コットン製洗濯ネットを使ってみました

日用消耗品の洗濯ネット。いつもダイソーで買っていました。年始めに洗濯ネット全部を交換しようとまとめ買いしたけれど、「これ、プラスチックフリーに出来ないかな?」と気付きました。ドイツ社のコットン製洗濯ネットを見つけ買って使っていました。

洗濯には洗濯ネットを使用

洗濯する際は必ず洗濯ネットを使用しています。洗濯ネット無しだと洗濯中衣服がからまって大変なことになっちゃうので。

これまでずっと、なんの疑問もなく100均の洗濯ネットを使用していました。しかし最近はプラスチックフリーを基本にモノ選びをしています。そこでふと「洗濯ネットってプラスチック製だけど脱プラ出来るアイテムだよね」と気付きました。

先日まとめ買いしたダイソーの洗濯ネット

プラスチックフリーな洗濯ネットを探して

素材としてはコットンかリネンを検討していました。最初にたどり着いたのがコットン製の巾着。洗濯ネットを謳ったコットンバッグやリネンバッグがなかなか見つからず、「普通のバッグでもういいんじゃない?口を閉めれる巾着とか」と思い普通の巾着も視野に入れて探していました。

しかしより詳しく調べていくと、網目の粗さにも意味があるそうなので、全く網目が見えない巾着やエコバッグ等は選択肢から外すことにしました。

よく見てみると、網目の大きさもいろいろ。目が細かいものはデリケートな素材を摩擦からガードしてくれます。粗めのものは水や洗剤の通りがよいので、洗浄力も期待できます。

___改めて考える、洗濯ネットの意味と使い方 | コインランドリー総合サイト LAUNDRICH

次いで参考にしたのは、『「洗濯ネット」はコットン袋でOK♪ プラ繊維を逃さない洗濯アイテムも | プラなし生活』に載ってるDULTONのオーガニックコットンプロデュースバッグ。最終的にドイツ LivingCraft社のオーガニックコットン洗濯ネットにたどり着きました。

くしな
DULTONのオーガニックコットンプロデュースバッグも惹かれたけれど、やっぱり洗濯ネットと謳ってる方が使用に関して安心感があり、LivingCraftのものを選びました。

開封の儀

内容物は、洗濯ネット2枚+1枚(外袋)です。32x45cm、27x35cmの2サイズの洗濯ネットで外袋の小さいのが入っています。洗濯ネット2枚にはファスナーが付いていて洗濯向きだとよくわかります。ただ、ファスナーはプラスチック製なため、完全脱プラにはならず。減プラには成功したかな。

あと、外装用の小さな袋はファスナーが付いていないので、洗濯中紐が緩んで中身が出ないよう、一旦紐の結び目を解き、洗濯する際には袋の口付近で軽く絞ることにしました。

ドイツ LivingCraft社のオーガニックコットン洗濯ネット

洗濯ネット2枚+1枚(外袋)入り

ダイソーの洗濯ネットと比べると網目が荒い洗濯ネット

ファスナー部分だけがプラスチック製

外装の小さい袋はファスナー無しなので完全脱プラ品

一旦結び目を解く

洗濯する際口部分で結ぶようにする

サイズ比較

これまで使っていたダイソーのプラ製洗濯ネットと比較してみました。サイズはだいたい同じなので問題なさそうです。

一番小さいサイズの比較

中間サイズの比較

大きいサイズの比較

使ってみた感想

平置きした際、これまで使っていた洗濯ネットとサイズの違いは無いと感じていました。しかし実際使ってみると小さく感じます。あと実際洗濯するとちょっと縮んでないかなぁとも。今後要観察です。

網目が荒くなったので水の通りがすごくよくなったと感じ、この点はかなり嬉しかったです。

最後に

数回使ってみただけの感想なので、1ヶ月くらい継続使用してみて、使い勝手がどう感じるかまた調べたいと思います。

使い勝手が悪くなければ、もう1、2セット買い足したいと思います。

楽天市場商品ページへリンク

【プラスチックフリー 】無印良品 木製ごみ箱をトイレ用に購入しました

白い小さいトイレ用ゴミ箱を使っていたけれど。脱プラ計画の一つとして、木製のゴミ箱に替えました。

【プラスチックフリー】フレッシュロックからWECKへ入れ替えました

楽天買いまわりでWECKの必要数を一括で注文。フレッシュロックからWECKに切り替わりました。

-お買い物
-, ,

© 2021 一語一絵