ムーンプランナースターターセットで満ち欠けスケジューリングはじめることにしました

2019/11/26

前から気になっていた「ムーンプランナー」。1月はじまりの手帳だと思いそろそろ購入しておこうと調べてみたら、月の満ち欠けを利用したノートで2020年春夏版は3月末はじまり。1月からはじめる気満々だったので、すでに開始している2019年秋冬版からのスタートすることにしました。

ムーンプランナー

数年前文房具に興味を持った時に知った「ムーンプランナー」。普通の手帳と違って月の満ち欠けによって日付スペースの大きさが違うちょっと変わったノート。月の満ち欠けによる体調・精神への干渉は女性なら特に影響しそうだと感じ、一度太陰暦に注目してみたいと思い、月の満ち欠けを利用したムーンプランナーを手に取ることにしました。

ムーンプランナーの特徴

  • 新月か満月の日がページのはじまり
  • 見開き1ページの日数は約2週間(14〜16日分)
  • 月の満ち欠けによる日付スペース・グラデーションの変化
  • 春夏・秋冬版の2冊構成
  • 月の満ち欠けベースの手帳のため1月はじまりではない

購入したムーンプランナースターターセット

2019年秋冬版は2019/9/29~2020/3/23、2020年春夏版は2020/3/24~10/16の日付になっています。1月はじまりだと思っていたので、今購入すると中途半端なスタート。2020春夏+2020秋冬が出るまで待つか、すぐに購入するか。早くはじめたい、1月から始める予定だったので1月が含まれている2019秋冬からはじめてもかまわない、ということで購入することに。はじめてのムーンプランナーなのでオンラインショップ限定のスターターセットを購入しました。

セット内容
『満ち欠けスケジューリング術』『ムーンプランナーブック<ルナ>』の2冊
ムーンプランナー 2019秋冬+2020春夏の2冊
リーフレット

満ち欠けスケジューリング術

スピリチュアルな手帳かと思ったらそんなことはなかった。月の満ち欠けを元に、「満ちていく期間=増やすこと」「欠けていく期間=減らすこと」にあてた2週間サイクルのスケジュール術でした。

ムーンプランナーブック<ルナ>

『満ち欠けスケジューリング術』とは逆に、月に関するスピリチュアルな内容の一冊。『満ち欠けスケジューリング術』を読んだ後に目を通したのであまり参考にはならなかった。

ムーンプランナー 2019秋冬+2020春夏

ムーンプランナー本体。「やりたいことリスト、やってみたいことリスト」「ウィッシュリスト」などのページもあり、目標設定を忘れにくくする作りになっている。

書き込む内容について

システム手帳で挫折した経験が何度もあったけれど、現在はトラベラーズノートでバレットジャーナルを書くのが苦にならず継続出来ている。しかし、最近は写真付きミールログをScrapboxで管理しているので、トラベラーズノートはToDo、トラッカー、雑記メインになっている。

今回ムーンプランナーではメンタル要素について書き込んでいきたい。また、月経前や期間中は過食傾向にあるのでミールログも書き込んでおきたい。そう思っていたけれど、『満ち欠けスケジューリング術』を読んだ後ではちょっと方向性を変えようと検討中です。

商品ページへリンク

満ち欠けスケジューリング術
Amazonへリンク
楽天市場へリンク

-ステーショナリー
-,

Copyright© 一語一絵 , 2019 All Rights Reserved.