心地よく暮らすための日々の習慣

雑誌『Premium 特別編集 心地よく暮らすための、日々の習慣。』を読んで、心地よいと思う習慣について書いてみました。

心地よく暮らすための習慣

「人は習慣によって、なりたい自分になれる」と言います。
言い換えれば、人は習慣によって、整った暮らしができるように、また気分のいい日々を送れるようになるのかもしれません。

___Premium 特別編集 心地よく暮らすための、日々の習慣。

『Premium 特別編集 心地よく暮らすための、日々の習慣。』は、心地よく暮らしていくための仕事やプライベートの時間の過ごし方についての特集号。

これまでは「やらなくてはいけないことをやるための習慣化」に取り組んでいたけれど、『Premium』を読んで、「自分の心を守るための習慣」「心地よいと思う習慣」「好んでいる習慣」という捉え方をしてこなかったと、ハッとしました。

今回は、「自分の心を守るための習慣」「心地よいと思う習慣」「好んでいる習慣」を実践していないか振り返ってみました。

私の心を守る心地よく好んでる習慣

リントンズの紅茶を2L飲む

コーヒーより紅茶が好きです。ティーセットにこだわってた時もあったけれど、今は如何に手軽に美味しく飲めるかがポイント。フルリーフティーからティーバッグへ、色んな銘柄を楽しくことからお気に入りの2種類だけへ、ティーポットからサーモジャグへ替えて楽しんでいます。

一日に紅茶を飲む量は多く、2L飲んでます。これはダイエット目的もあって、口寂しくて何かを口にするくらいなら紅茶を飲もう、と思って頻繁に飲んでます。

甘いものを口にする

心身ともに疲れると甘いものが欲しくなります。ダイエットをしているけれど、間食や甘いものは禁止にしていません。我慢することの方がストレスになって過食してしまうから。なので、ほどほどに甘いものを口にしています。

一番多いのはアイス。150〜200kcalとおやつにちょうどいいカロリー補給です。次いでチーズせんべい。チーズをレンジでカラッとするまで熱しバリバリ頬張っています。

133kcalのアイス

手帳のマス目を色分けて塗りつぶす

ほぼ日手帳のマンスリーページは、一マス30分と見立て、行動内容別に色分けて塗りつぶし「時間の見える化」を図っています。

時間管理術として取り組んでいたため、塗りつぶし作業を義務的に感じていたけれど、今一度振り返ってみると、ある意味心を落ち着かせる作業だったと気づきました。マス目からはみ出さないよう一心に色を塗りつぶすことや一マス埋まるごとに達成感を感じていたことが心の均等を保つちょっとした習慣でした。

一マス30分として作業別に色分け

くしな
逆に言うと色塗りしてない時はサボってる、やる気が起きてない時で心が荒れ気味だったんだけどね。

30分じっくりヨガをする

普段は時短目的でスキマ時間毎に2〜3ポーズのヨガに取り組んでいます。でもリラックス出来るのはじっくり連続30分取り組んだ時だと気づきました。

「スキマ時間ヨガ」は、普段ゆっくり時間を取れないから少しずつでもヨガをやろうと思ってはじめたけれど、せわしなさが同居してたと気づきました。身体を労る時には、じっくり身体と向き合える「連続30分ヨガ」の方が合っています。身体がリラックスを必要な時はじっくり取り組むようにしています。

「やらなくてはいけないことをやるための習慣」以外の「心を守る心地よい習慣」をもっと増やしていきたい

日々の暮らしを律するためにルーティン化・習慣化に取り組んでいたけれど、そういったものばかりだと心身が疲れてしまうと改めて気づかされました。今後は「心を守る心地よい習慣」も積極的に取り入れていけるよう視野を広げていきたいと思います。

商品ページへリンク

Premium 特別編集 心地よく暮らすための、日々の習慣。
Amazonへリンク
Kindkeへリンク
楽天ブックスへリンク
楽天Koboへリンク

-習慣・ルーティン
-,

© 2021 一語一絵