万年筆のキャップとボディ・インクの色の組み合わせと使用シーンを紹介します

万年筆はkakunoで揃え、キャップのカラーに似合ったインクの色を使い分けています。

kakunoと色彩雫ミニボトル

万年筆は左利きでも使いやすいkakunoを愛用しています。本体のカラーバリエーションが豊富なので、基本キャップの色とインクの色を合わせるようにして使ってます。キャップとボディの組み合わせを変えたりして自分なりの楽しみ方もしています。

色彩雫ミニボトルは3本セットで売られているため、3本ずつ買って6本所有しています。

稲穂、竹林、紫式部、夕焼け、躑躅、天色

万年筆キャップ×万年筆ボディ×インクカラー

万年筆本体の組み合わせ、万年筆とインクの組み合わせは基本的に固定されています。また、使用目的も本体・色でだいたい決まっています。

くまモン(スケルトンブルー)×スケルトン×天色

ほぼ日手帳で行動日記を書く時に使用しているため、一番使用頻度が高い組み合わせ。インクが切れた時は紫式部、竹林、稲穂のどれかを使って書いてます。

行動日記@ほぼ日手帳

ピンク×ホワイト×赤系統

ペン先がちょっと潰れてしまっているので、チェックボックスなど塗りつぶす際に使うようにしています。キャップがピンクなのでインクも夕焼け、躑躅の赤系統を使っています。塗りつぶす機会が多いので、これも使用頻度がとても高いです。

トラッカー@トラベラーズノート

デイリーToDoのチェック塗りつぶし部分@トラベラーズノート

グレー×グレー×竹林

珍しくキャップ、ボディのカラーが揃ってる一本。元々灰色系統の「冬将軍」用に使ってた一本でしたが、今は冬将軍を持っていないので他のカラーを淹れています。

ほぼ日手帳のマンスリーページで行動内容の色分けに使ったり、家計簿で使ったりしています。

時間別行動内容の記録@ほぼ日手帳

くまモン(赤)×ブラック×ブラック(カートリッジ)

黒字を書く時に使用します。今は専ら家計簿専用の一本になっています。

家計簿@トラベラーズノート

くまモン(赤)×ホワイト×赤系統

赤系統は2本持ち。一つは塗りつぶし用だけど、こちらは赤文字を書く時に使用。今は躑躅を淹れています。デイリーToDoの優先リストや家計簿で使っています。

デイリーToDoの文字部分@トラベラーズノート

スヌーピー(紫)×スケルトン×紫式部

少しの文字を書いたり、塗りつぶしに使ったりしています。

家計簿@トラベラーズノート

ブルー×スケルトン×天色

ちょっと力んで使用していたためか、ペン先が少しつぶれ、太め幅になってしまった一本。小さな文字ではなく大きな文字を書く時などに使用しています。

デイリーToDo@トラベラーズノート

アイデア帳@トラベラーズノート

くまモン(黒)×スケルトン×ブラック(カートリッジ)

これもペン先が少し開いて太めにになってしまった一本。アイデア帳で図や文字を書く時に使用しています。

アイデア帳@トラベラーズノート

5本のkakunoと6色の色彩雫を使い分け中

インクは3本セットなので、6個所有していますが、実際に使う色は、黒、青系統、赤系統、その他の色一色があれば十分。6色(+カートリッジの黒)ありますが、一度に全部使う必要がなく、5色だけで手帳を管理しています。

暮らしをシンプルにするためにやった「減らす・やめる・持たない」こと

「布」を減らせば生活はシンプルになるを読んで私自身が暮らしをシンプルにするために「減らす・やめる・持たない」ことは何だったか振り返ってみました。

『人生を変えるモノ選びのルール』を読んで、自分でもモノ語りしてみます

モノへの執着は持たないようにしていても、1ジャンル1アイテムと厳選して所有しているとやっぱり愛着が湧きます。ミニマルな暮らしに寄り添う私の定番モノを語ってみました。

-整理収納
-, , ,

© 2021 一語一絵