理想のPFCバランスに整うよう食材を選んで食べる
  • スイーツだけでなく暴食する時も3倍高いモノを買って食べる
  • 有酸素運動より筋トレ習慣を続ける
  • 1クール毎に暴食回数・費用を調べ直し、1年後減り続けていること

余計なモノを取り除き好きなモノだけに囲まれた部屋づくり

ミニマリズムはめんどうを手放すメソッド。余計なモノを取り除き、本当に必要なモノ・好きなモノを選別して残す手段です。部屋で目に付きやすいモノの選別はあらかた済み、今後は好きなモノだけを選ぶシンプリストを目指します

目標

  • 余計なモノにお金を支払わない(無駄遣いしない)
  • 残りの人生の時間とのコスパを考え、初期費用に躊躇せず手に入れる
  • 手に入れたいモノのための収納スペースを確保しておく
  • 1年後、好みのモノじゃないモノが大幅に減っていること

片づけの時間を取らせない収納方法

前述の部屋づくりは「余計なモノを取り除く」「好きなモノだけを選ぶ」ことがメインで、こちらは「手間を省く」ことが目的です。手間を省いてイライラするストレスをなくしたり、探し物で悩んだりしないよう、精神的負担を軽減することが目的です。

目標

  • 適正量・適正位置に収納する
  • 手間取るコトのリスト化・見える化して改善方法を考える
  • 収納・片づけアイデアのストックをためる
  • 手間取るコトのハードル・アクション数を減らす

ズボラぐせを防ぐ

2021年一番の収穫は、自分のズボラタイプを把握できたこと。私は「燃え尽き型ズボラ」タイプ。やることなくなってしまうと、ぷしゅーと空気が抜けた風船のように萎えてしまって、そのままダラダラしてしまうタチです。燃え尽きないための工夫を取り入れていくことがズボラぐせを防ぐ方法です。

また、余った時間の使い方が下手、まったり過ごすことが苦手だとも気づきました。成果主義です。本当は成果主義からの脱却が出来ればいいけれど、まだハードルが高そう。なので余剰分の時間の上手な使い方として、ムリのない範囲で成果につながることが出来るようになるようにしたいです。

目標

  • 燃え尽きないよう「やること」を絶やさない
  • ブログのネタ切れしないよう常にアンテナを張っておく
  • 前もってブログネタを集めておき、計画立てて記事にする
  • ストレスを溜めない
  • 余剰分の時間の使い方として、成果につながる使い方をする
  • スキルアップを目指す

行動日記を役立てさせる

ほぼ日手帳に箇条書き行動日記を書いて1年経ちます。感想日記ではなく行動日記を書く目的は、行動と時間の使い方を把握すること。

マンスリーページの「色分け時間の使い方の見える化」はそれなりに役立ってると感じますが、デイリーページの行動日記はあまり役立っていると感じていません。

2022年はデイリーページの行動日記を活用出来るようにしたいです。そのために先ずは何に役立つかを把握すること、そのために詳細に書き綴ることから始めたいと思っています。

目標

  • より詳細に時刻と行動を記録する
  • 余剰分の時間を生み出す
  • 余剰分の時間をスキルアップにつながることに使う
  • 「時間の使い方の見える化」をサボらない

立ち居振る舞いを美しくする

立ち居振る舞いのことを禅では「所作」と言います。所作を美しくすることは、丁寧に暮らすこと。所作を美しく行い、当たり前のことを当たり前に行えるよう暮らしていきたいです。

目標

  • 姿勢を整える
  • 呼吸を整える
  • ながら食事をしない
  • 一つ一つの所作を気持ちを込めて丁寧にやること
  • 爪を整える
  • ネットスラングをあまり使わないようにする
  • フォーマル寄りの服装を装う
  • 弱音を吐かない・愚痴を口にしない
  • 背筋を伸ばして座る・歩く

-暮らしの生産性
-, , ,