【記録をつける目的】データを比較することで「気づき」を得て今後に活かす

毎日手帳やスマホアプリに色々記録を録っています。記録を録り続ける目的・メリットや私が録ってる種類・方法を全部書き出しました。

記録を録る理由

手書きで手帳に記録したり、スマホアプリを使って記録したりしています。

各種記録を残すのは、振り返って比較して、「気づき」を得て、未来に活かすため

人はモノを忘れるもの。だから脳ではなく外部に記録する。曖昧な記憶ではなく数値等で事実を記録する。そうして蓄積された具体的なデータを振り返り、今後につなげて行くが出来るモノです。

私が記録してるモノ

手帳に手書きで記録するモノ、スマホアプリで記録するモノ、色々あります。それら全部を書き出してみました。

記録一覧

【体重】タニタFitScan / ハッピースケール / ムーンプランナー
【体温】TERUMO電子体温計 / 温メモ / ムーンプランナー
【起床就寝時刻】ムーンプランナー
【食事管理】Porter / Scrapbox / Gyazo / レイアウト / タニタクッキングスケールKD320 / カロリーSlim / トラベラーズノート / ムーンプランナー
【生理周期】PTracker
【お通じ】うんログ
【読書】ブクログ / ブログ / Instagram
【映画】Filmarks
【トラッカー】最後はいつ? / トラベラーズノート
【運動】HabitMinder / トラベラーズノート
【時間管理】Focus To-Do / ほぼ日手帳
【日記】ほぼ日手帳(デイリーページ)
【家計簿】トラベラーズノート
【その他】ムーンプランナー

【体重】タニタFitScan / ハッピースケール / ムーンプランナー

朝トイレに行った後と夜お風呂に入る前に測っています。朝と晩では1kg前後違うのが普通です。1kg以上の差があると「食べ過ぎた。明日は気をつけよう」、食べ過ぎてないのに増量したら「もうすぐ生理かな」と、気づけます。

使用してるのはタニタFitScan FS-101

スマホアプリ「ハッピースケール」の良いところは移動平均値が分かること

手帳「ムーンプランナー」にも朝・晩・平均を記録

【体温】TERUMO電子体温計 / 温メモ / ムーンプランナー

体温を測って記録するきっかけとなったのは新型コロナウィルス。37.5度が境目なので朝と晩に測るようになりました。体温は生理周期にも影響があるので記録を録り出して開始日の予測がしやすくなりました。

TERUMO電子体温計

スマホアプリ「体温メモ」に記録

【起床就寝時刻】ムーンプランナー

起床就寝時間を記録するスマホアプリは数多くあるけれど、今のところ睡眠の質を上げるために記録していると言うわけではなく、単純に記録しておきたいだけなので、手書きで充分。

分刻みの起床時刻を記録するには頭の中で記憶すると忘れてしまうため、目が覚めたらスマホのスクショを撮って後で手帳(ムーンプランナー)に記録するようにしています。

「ムーンプランナー」に記録

【食事管理】Porter / Scrapbox / Gyazo / レイアウト / タニタクッキングスケールKD320 / カロリーSlim / トラベラーズノート / ムーンプランナー

元々は手書きのミールログを記録していたけれど、ダイエットを目的として、視覚に訴えたほうが把握しやすいため、写真で記録を録るようになりました。

スマホアプリ「レイアウト」を使って一日分の食べたモノを一枚にまとめ、「Gyazo」経由で「Scrapbox」のスマホ用「Porter」に貼り付けています。

最近はマクロ管理法を取り入れたため、タニタクッキングスケールで重さを測るのが習慣化しています。サイト「カロリーSlim」を参考にして手帳(トラベラーズノート)にカロリー等を記録し、一日の終りに計算して手帳(ムーンプランナー)に書き出すようにしています。質量を測ってカロリー等を割り出し書き出して計算するのは手間がかかりますが、習慣化すればめんどうではなくなったし、何よりキチンと数値化して把握出来るため、食べ過ぎを防げます。

タニタクッキングスケールKD320

タニタクッキングスケールで質量を測る

「トラベラーズノート」に書き出し計算したものを「ムーンプランナー」でまとめる

「レイアウト」を使って一日分をまとめる

「Porter」に貼り付ける

【生理周期】PTracker

周期を頭で予測するよりアプリで予測する方がずっとラクなのでアプリ頼みになっています。

スマホアプリ「PTracker」

【お通じ】うんログ

便秘になってないかどうか確認するために記録を録っています。

スマホアプリ「うんログ」

【読書】ブクログ / ブログ / Instagram

趣味の一つの読書。何をどれだけ読んだか把握するためスマホアプリとブログに記録しています。「Instagram」では読書記録専用のアカウントを使って記録しています。

「ブクログ」と「読書専用Instagramアカウント」

【映画】Filmarks

趣味の一つの映画鑑賞。どの作品を観たのか把握するため記録しています。

スマホアプリ「Filmarks」

【トラッカー】最後はいつ? / トラベラーズノート

トラッカーに記録してるのは、「運動」と「掃除」内容。

運動は嫌いじゃないので「やる気スイッチオフの日」くらいしかサボることはありません。「運動」記録の目的は達成感を感じるためのモノ。

毎日行う掃除内容はトラッカーで記録する必要はないけれど、一週間、一ヶ月、数ヶ月単位のルーティンで行う場合は、いつ行ったのか「間隔」の把握が重要。

トラッカーで記録する場合、「間隔」が開きすぎるとやる気が出てないようで萎えてしまうため項目数は少なめ、週一ペースで必要なモノしか書き出していません。それ以上の「間隔」の掃除はスマホアプリ「最後はいつ?」で管理しています。

手帳(トラベラーズノート)のトラッカー

スマホアプリ「最後はいつ?」

【運動】HabitMinder / トラベラーズノート

「トラッカー」とも被る部分ですが、メインの記録はスマホアプリ「HabitMinder」です。回数や時間単位でどれだけ運動をこなしているか記録しています。ダイエットのモチベーションに効果的です。

「HabitMinder」で全メニュー達成出来た時はテンションが上がります

【時間管理】Focus To-Do / ほぼ日手帳

「時間の使い方の見える化」には、ほぼ日手帳のマンスリーページを利用しています。一マス30分と計算して行動内容によって色分けして記録しています。特に「やる気スイッチオフの日」のサボった日のことが明確化します。サボった後はやる気がみなぎります。

30分ずつ行動するのに「ポモドーロ・テクニック」という時間管理術を利用しています。「25分作業+5分休憩」を繰り返すモノでアプリ「Focus To-Do」をタイマーとして利用しています。

ほぼ日手帳マンスリーページで「時間の使い方の見える化」

アプリ「Focus To-Do」を25分タイマーとして使用

【日記】ほぼ日手帳(デイリーページ)

箇条書き行動日記をほぼ日手帳で記録。個人的に一番役立ってるのは運動の記録。スマホアプリ「HabitMinder」でも運動量を記録してるけど、うっかり記録し忘れることがあります。けれど手帳にも記録しているので後から正確に記録を残せます。

丸で囲って後からでも見やすくしている

【家計簿】トラベラーズノート

家計簿をつけるのはお金の流れを把握するため。家計簿をつけはじめて既に4年経過してるため、流れは把握出来るようになっています。

現在の目的は予算管理と予定外の買い物を把握するためです。

【その他】ムーンプランナー

何を書き残すか頻繁に内容が変わるムーンプランナー。現在は、「体重」「起床就寝時刻」「マクロ管理法」「一言日記」の記録を付けています。

ムーンプランナーは見開き2週間の手帳なので、数値の比較の幅(日数)がそこそこ広く、過去のデータとの比較がしやすいです。

手書き・デジタル記録併用の注意点

手書きには手書きの良さが、デジタルにはデジタルの良さがあります。どちらも都合良く使いこなすのが良い。

手書きとデジタルツールを併用する時の注意点は、

  • 役割をできるだけ重複させない
  • ムダな転記の量を減らす

です。重複・転載は手間がかかってしまうので出来るだけ省くようにしたいです。

これからも記録を録り続ける

いつどんなふうに役立つかは後になってからふと気づく程度です。しかし、やっぱり何かしら「気づき」を得られるので今後も記録を録っていこうと思います。

-アウトプット
-,

© 2021 一語一絵