海外ドラマ『アウトブレイク 感染拡大』の感想

カナダのドラマ『アウトブレイク 感染拡大』は2019年に撮影され、今年のコロナ禍をまるで予言したかの内容で話題になっています。S1E10で完結する短めの作品なのでほぼ一気観しました。

鑑賞前の印象

Twitterフォロワーさんが呟いていた海外ドラマ『アウトブレイク』が気になったのでAmazon primeで鑑賞してみることに。

前知識一切なし。タイトルやタイトル画像から医療パニックの話だろうと予想する程度。フランス語だったので「え、アメリカの作品じゃないんだ。フランスドラマか」と言うのが第一印象だったくらいです(実際はカナダ製作カナダが舞台)。

鑑賞中の感想

それがどっこい。見始めると感染症の原因が新型コロナと判明。「え、今のご時世にこれをドラマ化は不謹慎にならない?」とちょっと心配になって軽く調べてみると、なんとコロナ禍以前に製作放送された作品でした(撮影:2019年8月〜11月・カナダ放送:2020年1月〜3月)。ネットでも現実世界のコロナ禍を予言したかのようなタイミングと内容で話題になってる模様。それはそうだろう、と思いつつ全話鑑賞。

現実世界で新型コロナの脅威を体感してる分、リアルさがありありと分かります。感染症が拡大していく中で発生していく様々な問題。ドラマの中と現実世界と相似点が多く、よくここまで予見して台本書けたものだと制作サイドの本気具合が分かります。

ドラマと現実世界の相似点

差別(人種、地域)
デマ(ウコン茶、水道水)
マスクの転売
自分は大丈夫と言う思い込み(医師にかからない)
医師に症状を申請しない
自宅待機なのに勝手に出歩く
政治・権力・利益の黒い部分
我慢できない子供たち(外出したくなるよね)
暴力沙汰
風評被害
詐欺(偽物の薬)

逆にこれは現実にないやろとツッコミがあったのは新薬投与に関すること。ちょっとこれは狂気を感じたよ?いくらなんでも安全性が確認されてないのに効き目の有効性が高いからって、人体実験のようなものを緊急衛生研究所の所長と言うトップが率先して取り組もうとか怖すぎ。「ウィル・スミス主演映画『アイ・アム・レジェンド』の冒頭みたいなこと起こらない?」って心配したわ。一応フィクションのドラマなので感染症パニックがゾンビパニックに発展することはなかったけれど。それでもバレたら恐ろしすぎる内容だったね。

あとは日本とカナダ(欧米)の習慣の違いを痛感。「あぁ、こういう風に感染拡大していってしまうのか・・・」と歯がゆくかんじることも。

その他感想

キスとハグの文化
手洗い徹底してる家(所長の家の水道ハイテク)
ずっとマスクしてない(もっとマスクしときなさい)
陸続きなのによく国内で済んだな
利己的な理由から助かる見込みのある子が助からない

鑑賞後の感想

純粋にドラマ作品として面白かったし、追体験としても良作。

全10話と短めの作品なので時間さえあれば一気観がつらくない。実際ほぼぶっ通しで観ました。

新型コロナが題材となってしまった分、追体験の再現度が高いことに恐怖。よくここまでリアルさを追求出来たものだと思います。

現実世界ではまだ終息していないので気を引き締め直す意味でも一度は観てほしいと思いました。

配信中
プライムビデオ / U-NEXT / FOD (2020年7月23日現在)

-日々徒然

Copyright© 一語一絵 , 2020 All Rights Reserved.