食の断捨離

投稿日:2018/12/15 更新日:

ミニマリストや断捨離と言えば、物を持たない生活の「住」や私服の制服化などの「衣」がパッと思い浮かぶかと思います。でも「食」のミニマム化ってあまり聞かないですよね?レシピ本が大量にあって、テイストも和洋中と有り、キャラ弁などに見る華やかだけど細やかすぎる日本の食卓事情。「食」についてもミニマム化したってもいいじゃない、と考えるようになりました。

私の考える食の断捨離とは

私が自称ズボラ系ミニマリストなので、食の断捨離・ミニマム化の行き着く先は同じ製品、同じメニューを習慣として取り続けること、つまり「食」の定番化です。

「衣」に関してのミニマム化だと「何着よう?」と悩むこと自体やその時短が目的で。「住」に関してもミニマム化する事で掃除の時短や目に入るごちゃごちゃした情報量を減らすのが目的でした。

「食」も同じ方向性です。一般的にレシピのレパートリーがたくさんある事が立派・一人前な風潮ですが、ズボラ系ミニマリスト故に疑問を抱くように。「別に「衣」「住」同様ミニマムにしてもいいんじゃない?」と。

自分が納得するなら毎食同じメニューでも問題無し。作るのが簡単なものなら時短に繋がるし、定番化することで余計なものを買わず無駄遣いせずに済むんじゃないか、と。

そうして、食べる食品のメーカーはいつも同じ、献立も外食も同じメニューで定番化しようと考えました。

もちろん、「食」だけの話ではありませんが、選択、悩む事自体が楽しみになることも事実です。ワクワク楽しみながら選択・悩むのならいいんですが、私は食の選択の悩みは苦痛寄りです。面倒です。なのでミニマム化を進めています。

では最終的な部分は「定番化」ですが、細かく見ていくことにします。

【食の断】余計なものは買わない

食の断で行っているのはお菓子断ちと新アイテムホイホイを止める事

お菓子を全く食べない事はないですが、やはりこれもいつも同じ物定番品を購入。

また、食べも作りもしないヨーロッパ系の調味料は私にとってキモ(特にディップやペースト系)。使い方がわからないものを気になったから、試してみようか、と気軽にホイホイ買うべきではないですね。使い切れず放置、そのまま処分コースが目に見えています。お酒も飲まないのにちょっと飲んでみようかな・・・と気の迷いで買っても結局飲みません。

なので、定番アイテム以外チャレンジするのは控えるようにしています。

定番のお菓子「チョコパイ」。季節ごとにフレーバーが違いが「選ぶ楽しみ」でお菓子単体だとこればかり購入

【食の捨】賞味期限切れは即処分 ローリングストック法で上手にやりくり

時々確認していても調味料の賞味期限切れで処分することがあります。大は小を兼ねて大きいサイズの調味料を買っても使いきれないことも多いのが原因です。なので最近は小さいサイズや使い切りタイプ、そもそも買わないと言う手段も取り入れています。

また、ストックアイテムはローリングストック方法を用いることで、出来るだけ賞味期限切れを抑えるようにしています。

【ローリングストックの導入】3つのメリットとストックに向いている食べ物

非常食と銘打っているものは長期保存できるものが多いですが、これが美味しくないものが多い。非常食の保存スペースの確保も面倒だったので、普段から食べ慣れているものをちょい買い足ししてストックする「ローリン ...

【食の離】一汁三菜・和洋中から解放される

そもそも日本の食卓は「一汁三菜」が基本とされてきました。また「和洋中」とジャンル幅も広く、食の魔改造が大好きな民族ゆえ、とにかくレシピの幅が広いです。そんな膨大なレシピから毎食毎食「何作ろう?」「何食べよう?」と悩み選択するのが大変面倒に感じるようになりました(いや、元から面倒くさがりだけど)。

「レパートリー少なくたっていいじゃない。むしろ多すぎなのよ日本」と開き直ることで、毎食違うメニューが当たり前のような多様すぎる日本の食卓事情から解放されスッキリします。

食の断捨離・ミニマム化の副産物

食の断捨離・ミニマム化の目的は「何作ろう?」「何買おう?」の悩みからの解放とそれに伴う時短ですが、それ以外にダイエットや節約などがあります。

「食の断」はあくまで、食べも作りもしないものを買って、結局手に余ってしまうようなものをはじめから取り入れないことで無駄を省くのが目的ですが、副産物的にダイエットや節約にもなりました。特にスナック類や揚げ物など高カロリーな食材は最初から手を出さないことでダイエット効果がありますね。

お惣菜や揚げ物を毎日食べるつもりもなく最初から手を出さない事で健康的なメニューにシフトチェンジすることも出来ます。

最後に

食の断捨離・ミニマム化も定義されているわけではないので色々捉え方があるようですね。特に驚いたのが食の断捨離=一日一食やダイエット目的、ストイックな健康志向など。ダイエットや健康志向はあくまで副産物だと思っています。それ自体が目的ってのは私的にはちょっと違うなあ、と・・・。

時短と言う面では確かに一日一食は有りかもしれませんが、個人的にはお腹は空くし頭の回転に影響が出るので取り入れられないやり方です。また、こだわりの食品は必ずしも節約に繋がらないだろうし、時短と言う意味では割高なお惣菜を買うのも一つの選択肢として有りだと思いますしね。

食のミニマム化も究極に突き詰めると確かに一日一食や超健康志向になるのかもしれないけれど、私はそこまで極端ではないかな?そう思うと世間一般のミニマリスト像でドン引きされるのは「なるほどそう言うことかぁ」とちょっと理解出来て遠い目になりました(苦笑)。「衣」「住」に関しては自称ミニマリストでどんどんミニマム化してスッキリ平気だけど、そうでない人から見たらどんな修行僧だって感じなんだろうなぁと気付けました(苦笑)。

自分がズボラミニマリストだと思い至った話

今一度似て異なる「断捨離」や「ミニマリスト」などについて考察してみた結果、自称ミニマリストと言い続けてますが実態はズボラミニマリストだと思い至った話。面倒くさがりが転じて物を持ちたくなくなった話。

-ミニマリスト
-

Copyright© 一語一絵 , 2019 All Rights Reserved.