Scrapboxで毎日ミールログの記録

投稿日:2019/02/20 更新日:

Scrapboxで試行錯誤しながら写真付きミールログをとりはじめて2ヶ月。最近スマホアプリ「Porter」を使うと便利だと気付き手軽にミールログを取れるようになってきました。

Scrapboxとミールログについて

Scrapboxはクラウドサービスの情報管理ツールです。Scrapboxの面白いところはリアルタイムで個人・複数人で簡単に編集・共有が出来ること。またリンクやハッシュタグでノートを関連付けることが出来ます。

ミールログは、主にバレットジャーナルにおいて食事管理の記録を書き残す手帳術です。献立や何を食べたか記録し、買い物リストや健康維持、ダイエットに役立てることが出来ます。

参考 Scrapbox - チームのための新しい共有ノート

Scrapboxでミールログを取ろうと思ったきっかけ

以前からバレットジャーナルでミールログを取っていますが、いざ見返すと分かりづらい。分かりやすく記録するなら写真付きのデジタルログを取った方が良いだろうと思うも、普段から利用しているEvernoteやMac純正メモでは「毎日+写真+コメント付き」だとデータ容量を圧迫しかねないため代替ツールが必要だと感じました。

そこで写真を貼り付けるミールログの管理にはクラウドサービスのScrapboxでまとめようと、今年に入ってからScrapboxを使いはじめてみました。

Scrapboxでミールログ

2ヶ月使ってみた使い方の変化

使い始めてから2ヶ月。毎日続いています。使い始めと今では使い方に変化があったのでまとめてみました。

忘れずに写真撮影

毎食写真を撮る習慣がないとついつい撮り忘れるので、まずは撮り忘れに注意することからはじまりました。使用するのはコンデジGR2。iPhoneカメラでスマホからScrapboxにアップロード出来れば良かったんですが、Scrapbox公式アプリがなく、スマホからだと面倒な作業になるためずっとMacで作業してました。流石に毎食後Macで作業するのは面倒くさく、数日分撮り溜めてまとめるようにしていました。

献立メニューを添える

写真ミールログに慣れてくると、次に写真に何を食べたか文字に起こして書き添えるようになりました。

この頃ようやくScrapboxのリンクやハッシュタグについて意識するようになりましたが、まだ本格的に使っていませんでした。なんとなくそう言う機能がある、と言う認識でしたね。

食材をメモる・問題発生

1ヶ月以上続けていくとさらに細かく記録しようと考えるように。献立メニューだけでなく食材を書き残そうと考えました。

しかしここで問題発生。これまでは数日分まとめて作成していましたが、食材まで書き出そうとすると、数日前の食材は忘れがちに。こうなると毎日、というより毎食後にササッとログを取る必要性を感じました。

ただ、そうなるとMacで操作するよりiPhoneで操作した方がはるかに楽です。しかし前述したとおりScrapboxは公式アプリがなくブラウザ上でしか書けず、写真の貼り付け等面倒くさい操作方法になります。

スマホ用アプリ導入

サードパーティ製アプリを用いてスマホからScrapboxに簡単に書き込めるようにしました。カメラもコンデジGR2ではなくiPhoneカメラで手軽に撮影するようにしました。

Porterを使ってスマホから簡単操作に

スマホで使うScrapboxに特化したサードパーティ製アプリの「Porter」。まだ使い始めて日が浅いですが、キーボード拡張メニューのおかげで簡単にログをとれるようになりました。写真貼り付け、定型文のタイムスタンプ、単語選択、ブラケット[]のリンクもキーボード拡張メニューからササっと出来ます。

iPhoneカメラで忘れず写真を撮ってPorterでミールログをつける。現状かなり満足している方法です。

iPhoneにて。食材付きメニューを添えて

Scrapboxのリンク

キーボード拡張メニューの種類も豊富

キーボード拡張カスタマイズ済み

Porter for Scrapbox

無料
(2019.02.17時点)
posted with ポチレバ

-デジタルツール
-, , ,

Copyright© 一語一絵 , 2019 All Rights Reserved.