ドルチェグスト定期便の解約を行いました

投稿日:2019/06/09 更新日:

ドルチェグスト定期便を利用して1年半。ドルチェグストを十分楽しんだのでカプセル飲み切った後、解約手続きをしました。

ドルチェグスト定期便解約方法

解約手続きは電話対応のみ

ネスレ通販コールセンター
0120-600-868(24時間受付・年中無休)

解約条件の諸注意

  • 3回以上の利用後解約可能(4回目からいつでも解約可)
  • 次回お届け日の12日前までに連絡
  • マシンは通常返却。若しくは買い取り7800円
  • マシン返却にかかる送料は自己負担

実際に解約してみた

  • 電話する
  • 解約意向を伝える
  • 配送伝票が届かないので再度電話
  • 郵送でヤマト宅急便返送用配送伝票が送られる
  • ドルチェグストマシン本体を返送する

ネスレ通販コールセンターに電話し、解約の旨を伝えます。契約者本人確認のため、電話番号、住所、名前等を確認。解約理由も問われますが、特に引き止められるような事はありません。私は「カプセルが高い」と言う理由を告げました。その後、レンタルマシンの返却について簡単に説明を受けます。

電話終了後何気にメールを見ていると受信ボックスに解約完了のメールが。お仕事早いですね。

ドルチェグスト定期便はマシンレンタルのため返却義務があります。何らかの理由で返却できない場合は買い取りです。私は返却する予定だったので、返送用伝票が郵送で届くのを待っていましたが1週間経っても届かない。せっかちなので再度電話し、伝票が届かない旨を伝えました。通常は4、5日で届くそうです。伝票自体に有効期限があるそうで(初めて知った)、もう一度新しい伝票を送ってくれるとのこと。

最初の解約の旨の電話から10日後に伝票が届きました。多分こちらが最初の方の伝票でしょう。これが届いてから1週間以内に返送しなくてはいけません。すでにスタンバってたのでその日の内に返却。ヤマトさんに自宅まで来てもらってもよかったけれど、さっさと手放したかったのでコンビニへ。送料は自己負担になり1260円ほどかかりました。

これでようやく解約手続きがすべて終わって一安心です。

外箱は先日故障した際交換してもらった分を取っておきました

ようやく届いた伝票

ドルチェグスト定期便解約の理由

解約理由は大きく2つ、節約と収納問題です。

1年半前利用したドルチェグスト定期便。家計を見直した際、ドルチェグストは高価な嗜好品で家計を圧迫している事に悩み。節約方法として2ヶ月から半年毎の利用に変更しようと思ったもののスッパリやめてしまっても良いと考え直し、解約することにしました。

また、部屋の模様替え中、ドルチェグストマシン本体の収納場所に悩み、「悩むくらいなら手放す!」とミニマリストらしい思考で潔く手放すことにしました。

ドルチェグスト定期便を解約し、今後は紅茶やスティックコーヒーでおウチカフェを楽しみます。ドルチェグストマシン本体や外箱も手放せたので部屋もスッキリし気分も良いです。

家計管理の見直し テコ入れして節約する

FP横山光昭著「年収200万円からの貯金生活宣言」を読んで参考になりそうな箇所を取り入れ家計管理を見直してみました。

収納しない部屋づくりを目指して

収納の工夫を考えること自体が億劫に感じます。はじめから持たないでいると悩む必要もないので、これ以上買い足さず、手放していき、収納グッズに頼らない部屋づくりをしています。

-日々の暮らし
-,

Copyright© 一語一絵 , 2019 All Rights Reserved.