心地いい部屋づくりのために、「好き」「スタイル」「色の配分」を考えてみた

書籍『心地いいわが家のつくり方01』を参考に自分の「好き」と「スタイル」を見つけ直して、取り入れる「色の配分」も考え直してみました。

『心地いいわが家のつくり方01』で取り入れたいインテリアのルール

『心地いいわが家のつくり方01』には心地いい部屋づくりのための基本的ルールがたくさん書かれていました。内容が濃いので全部一気に取り入れようとすると頭がパンクしちゃいそうだったので、いくつか絞って取り入れてみることにしました。

心地いい部屋をつくる6つのルール

『心地いいわが家のつくり方01』に書かれてる軸となるルール6つです。

「好き」を見つける
「スタイル」を見つける
家族構成や家での過ごし方を考える
インテリアエレメントのバランスを考える
メンテナンスや生活のしやすさを考える
予算が厳しい場合は優先順位を決める

「スタイル」を見つける

「好き」を見つけたら、次は自分らしい部屋の「スタイル」を見つける
たとえば「カフェが好き」といっても、部屋はいろいろ。それは「スタイル」の違い。

___『心地いいわが家のつくり方01』

そう!そうなんだよ!ついこの前も「今年取り組みたいインテリアのアイデアの実践報告と今後のインテリアの方向性について」で「北欧インテリアって何?」って悩んだんだよね(『心地いいわが家のつくり方01』風に言えば「北欧スタイルって何?」だけど)。

「〇〇スタイル」って言葉はよく聞くけど、あまり理解出来ずにいたし、だから「北欧インテリア(スタイル)ってどんなモノ?」って再考したけれど、「雰囲気の違い=スタイルの違い」ってことでようやく納得出来ました。

色の「配分」のコツは7:2.5:0.5

ベースカラー70%…床、壁、天井などの広範囲に使う色。部屋のイメージの基礎をつくる。
メインカラー25%…ソファー、カーテンなどに使う色。部屋のカラーイメージを決める。
アクセントカラー5%…クッションなどの小物に使う色。目が引きつけられ、部屋を引き締める。

「同じ色を使っても、配分が違うとイメージも異なる」とのこと。好みの色をただ単純に取り入れるのではなく、取り入れる量(割合)も大事ってことなんですね。

私の部屋づくりの方向性を考えてみた

書籍を参考に方向性を考えてみました。

「好き」を見つける

私の「好き」なモノ。「シンプル」と「北欧雑貨」。ここで言うシンプルは「ミニマム」の意味合い。ごちゃごちゃしてるのはイヤ。モノをたくさん持たない、と言うか見せないが近い感覚です。

色味の少ない「北欧雑貨」が昔から好き。ARABIAやiitttalaの食器が好き。逆にマリメッコのデザインは苦手だったりします。

ちなみに「今年取り組みたいインテリアのアイデアの実践報告と今後のインテリアの方向性について」で書いた「ホテルライク」「無印良品の店舗」は「好き」なインテリアと言うより、「目標」「参考」となるインテリア、と今なら思います。

「スタイル」を見つける

書籍に載ってるスタイルを参考にすると、私好みは「シンプルスタイル」と「北欧スタイル」の2つ

書籍を参考にすると「好き」と「スタイル」が結構同じになっちゃってるんだよね。私の「好き」の「シンプル」は、「ミニマム」と言う意味合い。だから、「好き」なのは「ミニマム」と「北欧雑貨」で、「スタイル」が「シンプルスタイル」と「北欧スタイル」でいいのかな。

色の配分を考える

「ベースカラー70%、メインカラー25%、アクセントカラー5%」とあり、私の場合、ベースカラーは壁の色の「白」、メインカラーは床や家具の「薄い茶色(木色)」、アクセントカラーは特に指定色はないかな?

「ホテルライク」「無印良品の店舗」の色づかいだと「濃い茶色」がメインカラーになるんだよね。でも濃い茶色を木の色で揃えようとすると、木材そのものが高価なモノになりがち。例えばウォールナットやチーク材は濃い色だけど高価。私が取り入れてる「薄い茶色(木色)」は、パイン材、オーク材辺りの色で、予算的にはこの辺りが都合がつく感じです。

全体的には白が多いと分かる私の部屋

茶色の取り入れ方に注意する

「好き」と「スタイル」の方向性は以前とあまり変わらないので、実践する時大きな変更点はないかな。だけど、今回大きく気づけたのは「色の配分」のこと。「白」が一番面積を取って、次に「薄い茶色(木色)」を取り入れること。特に「薄い」って部分がポイントだと気づけました。

つい先日書いた「今年取り組みたいインテリアのアイデアの実践報告と今後のインテリアの方向性について」。この中でキッチンに「濃い茶色」のリメイクシートを貼って雰囲気を変えようと思っていました。でも今回メインカラーは「薄い茶色」と再確認したので、購入するリメイクシートの色味を変える予定です。購入前に気づけて本当に良かったよ。

商品ページへリンク

今年取り組みたいインテリアのアイデアの実践報告と今後のインテリアの方向性について

今年1月に書いた「今年変えたい、取り組みたいインテリアのアイディア」を振り返ってみると、7つのアイデア中まだ1つしか実践出来てませんでした。更につい最近目指してるインテリアの方向性が明確化してきたので ...

-暮らし
-

© 2021 一語一絵