自分基準のモノ選び

『暮らしに必要なものは、自分で決めていい。』からインプレッションを受けて私自身のモノ語りしちゃいます。「他人の目」基準ではなく、「自分の目」基準でモノを選ぶようになって久しいですが、久しぶりのモノ語りです。

骨格ストレートには難しいスキニーパンツ。だからこそキレイに魅せたくて履いている。あと、楽ちんだから。

骨格ストレートは太ももが張りやすいのでぴったりフィットするスキニーパンツは苦手分野。でもストレッチが効いててラクに履けるユニクロのウルトラストレッチレギンスパンツが愛用品。お手頃価格だし、定番品だからいつでもリピ買いできる安心感もある。ここ何年かは同品を3本使いまわしてる状態。

ホントにね、鏡見ると、太ももの張りが目立つ、目立つ。でも、数年前一度病的にやせた頃とは言え、スッキリ履きこなせたこともあり、「あのスッキリ履きこなし具合を健康的にもう一度!」と普段から苦手パンツを履いて、ボディメイクの糧にしてます。

あと他人の視線も気にならなくなったから、太ももが張ってようが気にしない。確かに人様のファッションチェックはするけれど、だからといってその人が好きで履いててテンション上がってるならそれでいいじゃない、とも思ってる。誰かに迷惑かけてないんだったら何着ようがその人次第。他人の視線がある、なんて自意識過剰にならずお気に入りの一本としてユニクロのスキニーパンツを履いてます。

ユニクロのウルトラストレッチレギンスパンツ

オシャレ着は家の中で。

春一番も吹き、そろそろ分厚い冬服も必要なくなってきた今日このごろ。ふと、今シーズン、コートを着たのって2、3回しか無かったことに気づきました。

通年ならオシャレしつつ防寒目的でコートを着るんだけど、今シーズンはコロナの影響で徒歩圏内を徒歩移動してるから、長時間歩くと暑くなるし、スーパーなどワンマイル程度はガッツリ防寒しなくても済む。そんなわけでコートを羽織らず、ウィンドブレーカーで過ごしてました。薄っぺらいけどウィンドブレーカーは寒さに強いからね。

外出する機会がグッと減ったし、外出してもご近所か遠方を徒歩移動なのでコートの出番なし。オシャレする機会がなくなりました。なのでオシャレする場を家の中、部屋着に求めることに。

いつもならラフな格好をしてるしノーブラ族だけど、今シーズンは家の中でもブラ着用して、無印良品の超長綿洗いざらしブロードシャツを着てます。これを選んだ理由は結構単純で。『服を着るならこんなふうに』の監修MBさんがオススメしてたから。昔洋服の迷子になってて、パーソナルカラーや骨格診断などにたどり着いたと同時期に知った人。パーソナルカラーブルベウィンター、骨格ストレートの私に似合う一着だったのでそのまま愛用するようになりました。

ところで家の中で白シャツ着るのって勇気いるんですよ。汚してしまったら目立つからね。ええ、ええ、すでにやらかしてます。万年筆のインクが飛んだり、カレー零したり、一番困ったのは、紅茶を吹き出してしまったこと。一度紅茶が喉に詰まってむせてしまい、出してしまった時は「ぎゃーーー!シャツに色飛んでる!」と大慌てで洗濯しましたからね。あれはひどい体験だったなぁ・・・。

うっかり汚すこともありますが、やっぱりお気に入り。2枚所有してて交互に着るようにしています。

無印良品の超長綿洗いざらしブロードシャツ

オシャレを演出するのは姿勢のよさ

生活とおしゃれを同じ目線で考える。

私たちは「おしゃれ」を、自分の生活よりワンランクアップさせて捉えがちです。

___暮らしに必要なものは、自分で決めていい

生活目線のおしゃれ、身の丈のおしゃれ、私的にはなに着ようとも姿勢が大事だと思ってる。背筋をピンと張って、胸を張って、颯爽と歩く姿が一番オシャレ。歩きスマホとかは美しくない姿勢だからね。そも、やっちゃいけない行為だけど。

在庫なくてめっちゃ困ってるビルケンシュトックのEVAボストン

足の親指が一番長いエジプト型の私。靴もエジプト型でないと、外反母趾が痛い。そんな私の愛用品はビルケンシュトックの靴。中でもEVAボストンがお気に入り。汚れても水洗い出来るので。

ただ、一年ほど前から本国ドイツで生産ストップしたらしいのよ。おかげでストックしてた分がなくなると困る。本当に困る。

革製のボストンも持ってるよ?でもね、EVAと違って修理が必要になる。修理出すのにショップのある梅田に出かけなきゃいけないの。

コロナのせいで梅田行かないから!!!修理出せないから!!!

めっちゃ困ってます。梅田行くか、EVAボストンが復活するか望み薄な期待をしつつ、底がすり減らないよう外出距離を減らせないか頭を悩ませながら履いてます。

ビルケンシュトックのEVAボストン

傘を断捨離して雨傘1本、日傘1本

雨傘は折りたたみ傘1本、日傘は長傘1本のみ。

雨傘の折りたたみといえば雨が振りそうな日のカバンに忍ばせておく予備のための1本という印象が強い。逆に長傘はしっかり降ってる雨の日用という印象。

ただ、長傘って街中で邪魔になって仕方なかった。荷物があるのに更に傘を持ち歩くのは憂鬱だった。それに傘を差す時間もそんなに長くないよね?あとは降ってたと思ったら晴れて、持ち歩く必要がなくなったりすると、邪魔でげんなりした気持ちになる。そんなわけで、邪魔にならない北欧柄の折りたたみ1本のみにしました。

逆に日傘は長傘。折りたたみも持ってたけど処分。折りたたみ日傘を使ってた時は、素材が布製だったせいか、折り畳むと膨らんでしまってボタンで閉めるのがちょっとめんどうだった。それに雨傘と違って、日傘は外出時ずっと差す。日影から出たらちょっとの間でも差すったら差す!紫外線対策に「日傘命!」だったから、雨傘とは逆に長傘の方が利便性高かった。そんなわけで、長傘1本に絞って使ってます。

雨傘は折りたたみ、日傘は長傘

本当はバッグも持ちたくないから軽くて小さいバッグ使ってます

「コロナ時代のメインバッグはエコバッグと手提げバッグだけ」でも書いたけど、ホンネはバッグを持たないくらい持ち物を持って出かけたくないミニマリスト。とはいえ、流石にそれはムリな話。だから、軽くて小さいバッグを使ってます。

スーパー用エコバッグ

徒歩圏内のお出かけ用手提げ袋

出かける時はコンプレッションタイツがマストアイテム

4年前からウォーキングのために履き始めたCW-Xのエキスパートモデルのコンプレッションタイツ。今やスーパーに買い物行く程度でも履いて出かけてます。もうなくてはならない必須アイテム。

一年中いつでも外出時には着用。エクササイズしてて脚を傷めないために履き出したけど、夏場はドライモードが効いてて不快感減、冬場はドライモードとは言え二枚履き状態なので寒さ減になるんだよね、これが。なので、ずっとずーと履いてます。

CW-X エキスパートモデル

爪切りやめて爪やすり

以前ツイッターで、一年かけて爪のコンディションを整えたビフォーアフターが衝撃的で、単純な私は、「私もやってみる!」と爪切りをやめて100均の爪やすりを使って整えてます(足の爪は爪切り使ってるけど)。

最初の頃はヤスリでもすぐに傷んでしまった爪。最近はちょっとずつコンディションが良くなってきたかな。

100均の爪やすり

参考
https://twitter.com/_nobu34_/status/1317766813397118977

リペアリングよりピュアフレッシュネスがお気に入り

ヘアケア用品はロクシタンのピュアフレッシュネスを愛用。昔は夏季限定品だったけど、今は通年購入できるが有り難い。香りがサッパリ系なのが好きな理由の一つだけど、何より泡立ち感がいいので気に入って使ってます。

ロクシタンのピュアフレッシュネス

青いお皿が多い我が家

食器はほとんど北欧のアラビアかイッタラのモノ。しかも青系統が多いんだよね。同メーカーで揃えるとサイズ感が合うので収納も買い足しもしやすく昔から愛用してます。

ホント北欧大好きです!

もちろんかもめ食堂大好きです!

美味しいを体現した映画だね!おにぎり、生姜焼きが食べたくなる映画だわ。

北欧ブランドの青い食器たち

紅茶は安定のリントンズ

「私のおうちドリンクセット」でも書いたけど、紅茶はリントンズ一択!

ブレックファーストとゴールドを愛飲してるけど、やっぱりゴールドの方がお気に入り。いい香りがするし飲みやすいのもいい!いつもまとめ買いしてストックは切らさないようししています。

リントンズのブレックファーストとゴールド

自然由来の調味料が美味しい

「ウチの調味料は食品添加物の少ないモノを使っています」でも書いたけど、味つけのベースとなる調味料は化学調味料は避けるようにしてる。自然由来の原材料で出来てる調味料を選ぶようにしてる。

コレを導入したら、毎日がガラリと変わりました

ここ最近だと、サーモジャグキートの一択。

容量1L分の紅茶を作るから一度に大量に作れて便利。しかも魔法瓶だから冷めにくいのもいい!「私のおうちドリンクセット」でも書いたけど、これまでガラス製サーバーで紅茶を飲んでたから、すぐ冷めちゃった。サーモジャグを使ったら、毎日紅茶を作るのがラクになったし、ホント買ってよかったよ。

あと、間食が少なくなったと言うちょっと変わったメリットも。口寂しくてついつい何か口にしてたたけど、低カロリーな紅茶で口寂しさを紛らさせることが出来るようになった(ミルクティーにして飲むから、牛乳分のカロリーがある)。2、3時間内に何かしらもぐもぐしてたのが、紅茶だけで済むのは正直大きなメリットになってよかった。

サーモジャグキート

意外な盲点?バスタオル、バスマットはいらない

バスタオルもバスマットもコットン製を使ってる人が多いんじゃないかな?でもウチはリネン製。しかもバスタオル、バスマットと銘打ってるモノじゃない。fog linen workのリネンキッチンクロスをバスタオル代わりに、scopeのハウスタオル・フェイスタオルをバスマット代わりに使ってる。

コットン製はリネン製より乾きにくいのがデメリット。私も昔は当たり前のようにコットン製のバスタオル、バスマットを使ってたけど、乾きやすさ優先でリネン製を使うようになった。scopeのハウスタオルはコットン製だけど、バスマットよりも薄いから洗濯しづらくもないし、乾くのもそこまで遅くかからない。どうしてもね、scopeさんのハウスタオルは使いたかったんだよ。scopeさんのアイテムはファンだからね。

fog linen workのリネンキッチンクロスとscopeのハウスタオル

おわりに

久々に私の好き語りしちゃいました。好き勝手しゃべってかなりスッキリ!たまには好きなモノを好きなだけシャウトするのも大事だなぁと改めて感じました。気分がスッキリ出来る一つの方法だね。

『暮らしに必要なものは、自分で決めていい。』は、自分探し的な内容に感じました。昔は私も自分探しをやってたから、なんだか懐かしさを覚えつつ読みました。そうして私も好きなモノ語りしちゃったわけですが。昔から変わらないマイ定番もあればつい最近変わった新米マイ定番もあったりして、意外に思いました。もう定番は決まりきってて変わらないものだと思ってたから。でもそんなことはないね。普遍的に変わらないものなんてなくって、その時その時で自分に本当に必要なモノは違ってくると再確認出来ました。

商品ページへリンク

暮らしに必要なものは、自分で決めていい。
Amazonへリンク
Kindkeへリンク
楽天ブックスへリンク
楽天Koboへリンク

『人生を変えるモノ選びのルール』を読んで、自分でもモノ語りしてみます

モノへの執着は持たないようにしていても、1ジャンル1アイテムと厳選して所有しているとやっぱり愛着が湧きます。ミニマルな暮らしに寄り添う私の定番モノを語ってみました。

-アウトプット・インプット
-, ,

© 2021 一語一絵