RICHO GR用ワイドコンバージョンレンズ GW-3を購入した感想

前から気になってたGR用のワイドコンバージョンレンズ。特別固定給付金を利用してようやくゲットしました。外出自粛中なので部屋の中で撮影してみた感想です。

スキルアップにワイドコンバージョンレンズ

GRⅡ使用歴3年。カメラのスキルアップにワイドコンバージョンレンズを手に入れることにしました。

専門用語等分からないので、「このレンズがあればワイドな写真が撮れる」「観光時の建物撮影にに便利そう」くらいの認識です。

開封の儀

GR用ワイコンGW-3は単体商品では使えず、フード&アダプター GH-3の同時購入か必要です。アダプターは高価ではありませんが、レンズと同時に購入するならセット売りすればいいのにと思わずにはいられませんでしたけどね。

GW-3とGH-3

ワイドコンバージョンレンズ

フード&アダプター

装着してみた

説明書片手に取り付けてみました。

手順

カメラ本体からリングキャップを反時計回りで外す
アダプターを時計回りでカチッと音がするまで回して取り付ける
ワイドコンバージョンレンズをアダプターにねじ込んで取り付ける
キャップを外してフードをはめ込む
本体メニュー>セットアップ>コンバージョンレンズ>「WIDE」に変更する

カメラ本体からリングキャップを反時計回りで外す

アダプターを時計回りでカチッと音がするまで回して取り付ける

ワイドコンバージョンレンズをアダプターにねじ込んで取り付ける

キャップを外す

フードをはめ込む

ファーストインプレッション

第一声は「重い」

持ってみて最初の一言は「重い」でした。

本体が軽量なのでレンズ単体の重さがずしりと響きます。長年GRIIしか所有していなかったので、ミラーレス一眼等との比較は出来ませんが、ワイコンありなしの比較では、この重さは慣れが必要だと感じました。

佇まいはかっこいいですね。

マイナス面はワイコンキャップをしたままフードを被せられないこと。撮影毎にフードを取り付けるのはちょっと面倒かな?慣れが必要かもしれません。

広角を実感

せっかくのワイコンなら外で撮ってみるべきでしょうが、未だ外出自粛してるので部屋を撮影してみました。

「おお〜写ってる広さが違う!」と実感。

実際に比較するとその差が歴然。これは今後面白そうと素直に感じました。

ワイコンなし

ワイコンあり

テーブルフォトには不向き?

外で撮影する時にこそワイコンの魅力が発揮されると思います。逆にテーブルフォトは狭い範囲の撮影のため広角になるとちょっと不都合を感じます。

私はテーブルの木目だけを背景にしたいので、壁やテーブルの外側が映り込むのはいただけない。ワイコン装着のままテーブルフォトを撮るなら、度アップにするか編集して切り取りするしかないかな?

コンパクトさを取るか撮影の可能性を取るか

GRのコンパクトさ・軽さを犠牲にするもダイナミックな写真撮影が出来そうなのがワイドコンバージョンレンズの強み。逆に狭い範囲のモノ(テーブルフォト等)には不向きなので、撮影シチュエーションでレンズを使い分けてもいいかなと思います。

ワイコンに慣れるためにテーブルフォトでも装着したまま撮影する予定ですが、外してても問題なさそうとも思っています。外で撮影する時にその真価を問いたいところですね。

ブログ用フォトのワンランクアップを目指してリコーGR2をポチりました

スマホのカメラしか持っていなかったけれど、ようやくハイエンドコンデジをポチりました。一眼やミラーレスはデカイ・重いを理由に選択肢から外れていて、ハイエンドコンデジの商品から、リコー愛があったので悩んだ ...

ペンタックスリコー フォトスクールでGR2の基本を学んで来ました

天満橋にあるリコーイメージングスクエア大阪でGR2の基本を学ぶフォトスクールが開催されていたので受講してきました。

-デジタルツール
-, , ,

Copyright© 一語一絵 , 2020 All Rights Reserved.