私の部屋のテーマカラーと色の配分を振り返ってみた

「心地いい部屋づくりのために、「好き」「スタイル」「色の配分」を考えてみた」を書きました。そこで私の部屋の「色の配分」を再確認。ベースカラーの白、メインカラーの薄い茶色(木色)、アクセントカラーは特定色ナシ、と言う結果から、今現在の部屋の色づかいを見て、テーマカラーから外れてるもの(若しくはアクセントカラー)を探してみました。

私の部屋のテーマカラー

ベースカラー:白
メインカラー:薄い茶色(木色)
アクセントカラー:指定色ナシ

書籍『心地いいわが家のつくり方01』で、「ベースカラーは床、壁、天井など広範囲に使う色。部屋のイメージの基礎をつくる」とあり、私の部屋を見てみると壁、天井が白、床が薄い茶色(木色)です。壁と床の色が違うので、面積量からベースカラーは白となりました。

メインカラーは「ソファ、カーテンなどに使う色。部屋のカラーイメージを決める」とあり、私の部屋の場合、カーテンはクリーム色。ソファはなく、ソファの代わりと言えば椅子、そこからダイニングテーブルやベッドを見てみると、薄い茶色、クリーム色になります。床の色も合わせ、メインカラーは薄い茶色(木色)となりました。薄い茶色の中でも木材で言えば、パイン材、オーク材がその色味になると思っています。

アクセントカラーは「クッションなどの小物に使う色。目がひきつけられ、部屋を引き締める」とあります。飾り棚を見ると、置物の薄い青とポスターのパステルカラー、フラワーベースの緑があります。思いの外多色。ただこの二箇所で完結していて、他の場所を見渡してみても、アクセントカラーと言えば、ポスターの薄い青くらいかな、と思います。

ベースカラーは白、メインカラーは薄い茶色

アクセントカラーは特定色ナシだけど強いて言えば薄い青

アクセントカラーは特定色ナシだけど強いて言えば薄い青

テーマカラーではないカラーアイテム

よくよく部屋中を見てみると他の色のアイテムもあります。でもそれは部屋のカラーを揃えるための色(アクセントカラー)というより、邪魔な色になってます。それらを書き出してみました。

ヨガマット

ほぼ1ヶ月ごとに交換してるヨガマット。カラーバリエーションが豊富なので毎月違う色を選んで楽しんでいたけれど、テーマカラーに合わせるならなんでもいいって考え方はやめた方がいいかな。今後選ぶなら、アプリコットオレンジ、オレンジ辺りがテーマカラーに近い。ブルー、グリーンなどは濃い発色なので、部屋全体に合わなそうなので薄めの色を選びたいところ。

MacBook AirとPC台

ガジェット類は黒かシルバーが多いです。中でもMacBook AirとPC台は収納場所の関係で目に付きやすい。PC台はMacBook Airに隠れてるので目立ちはしませんが。金属の色だとゴールドよりシルバーが好きです。カバーを付けて白や薄い茶色に合わせる気はなく、シルバーをアクセントカラーと捉えていいかな?

ガジェット類はシルバーか黒が多い

冷蔵庫

一人暮らしを始めた頃から使ってる10年選手のオレンジ色の冷蔵庫。大型家電と言えば白、シルバー、黒辺りが定番色でオレンジが珍しくて可愛くて選んだ色です。珍しい色だから気に入ってるけれど若干テーマカラーから外れてるかな、と思います。テーマカラーに沿うなら白を選ぶべきかと思うけど、大型家電で白だと面白みがなくてつまらない。昔と違って今は手軽にリメイクシートもあるし、色は変えられると思う。オレンジは木色に近いかと思うのでこのままでもいいかな、とも思うし、もし変えるならリメイクシートで白か薄い茶色(木色)にしたいところ。

リネンキッチンクロス

家の布類の多くはfog linen workのリネンキッチンクロスで揃えています。使用目的毎に色を変えているため多色気味。枕カバー代わりのサックス、フェイスタオル用のグレー、ボディタオル代わりの白、風呂場の手拭きの青ボーダー、トイレの濃い青、キッチン手拭きの赤ライン入りグレーと5色あります。ちょうど買い換えようと思っていたので色使いを改良しやすいですね。

青はアクセントカラーになってもおかしくは無いものの全体的にバラスが悪い?

濃い青も調和がよろしくない?

目立たないけれど全体的にバランスが悪い?

色の配分を見直していきたい

振り返ってみると、テーマカラーじゃない目立つアイテムの数は少なかった、と個人的には意外な結果になりました。「意外」だと感じたのは、テーマカラーで揃えているはずなのに、なかなか部屋が整ってる、と感じなかったから。これは「色の配分」が合ってなかったり、他の要因がありそうです。

心地よく過ごせる部屋づくりのため、テーマカラーに沿った色づかい、配分を考えて行きたいと思います。

心地いい部屋づくりのために、「好き」「スタイル」「色の配分」を考えてみた

書籍『心地いいわが家のつくり方01』を参考に自分の「好き」と「スタイル」を見つけ直して、取り入れる「色の配分」も考え直してみました。

-暮らし
-

© 2021 一語一絵