ダイエットに成功。これからは現状維持を目標に。

期限無しでずっとダラダラ続いていたダイエット。「一体いつ終わるの?」と思い至ってから今現在の状態は案外いい塩梅だと感じたのでここでストップ。ダイエットは成功したことにしてこれからはキープすることを目標にしていきたいと思います。

ダイエット成功の目処

ダイエットの経緯

今回のダイエット期間は約1年間。経緯は2018年頃ダイエットに成功するも、痩せ続けないといけないという強迫観念を抱くようになり(診てもらってはいないけど)拒食症のような痩せ方を続け生理不順を半年経験する。これはマズイと慌てて無理やり過食によって増量・平均体重まで戻すも、そこから10kgのリバウンドに(拒食症状態の激痩せ時より実にプラス20kg)。この1年はリバウンドした分を取り戻すダイエットでした。

2018年ダイエット成功→2018夏頃〜2019年3月頃・極端な減量による体調不良(人生初の生理停止を半年経験)→過食による増量(10kg増)→暴食が止まらずリバウンド(10kg増)→ダイエット(目標10kg減)

今回のダイエット目標

リバウンドした分を痩せたい。激痩せの過程でスッキリした脚周りや身体が軽くなった身体をもう一度取り戻したい。リバウンド分を減量するのは当然、そこからスッキリした身体を手に入れるべくダイエットを再開。

実は最初の5kgくらいは適度な食事と運動であっという間に落とせました。ただそこから暴食癖が抜けず、ついつい食べすぎて体重は行ったり来たり。暴食後はたくさん運動して少しずつ少しずつ減量していきました。

2018年ダイエット以前の平均的な体重まで戻すことに成功後も暴食癖はなくならず、慢性的なダイエット状況に。その上某体重値は「魔の壁」となって塞がります。その数値を下回ることが全く出来ず、そうこうしてる間に暴食してまた増量してしまい、行ったり来たりを繰り返す羽目に。

「これ、いつ終わるんだ?」

今回のダイエット目標値は曖昧だったとようやく気付きます。目標設定していた体重値はあるものの、そこまで行かずとも現状脚周りはスッキリ、身体もリバウンドしてた頃より断然軽い。もうこれダイエット成功していると考えていいんじゃないか、と思うように。

ダイエットの記録を振り返ってみると、「魔の壁」と思っていた体重値はひょっとしたら「限界値」だったのでは?と思うようにもなりました。ちょうどこの壁を突っぱしようとすると暴食することが見て取れ、「これはつまりこれ以上減量するなという身体からの信号ではないか」と思うようになりました。ちょうどBMIを見てみても標準範囲内で平均体重値より下回っているので実質健康的に痩せている状態なので、ここでダイエットは成功、今後は現状維持を目標にした方が健全的だと考え至りました。

リバンウンドした分を痩せさせたい・目標体重○kg

最初の目標体重よりプラス3kg地点

新たな健全的目標:現状維持

ダイエットで参考にした書籍と実践内容

色々健康やダイエットについての書籍を読んできましたが、現在ベースとして取り入れている考え方は『ダイエットは運動1割、食事9割』『やせない理由はあなたのガマンにありました!』の2冊に書かれていたことです。ダイエットの成功の鍵は、運動1割、食事9割食事「制限」ではなく食事「管理」すること。精製された不自然な食べ物を避けると言う3つの考えを心に留めてダイエットしてきました。今後もこの3つの考えを基に現状維持を続けていきたいと思います。

運動1割、食事9割
食事「制限」ではなく、食事「管理」
精製された不自然な食べ物を避ける

商品ページへリンク

『ダイエットは運動1割、食事9割』を読んで食事内容を見直すことにしました

2年前不健康なダイエットから体調不良に陥り慌てて増量したけれど、それ以降暴食習慣が身に付いてしまった。暴食しないよう心に決めてもついつい手が出て口にしてしまう。そんな悪習慣を断つために『ダイエットは運 ...

食事制限から食事管理へ(太る食べ物をやめて太らない食べ物を取り入れる)

今後のダイエットの方針。『ダイエットは運動1割、食事9割』を読んで食事改善始動。その後よくわかっていなかった「食事管理」について『やせない理由はあなたのガマンにありました!』から理解を得る。ストレスな ...

『ダイエットは運動1割、食事9割』読了後1ヶ月の様子

『ダイエットは運動1割、食事9割』読了後、順調に無理なく運動量を減らしつつ食事改善しつつダイエットしていましたが、コロナの影響でその方法も考え方も変更せざるを得なくなりました。そんな1ヶ月の様子をまと ...

-アウトプット・インプット
-,

© 2021 一語一絵