バスケットトローリースリム購入でプロジェクターの固定位置決定

先日購入したプロジェクター。投影距離や高さの関係上、ベッドのマットレス上に置くしかなく、なかなか不便。そこで山善のキッチンワゴン・バスケットトローリースリムを購入してプロジェクターを設置することに。

【Before】プロジェクターの設置場所

最低投影距離が1.4mのマイプロジェクター。この距離を6畳の小さい部屋で確保するにはマットレスの上に置くしかなく、いちいち準備、片付けが面倒でした。

起動する時の位置

使わない時の位置

山善のバスケットトローリースリム

投影距離、床からの高さを確保しつつ設置を楽にする方法として折り畳みのサイドテーブルを検討していました。しかしこれも準備片付けが面倒そう。

そこでバスケットトローリーという選択肢を選ぶことに。バスケットトローリーなら単純に設置場所確保だけでなく、収納容量も大幅アップになり、収納の少ない部屋には一石二鳥。とは言え特に何か収納するつもりはまだないけれど。

バスケットトローリーに天板を追加出来るので一枚だけ購入。その上にプロジェクターを設置します。

トローリーの天板

トローリーの天板・裏側

トローリーは組み立て式

【After】プロジェクターの設置場所

プロジェクター設置のための一式

設置場所をマットレス上から変更するために追加購入したモノは、バスケットトローリーと天板以外に延長コードも。

延長コード

設置場所と収納場所

プロジェクターを起動する時は、マットレスと反対側に変更。使わない時は無印良品パイン材ユニットシェルフの隣スペースに移動。

起動する時の位置

使わない時の位置

使ってみた感想

マットレスの上だと投影距離が都度変わってしまいボケを毎度調節する必要がありました。しかしトローリーに変更したため投影距離はほぼ同じ距離をキープ出来ラクに。

ただ高さは微妙・・・。ベッドと投影位置が結構ギリギリで、冬の羽毛掛け布団を敷いた状態だと被ってしまうんじゃないかなぁと危惧してます。その時になったらまた考えようかと思いますが。

それにしてもプロジェクター本体の予算にかなり悩んでたけど、結局プロジェクター本体以外にFire TV Stickや、延長コード、バスケットトローリーと追加で色々購入して予算オーバーになっちゃったなぁ(苦笑)。まあ、後悔はしてない。

下部はベッド。高さがギリギリ

プロジェクターとFire TV Stick 4Kポチりました

映画館で鑑賞するのが好きだけど、今はコロナ禍の影響で足を運べず。そんな中、去年から観たくて仕方なかった実写版ムーランが9月4日から公開。「行けないんだけど?!」Disny+でも配信されてるとのことで思 ...

プロジェクター COOAU A4300とFire TV Stick 4Kを設定

映画館へ足を運べない今だからそこ、思い切って購入したプロジェクター。プロジェクターCOOAU A4300をFire TV Stick 4Kに繋いで映画鑑賞すべく設定完了させました。

-日々の暮らし
-,

© 2020 一語一絵