夜間のテーブルフォトを撮りやすくするためLED電球昼白色に買い替え

投稿日:2019/01/26 更新日:

これまで電球色を使っていましたが、テーブルフォトの写りが悪く、昼白色に変えてみたところ、写真が撮りやすくなりました。

電球色と昼白色の写真写りの違い

電球色は橙色の印象を受けます。朝日夕日の光に近く、くつろぎ落ち着く色合いのためリビングルーム向きの色です。実際ワンルームで使っていると落ち着くんですが、テーブルフォトを撮る際写りが非常に悪く困っていました。

昼白色は白っぽい印象です。日中の太陽光に近い色合いで、確かにカメラを構えると写真写りが全く違い、撮影がしやすくなりました。

電球色100W相当

昼白色60W相当(ワット数間違えて買ってしまった)

昼白色100W相当

昼白色60W相当と100W相当のテーブルフォト

昼白色60W相当と100W相当のテーブルフォト

電球色と昼白色の違いははっきり分かる結果に

カメラを構えるだけで全く違うのは分かっていましたが、写真を並べてみるとよりはっきりと違いが出ていますね。電球色の温かみも好きだったけれど、ワンルームでテーブルフォトをよく撮る身としては、電球色は不向きな色合いだったかなぁと今なら思います。

昼白色60Wと100Wでは写真ではそこまで変化は見て取れませんが、生活しているとやはり100Wの方が明るく感じます。

総合的に昼白色の白っぽいくっきりした明かりが物をはっきり捉え、私の実生活向きの色合いでした。長年電球色を使っていましたが、これからは昼白色の方を使っていこうと思います。

-お買物レビュー
-

Copyright© 一語一絵 , 2019 All Rights Reserved.