ミニマリスト的旅行用メイク用品のパッキング術を一新

投稿日:2019/01/03 更新日:

毎年恒例国内家族旅行2泊3日の経験も5年以上が経過。旅行のたびに荷物を少なくするための工夫をして来ましたが、今回はミニマム化だけでなく、ズボラーなパッキング方法を取り入れてみることにしました。

過去旅行のたびにミニマム化パッキング方法を模索し記事にして来ました。今回は今までの総仕上げになるかな?

ちなみにタイトルにある「メイク用品系」ですが、身だしなみ類全般を指します。つまりは、スキンケア、デンタル、メイク、ヘアケアを含みます

【鉄則】トラベルサイズ・サンプル品は当たり前!荷物は小さく軽くする

ホテルのアメニティで済ますのが一番手っ取り早いのですが、「いつも使ってるのじゃないとイヤ!」というタイプなので、旅行にはトラベルサイズで販売されているものや小さい詰め替えボトルに入れたり、サンプル品を持って行くようにしています。

ケースだけが目的で購入したダイソーのグリッター(笑)

左から乳液、CCクリーム、下地用固形日焼け止め、下地用口紅&チーク(目の下のクマ対策)、ヴァセリンも少量取ってグリッターケースに

ズボラーなのでケースがバラバラ行方不明にならないようカードケースに一まとめ

ロクシタンのヘアケアを愛用しているのでいつももらうサンプル品は旅行時に使用するようストックしています

【NEW】洗顔用石鹸と石鹸ケースが大きくて邪魔になるので、紙石けんを持っていくことにしました

フィルム石けん24枚入 通販 | 無印良品

お留守番アイテムもあるよ

旅先では荷物になるから、と普段使用しているアイテムでもお留守番しているものもあります。

ヘアクリップ(メイクする時に使用。旅行中はヘアバンドで代用。ヘアバンドだと前髪に変な癖が付くので洗顔時以外は使いたくないんだけどね)
メイクハサミ(眉カットなどに使用。2泊3日ならカットせず我慢)
カミソリ(ハサミ同様2泊3日なら我慢)
コンシーラーブラシ(使いやすい大きなブラシですが旅行中はパレット付属の小さなブラシで代用)
つげ櫛(ホテルアメニティのブラシで代用)

小さく出来ないアイテムもあるよ

勿論トラベルサイズやサンプル品を用意出来ないアイテムもあります。私の場合、以下の10点が普段使いのアイテム品でそのまま旅先に持って行きました。

石けん泡立てネット
ヘアバンド
フェイスパウダー
フェイスパウダーブラシ
コンシーラーパレット
薬用リップ
口紅
耳かき
メガネ
メガネケース

【NEW】取り出しやすさ重視の自立するポーチ一個だけを使って洗面用品をまとめる

今回初の試みがこちら。無印良品「ポリエステル吊るして使える洗面用具ケース」という決して荷物のミニマム化に優しくない大きめサイズのケースを導入することでした。

このケースのサイズはW19×D6×H17cmで自立します。またこのケースの特徴として吊るして使うこともでき、吊るした場合はH36cm(フック部分除外)程になります。

ポリエステル吊して使える洗面用具ケース(1590円)

無印良品 | ポリエステル吊して使える洗面用具ケース黒・約16×19×6cm 通販

パッキング方法一新のきっかけ

この、それなりの大きさケースを導入するきっかけはホテルのテーブル上の事情です。面倒臭がりの私はポーチの中から毎回いちいち探しながら取り出すのが嫌で、全部出して並べてしまいます。おかげでテーブルの上が化粧品類で占領されるわぐちゃぐちゃになるわ。更に帰り際片付けるのも面倒だと言う・・・。

テーブルの上を綺麗な状態に、だけど取り出しやすさ第一優先と考えた時、高さとマチがあって一個で済む自立するポーチが必要と結論付けました。

高さとマチが必要な理由はトラベルサイズボトルを立てて収納したり、中身が偏ったり溢れないようにするためです。決してミニマムではない大きめのポーチを用いる代わりに一個だけという決めて、まとめて収納するためです。

そうして条件をクリアしたのが無印良品の「ポリエステル吊るして使える洗面用具ケース」です。

無印良品「ポリエステル吊るして使える洗面用具ケース」でまとめてみた結果

このケースに入らないものは持って行くのは諦める、と言う絶対守るべきマイルールを決めました。

今までは一つのポーチに入らなければ別のポーチに入れたりしたけど、今回はそれはなし。だってこのケースだけでかなり大きいし、それなりに重さもあるからこれ以上の余分なポーチは持って行きたくないわけで。というよりも大きいケースなのでこれで全部入るだろうと予想していました。

-旅行
-, ,

Copyright© 一語一絵 , 2019 All Rights Reserved.