1年前と現在のアウトプットについて振り返ってみた

1年前の過去記事「手帳時間と1日10ツイートを心がけることで見えてきたもの」を振り返って、去年と現在の違いを振り返ってみました。

手帳を振り返ることと「なぜ?」を考えるクセを身につけることに注視するようになった1年前

1年前の記事をまとめると、

手帳時間:一日の終り
手帳時間にやること:一日を振り返る。明日の予定や目標を立てる。
手帳の種類:トラベラーズノート、家計簿、ムーンプランナー、(音声メモ)

ムーンプランナーの中身:体重推移(朝と寝る前)、天気、食事量、突出した出来事(お出掛け内容)、ツイート数

ツイート数を増やす工夫:(引用)リツイート、読書・映画鑑賞など感想、文章を推敲してからツイートする、写真付ツイート、「なぜ?」を考えるクセを身につける

とありました。

手帳をもっと活用するようになったり、ツイッターも質を高めるようになった現在

では、現在について去年と比較しながら振り返ってみました。

手帳時間:一日の終り
手帳時間にやること:今日のToDo、トラッカーのチェック。明日のToDoを書き出す。献立を考え書き出す。読書冊数を書き出す。家計簿をつける。
手帳の種類:トラベラーズノートリフィル5冊、家計簿、ムーンプランナー、ほぼ日手帳

ムーンプランナーの中身:朝晩の体重推移と10日間の平均値、起床就寝時刻、体温、行動記録、食事回数の記録、お出かけ先、ゴミ出し内容

ツイートの質を高める工夫:引用ツイート。読書に関するツイートを増やす。「いいね」する。写真付きツイートを積極的にする。「なぜ?」を考えてツイートする。文字数を増やす。

手帳はほぼ一日中書き込んでる

手帳はほぼ一日中手元において、都度書き込むようにしています。そのため手帳時間を改めて設けるというより、一日の終りにも手帳を書くのが当たり前になっています。

手帳の種類は1年前と比べ増えました

手帳・メモは使用目的毎に使い分けするようになり、種類も増えました。トラベラーズノートリフィルを5冊同時使用、ほぼ日手帳を使うようになったことが一年前と大きく変わった部分です。

トラベラーズノートリフィルの中身

1冊目:バレットジャーナル(デイリーToDo、献立)、トラッカー、アイデア帳
2冊目:読書記録(読了タイトルの記録)
3冊目:目標ノート
4冊目:欲しいモノリスト、やりたいことリスト
5冊目:気づいたことリスト、失敗したこと・反省したことリスト

目標ノートは目的を掲げ、目的達成のための目標を書き出し、取り組むための一冊です。

目標も、欲しい物も、やりたいこともトラベラーズノートにリストにして書き出しました

『ご機嫌な習慣』を読んで心に留めておきたいことを一枚のA4サイズメモに書き出す「自分を守る一枚のメモ」を実践しようとしました。その直後『リストマニアになろう!』を読めば、結局私のライフスタイル的に、一 ...

ツイートの質を高める工夫

去年は全然つぶやかないのがもどかしく、ツイート数を増やすための工夫を考えていました。現在は、ツイート数を増やすことよりも、中身のことについて考え続けています。

  • 引用しないリツートは控える(引用ツイートはする)
  • 「昨日の読書」と題したツイートを一日一回ツイート
  • 印象に残った書籍の感想と表紙写真付でツイート
  • 「いいね」する
  • 写真付きツイートを積極的にする
  • 「なぜ?」を考えてツイートする
  • 文字数を増やす

引用しないリツートは控える(引用ツイートはする)

自分の意見をツイートしたいので、出来るだけ引用ツイートするようにしています。

https://twitter.com/947planet/status/1362573075372331011?s=20

アカウントの方向性を定める

10年続いてる私のツイッターアカウント。なんてことない日常の一言をつぶやいたりしてきましたが、もっとツイッターを活用したいと思い、ツイート内容を精査するようになりました。最近は「読書アカウント」をメインに考えています(日常ツイートも多いですが)。

そこで読書に関するツイートは工夫するようにしています。初期はブクログの記録を流していましたが、時々短時間で10ツイートくらい続いてしまい、あまりよくない傾向だなあと思い、1ツイートにまとめるようにしました。それが、「昨日の読書」と題したツイートです。これを一日一回投稿するようになりました。「量より質」を目指した結果です。

「なぜ?」を考えてツイートする

日常のなんてことない一言、「疲れた」「寒い」「眠い」というツイートは控えるようになりました。しかし、「〇〇したから疲れたので〇〇した」「寒くて〇〇した」「眠いから〇〇した」など、一言にならないようにしてツイートするようにしています。

■「サバ缶届いた」の一言で終わらせずどこで買ったか、どんなサバ缶か一言添えた
https://twitter.com/947planet/status/1362210614081331204

■「アップルウォッチ欲しい」の一言で終わらせずなぜ欲しいのか一言添えた
https://twitter.com/947planet/status/1361728684755804161

文字数を増やす

ほんの一言でも面白ければいいけど、そんな一言で興味を持ってもらえるような言葉を発せるセンスがありません。だから、逆に文字数を増やしてつぶやきの中身を増やし、スルーされるより読んでもらうことを心がけています。

アウトプットファーストを常に考えてます

最後に。ちょっとブログネタが無くなってきたから過去記事を漁ってネタ探そう、と思って行き着いた今回の記事。一年前と比べると、ちょっとした部分でも変化があるもんだ、と気付きます。手帳の冊数や内容、ツイートに関する姿勢など。でも手帳時間を持ったり、ツイートの質を考えたりするのは、アウトプットして自己啓発を高めるためだと気づけたことが今回振り返ってみて良かったと思うポイントでした。

今後も手帳を活用したり、ツイートも考えながら出来るようになりたいと思います。

手帳時間と1日10ツイートを心がけることで見えてきたもの

一日の終わりは手帳時間。トラベラーズノートのトラッカーやバレットジャーナルを振り返ったり。最近はムーンプランナーでも一日を振り返っていますが、そこに目標「1日10ツイート」を加え、一日の終りに集計して ...

ムーンプランナーとほぼ日手帳を使い分けたからこそ見えてみたことと目標

手帳に書くだけで終わらず、ちゃんと振り返ってみると、そこから何らかの気付きを得ることが出来る。一番最近の気付きは「ムダな時間を見える化したら、ムダな時間を減らせられるんじゃないか」ということ。詳しい経 ...

-習慣・管理術
-, ,

© 2021 一語一絵