ダイエットの間食用に炊飯器で作る鶏むね肉ハム

『超筋トレが最強のソリューションである』を読んで以降、高タンパク質のモノを摂ることを意識してます。おやつに対しても意識が変わりました。これまで炭水化物、糖質の多いおやつでしたが肉をおやつにすることに。特に鶏むね肉ハムはダイエットの味方。簡単、安い、といいことづくしです。

ダイエット中におやつを食べるか食べないか問題

私は、ダイエット中でも間食断ちはしない派です。「ダイエット=食事管理」なので、一生続けるものと考えています。間食断ちを一度取り入れるということは、一生断ち続けるということ。これはかなりストレスになると分かりきっているので、間食絶ちではなく、質重視で間食する方法を取り入れています。

おやつの質を考える

これまでは、「1個150kcalくらいなら大丈夫かな?」と、カロリー重視でおやつを食べてました。常食してたのは、手作りパンナコッタと森永ガトーショコラ。ガトーショコラは1個152kcal。流石に一日一個と、個数制限はしてましたけどね。

でも『超筋トレが最強のソリューションである』を読んで以降、間食するなら糖質、脂質、炭水化物が多いのモノより高タンパク質なモノを選んだ方がいいと考え直しました。

ガトーショコラ1個分の栄養素を調べてみたら、タンパク質1.8g、脂質8.8g、炭水化物16.4g。炭水化物量の多さが目立ちます。ふと、「炭水化物量が多い割に満腹感が感じないなぁ」と気付きました。

そこで高タンパク質食材のお肉、中でも手軽に食べれるハムをおやつ代わりに食べてみることに。すると、ガトーショコラより腹持ちがいいことに気づきました。

間食にハムを試したことで、カロリー重視より栄養素重視にシフトチェンジするきっかけになりました。

市販品か手作り品か

肉の中でもハムが手軽におやつとして食べれそうだ、と市販のハムを買って食べてみたけれど、食品添加物が多かったり、量の割に高額なのでハムを家で作ったほうが安全だし安上がりだろうと考えました。

ちょうど昔炊飯器で鶏むね肉ハムをよく作っていたので、レシピメモを引っ張り出して再挑戦することにしました。

炊飯器でつくる鶏むね肉ハム

レシピ

【材料】
鶏むね肉 1枚
塩 小さじ1
砂糖 小さじ1
コショウ 少々
ハーブ類(好みで) 適用

【作り方】
皮を取り除いてビニル袋に肉を入れ、砂糖→塩→コショウの順にそれぞれよく揉む
冷蔵庫で2時間〜一晩置く
漬け汁を切って炊飯器に肉を入れ、浸かるくらいのお湯(90度以上)を注ぐ
40分〜1時間「保温」し、身を押してみて弾力がなくなれば、お湯につけたまま冷蔵庫で冷まして完成

作ってみた

出来上がった鶏むね肉ハムを切って、3切れくらいずつ1回のおやつに食べてます。

おやつは高タンパク質なモノを選ぶようにします

炊飯器で作る鶏むね肉ハムは、手軽に作れて、食品添加物がなく安全、腹持ちのいいおやつとして、最初の一品として取り入れやすい、と改めて感じました。

今後も高タンパク質のおやつを探して、おやつのバリエーションを増やしつつ、ダイエットに取り組んでいきたいですね。

レシピカードを再開させました

デジタル保存してた定番レシピ。紙で保管したくなったのではがきサイズのレシピカードを購入しました。

食事制限から食事管理へ(太る食べ物をやめて太らない食べ物を取り入れる)

今後のダイエットの方針。『ダイエットは運動1割、食事9割』を読んで食事改善始動。その後よくわかっていなかった「食事管理」について『やせない理由はあなたのガマンにありました!』から理解を得る。ストレスな ...

-その他
-

© 2021 一語一絵