キッチン収納の問題点の洗い出しと課題を見つけてスッキリ収納の構想中です

まだまだスッキリしないキッチン収納。スッキリしない、とは思っても具体的にどこがどうスッキリしないのか、キチンと向き合って来なかったため、なかなか改善されない、と気づきました。キチンと収納問題に向き合うため、スッキリしない部分を一つ一つ解決していこうと思います。

先ずは何が問題か具体的に把握する

6畳1Kの小さな暮らし。キッチンも一口コンロのミニキッチンのため、半歩、一歩の距離でモノに手が届きます。小さいキッチンのため、動き回る必要はないけれど、狭いからこそ収納スペースが少なくモノの取りにくさを感じます。

キッチンがスッキリしない理由

  • 収納スペースが少ない
  • モノが取り出しにくい

収納スペースが少ない

備え付けスペースとしては、備え付け食器棚、シンク・コンロ下の2箇所。後付けで無印良品パイン材ユニットシェルフを使用しています。

スペースが少ない箇所

  • 缶詰(フルーツ、ツナ、サバ、コーンスープ)
  • ラップ類(ラップ、アルミ、ストックバッグ)
  • 粉物(米粉、米)
  • ミネラルウォーター(2L、500ml)
  • 冷蔵・冷凍庫内

缶詰スペース(撮影時はストック量が少ない)

ラップ類(見えてないだけで合計6種類入ってる)

ミネラルウォーター(撮影時はストック量が少ない)

冷蔵庫内(軽く整頓済み)

モノが取り出しにくい

モノが取り出しにくいと感じるのは、ソレを取るのに何かを移動させたりしなければならない手間がかかるとき。一発でパッと取り出せないことが不満です。その遠因は収納スペースの少なさがありますが、収納方法にも改善点がありそうです。

取り出しにくい箇所

  • マグカップを取り出す時、手前のプレートが邪魔
  • ドレッシング用WECK瓶を取り出す時、手前のカップが邪魔
  • ラップを取り出す時、ごちゃついて邪魔
  • ドアポケット奥にある調味料類を取り出す時、手前の調味料が邪魔

奥のマグカップを取る時、手前のプレートを動かす必要あり

奥のWECKガラス瓶を取る時、手前のカップを動かす必要あり

具体的に取り組む内容を決める

キッチンの問題は、「収納スペースの少なさ」と「モノの取り出しにくさ」改善方法は、「ストック数の見直し」、「モノを取り出しやすくする」ことです。それぞれどう具体的に取り組めばいいか考えました。

やること

  • 取り組む場所を決める
  • ストック数を見直す
  • モノを取り出しやすい配置にする

取り組む場所を決める

キッチン全体を見回して改善しようとあちこち目移しながらでは、気がそぞろになってなかなか進まない。なので、特に不便だと思う箇所に絞ってやってみることにします。

取り組む場所を絞る

  1. 缶詰用バスケット
  2. ラップの入ったバスケット
  3. 冷蔵庫
  4. 冷凍室上段

ストック数を見直す

キッチンの収納場所の少なさ(狭さ)もあるけれど、ストック品の量も問題があるのかもしれません。ストック数を見直せば収納スペースが少なくても問題ではなくなりそうです。あとはデッドスペースをなくす収納方法を見つけたいところです。

モノを取り出しやすい配置にする

原因は取り出したいモノの手前に別のモノがあるから。であれば、最初から手前にモノを置かないか、取り出しやすくする工夫が必要です。

ここはOK。WECKガラス瓶を縦(奥)の3つ並べていてもケースに入れてるか引き出して取り出しやすい

アイデアを練ってます

ここからどう実践していくか。

今あるモノで改善出来るようにしたいところ。収納ケースを買い足さず、今あるモノを減らしたり移動させたり別のモノを利用したりして実現させたい。

今はアイデアを練ってる最中。幾つかはすでにストック数を見直したり、取り出しやすいよう収納方法の見直しをしたりしています。少しずつ時間をかけて取り組んでいこうと思います。

-部屋づくり
-, ,

© 2021 一語一絵