【実践編】『7つの習慣に学ぶ手帳術』再読

【まとめ編】『7つの習慣に学ぶ手帳術』再読」の続き部分です。私自身が「7つの習慣に学ぶ手帳術」を実践し、気づいたことなどをまとめました。

「7つの習慣に学ぶ手帳術」のまとめ

書籍『7つの習慣に学ぶ手帳術』の内容をまとめました。

実践テンプレート

「7つの習慣に学ぶ手帳術」の6ステップを自分なりの分かりやすい言葉に変えて書き出してみました。

Step1 手帳を振り返る(「役割」ごとの「緊急でない、かつ、重要」なことを役割別に色を分けて線を引く)
Step2 ミッション・ステートメントを書く(どんな自分になりたいか?)
Step3 「役割」を考える(自分、仕事、プライベート)
Step4 1週間の「役割別目標」を手帳に書く(目標は「緊急」ではなく「重要」なことを設定する)
Step5 「大きな石」(=「緊急でない、かつ、重要なこと」)を先に予定に組み込む
Step6 何が最優先事項か考えながら実行する(刺激に即反応しないようにワンクッション間を持つ)

実践してみた

一年前に『7つの習慣に学ぶ手帳術』を読んで、当時も実践してみましたが、この一年で「7つの習慣」について理解度が増したり、手帳の種類も変わったりしたので、今回もう一回実践してみることにしました。

Step3 「役割」を考える

本来3番目の手順ですが、一番先に考えました。役割がわからないとStep1で役割ごとに色分け線引きできないし、Step2の役割ごとの最終目的も書けません。というわけで役割を書き出しました。

成長→読書、ダイエット
仕事→ブログ
プライベート→家事
(ブログは仕事というよりライフワークですがここに振り分け)

ひとり暮らし、つまり一緒に暮らしてる人がいないため、プライベートの役割の中に家族のための時間という概念がほとんどありません。これは各々生活環境によって大きく違いが出てきますね。

さて、一年前の役割を見返してみると、

自分自身の成長=読書、エクササイズ
仕事=ブログの下書き等
プライベート=お出掛け、家事
(ブログは仕事というよりライフワークですがここに振り分け)

と設定してあり、プライベート=「お出掛け」が外れたこと以外変化はありません。これはコロナの影響ですね。お出掛けすることがなくなり、役割からすっぽり頭から抜け落ちていました。こんなところでもコロナの影響が出ていると再確認させられるとは思ってもいませんでした。

Step1 手帳を振り返る

ほぼ日手帳とトラベラーズノートを振り返ります。

ほぼ日手帳は一日の行動を客観的にできるだけ一日の出来事すべて書く「行動日記」を書いてます。なので、一日どんな行動を取ったかは、ほぼ日手帳を読み返せば把握できます。

トラベラーズノートはデイリーToDoを書いています。前日に明日やることを一通り書き出しておき、都度書き加えています。

役割と照らし合わせながら、役割ごとに「緊急でない、かつ、重要なこと」を色分けします

元々ほぼ日手帳を使って日記を振り返る習慣がありました。ただし線を引く対象は、「日々のルーティン以外の行動」。変化のない毎日と思いながら過ごしていては楽しみがないので、小さな変化がどんなものだったのか把握するための線引でした。しかし今回は、「役割」ごとに「緊急でない、かつ、重要なこと」に線引きしました。

トラベラーズノートのデイリーToDoは、その日の「やることリスト」なので、第4領域「緊急でない、かつ、重要でないこと」ではないことは確か。ToDoは実行したか、しなかったかが重要ポイントなので、チェック達成率等も照らし合わせながら振り返りました。

振り返ってみた結果

思ってたほど第2領域だけで埋まらず、意外と第4領域が発生していたことに気づきました。

ほぼ日手帳を振り返ってみると、「緊急でない、かつ、重要なこと」を十分こなしてると感じました。

しかし、トラベラーズノートのデイリーToDoを振り返ってみるとそうでもなく。未達成項目が多かったのは問題でした。「なぜ出来なかったのか?」と考えてみると、「時間がなかった」「しんどかった」「忘れてた」「めんどうだった」が主な理由でした。

理由から原因を考察。

「時間がなかった」…スケジュールを詰め込み過ぎたのが原因
「しんどかった」…主にエクササイズに関してで、疲れが残っていたのが原因
「忘れてた」…スケジュールの詰め込み過ぎで、見落としてたのが原因
「めんどうだった」…緊急でない、後回しにしても問題ない内容だったのが原因

原因から改善方法を考えました。特に考え改めたのは、「めんどうだった」の改善方法。他はスケジュールを詰め込みすぎない、目標値を上げすぎない等で済みましたが、「めんどうだった」はちょっと違います。「めんどうだった」ことは、第4領域「緊急でない、かつ、重要でないこと」だったと気づきました。

ほぼ日手帳の行動日記を振り返った時は第4領域の行動は少ないと判断したのに、トラベラーズノートの「やることリスト」を振り返れば第4領域の行動があったと見えてきました。

個人的にはちょっとビックリです。「やることリスト」を書いてるわけだからそこに第4領域をわざわざリスト化させるはずないと思っていたものの、未達成こそが第4領域であると気づいたり、ほぼ日手帳では第2領域ばかりで毎日充実してると思っていたらトラベラーズノートではそんなことないと気づいたり。モノの見方の角度を変えて振り返ることで、180度違うことが見えてきたわけだからビックリです。

話を戻して。その日の「緊急」ではないし「重要」でもないので、「7つの習慣に学ぶ手帳術」的には削りたい行動部分。ただ、その内にはやらなきゃいけないことではあるので、思い切ってリストに書かないか、リストに書くからにはめんどうくさがらに実行すべきだと考えました。

未達成が意外に多かったと気づいた

Step2 ミッション・ステートメントを書く

「ミッション・ステートメントを書く」とは、10年後のなりたい自分、人生の最終目的について書くことです。

先ず書く場所ですが、私はムーンプランナーの一番最初のページ「MY VISION」部分に書くことにしました。

ちなみに一年前は

あなたの人生でもっとも大切な事は何か→時間に縛られない暮らし、モノを持たない暮らし、健康的な暮らし
どんな人間になりたいか→ミニマリスト

と書いてます(同じくムーンプランナーの「MY VISION」にて)。

しかし、『7つの習慣に学ぶ手帳術』を再読し、理解度が増した今、この内容では不十分だと気付きます。10年先の「役割」ごとの目標を設定すべきです。なので

【自分を高める目標】
読書から得た知識を実践し、社会貢献できる自分になれること。社会活動に活かせるまで自分を高めること。

【仕事の目標】
意味のある、人の役に立つ、読者のための記事を書き続けること。胸を張って「ブロガー」と言えるまでブログを続けること。

【プライベートの目標】
お金をきちんと管理・運用しつつ、暮らしをととのえておくこと。本当に必要なモノ、好きなモノに囲まれた暮らしを手に入れること。

と書きました。

一年前に書いたことと大きく方向性の変化はないですが、具体的に書き出すことが出来ました

Step4 1週間の「目標」を手帳に書く

『7つの習慣に学ぶ手帳術』では一週間単位で目標を書くように推奨していますが、私の場合、ムーンプランナーを使ってるため2週間単位になります。一週間だとせわしなく感じるため2週間がちょうどバランスがいいと感じてます。ムーンプランナーは中間に再考の日があるので、ある意味一週間単位で目標設定しているようなものですけどね。

ムーンプランナー見開き最初の欄に書くのは「緊急でない、かつ、重要なこと」に関係する役割ごとの目標です。また役割「自分自身の成長」は肉体、精神、知性、社会・情緒の4つに細分化して書き出します。

【自分自身】
肉体 ダイエット(筋トレ10分、睡眠7時間、タンパク質摂る、サバ缶・卵の食べる頻度を上げる、食事回数8回以下に収める、体重51kg台維持)
精神 やる気スイッチをオフにしない、AirPodsで音楽を聴かず自然を感じながらウォーキング
知性 読書する、ブログを毎日更新、読書からのアウトプット量を増やす
社会・情緒 SNS疲れしない程度でSNSで繋がる、FaceTimeする

【仕事】
毎日ブログ更新

【プライベート】
そうじする(浴槽、キッチン壁、洗濯槽)
つげ櫛のメンテする

一年前は

【自分自身の目標】
体重XXkg台維持とXXkg台突破
毎日ウォーキング2万歩
ヨガ、腕立て1週間に5日
スクワット毎日90回
読書

【ブロガーの目標】
大阪城梅林観梅の様子(1月下旬)
大阪城梅林観梅の様子(2月上旬)
カフェ巡り(はらドーナッツ、タリーズ、ハニーミツバチ珈琲)
護王神社参拝
いちごフェス

【プライベートの目標】
刀剣乱舞ポスター写真撮影
ナイブス・アウト鑑賞
大阪城梅林(1月下旬)
大阪城梅林(2月上旬)
はらドーナッツ天三
タリーズ阪急梅田駅構内
ハニーミツバチ珈琲
いちごフェス通い
護王神社参拝

と書き出してます。やはりプライベートの「お出掛け」は去年ならでは。今年はコロナの影響で書けないなぁと改めて感じました。

2週間分の目標を書く

Step6 最優先事項から実行する

何度も繰り返していますが、大事なのは、「緊急でない、かつ、重要なこと」。

役割「自分自身」について考えてみると、「ボディメイク・食べすぎないこと」が最大の関心事。そのためには「読書量・ブログへの取り組み時間」の量を減らしてもいい、とさえ思っています。

つまり、同じ役割の中でも優先順位をつけて実行していくべきと気付きました。

おわりに

今回、『7つの習慣に学ぶ手帳術』の内容と私の手帳の内容を振り返ってみて、一日の行動には責任を持って行動している部分とまだまだ改良点がある、と気付きました。

自分の行動に自信を持てたのは他の手帳術も用いて完成に近づけていたおかげです。「7つの習慣に学ぶ手帳術」的には第4領域の行動が多いことが浮き彫りになり、この点を改善していかなきゃいけないと気付けました。

「7つの習慣に学ぶ手帳術」を実践する上で一番影響を受けるのは、ムーンプランナーの見開き最初の日の目標設定部分と、トラベラーズノートのデイリーToDo部分です。特にデイリーToDoに書くのは必ずその日の内に実行するもの・出来るもの(=「緊急でない、かつ、重要なこと」)を書くようにし、次の日でもその内にでも実行できればいいものは書かないか、未達成で終わらせずきちんと実行するようにしたいところ。毎日リストすべてにチェックが入るようにしたいですね。

商品ページへリンク

『7つの習慣に学ぶ手帳術』を読んでムーンプラインナーで実践中

私はまだ『7つの習慣』を読んでいません。今回『7つの習慣』の第3の習慣「最優先事項を優先する」をベースにした手帳術(時間管理術)に興味を覚えたので実践してみることにしました。

7つの習慣をダイエット習慣に落とし込んでみた

『ミニマリスト7つの習慣』は、ミニマリストというキーワードに7つの習慣を落とし込んだ話の本でした。「特定のモノゴト(キーワード)に7つの習慣を落とし込めるんだなあ」と感心しました。ミニマリストと7つの ...

【まとめ編】『7つの習慣に学ぶ手帳術』再読

過去記事「『7つの習慣に学ぶ手帳術』を読んでムーンプラインナーで実践中」を元に、再度『7つの習慣に学ぶ手帳術』を読み終えました。前回から一年経過し、「7つの習慣」についても理解度が増し、手帳の種類も増 ...

-手帳
-, , ,

© 2021 一語一絵