はじめてリントンズの紅茶を飲んでみました

投稿日:2018/10/20 更新日:

「英国フェア2018」3日目、初日と比べると平和そのもの。この日はリントンズ狙い目じゃないかと思ったら案の定上手く一桁目で並ぶ事が出来、はじめてリントンズの紅茶を購入する事が出来ました。

リントンズの紅茶

「リントンズ」は1907年に英国で創業した老舗紅茶商で、本国は勿論日本にも多くのファンがおり、毎年英国フェアでは限定缶などを求めて長蛇の列が出来上がります。

リントンズのティーバッグは日本ではあまり見かけない1包で2杯分の紅茶が飲めるティーポット用紐なしタイプになっています。水出しアイスティーもこのティーバッグで作る事が出来ます。

購入したもの

ハンパーティーキャディー

2018年新作紅茶缶の先行販売としてお目見えした「ハンパーティーキャディー」(2970円)。ブレックファーストティーバッグ50包(150g)、ショートブレッド(200g)が含まれています。

去年までは数百個単位の限定で用意されていましたが、今年の英国フェアでは2000個用意されていたとか。これは過去類を見ない数だそうで、私も3日目でも売り切れずに手に入れられました。

アソートバッグ

「トラディショナル」「アールグレイ」「ゴールド」「ブレックファースト」「コノシュア」のリントンズ定番5種類が5包ずつ入ったアソートバッグ(1389円)もあったので購入してみました。

「ゴールド」が美味しい美味しいと聞いていたんですが、リントンズのリーフレットでも「地球上で一番美味しいティーバッグ紅茶」と銘打っていました。これは飲むのが楽しみです。

「地球上で一番美味しいティーバッグ紅茶」の「ゴールド」

リントンズ流完璧な1杯の紅茶の作り方

リーフレットに載っていた紅茶の淹れ方です。

ポット用の作り方

1 300〜400ccの水道水(軟水)を沸騰させる。
2 ティーポットにティーバッグを1包入れておく。
3 沸騰したお湯をティーバッグめがけて一気に注ぐ。
4 ティーコジーをかぶせ4〜5分長めに蒸らす。
5 マグカップを2個準備して、牛乳大さじ1〜2程度入れておく。
6 ポットの中を軽くかき混ぜてマグカップに注ぎ分ける。

必ず汲みたての水道水を、沸騰させた新鮮なお湯を使う。
牛乳は必ず冷たいまま使う(常温や温めると臭みが出るため)。
濃い目が好みの場合ティーバッグを2包使用する。

水出しアイスティーの作り方

1 1Lの水を用意する(上水、ミネラル、浄水どれでも可)。
2 水を入れたピッチャーにティーバッグ3〜4包入れる。
3 冷蔵庫に入れて冷ます(1晩もしくは4〜5時間でも可)。
4 軽くかき混ぜて完成(取り出さなくても良い)。

実際に飲んでみた

ブレックファーストとショートブレッド

4〜5分と少し長めに蒸らすのがリントンズ流。5分も経つと色が濃くなっていました。ブレックファーストもミルクと混ぜて飲みましたが、味がしっかりしています。ショートブレッドもバターの風味がしっかりしてて美味しかったです。

ブレックファーストとショートブレッドの組み合わせ

ショートブレッドは1つずつ包装されてないので乾燥に注意が必要そう

紋章入りショートブレッド

ティーバッグは2包連なっていますが切り離せます。紐なし。

4分経過。色が濃い目です。

いただきます

ゴールドとショートブレッド

地球上で一番美味しいティーバッグ紅茶と銘打ってる「ゴールド」を飲みました。こちらはお試しとしてアソートバッグに入っていたので数は少ないです。気に入れば来年の英国フェアで追加購入しようかと(随分と気が早い)。

封を開けた瞬間から違いが。いきなり茶葉の香りが。ここまで茶葉の香りがパッケージ内に残ってるのははじめてでしたね。ポットにお湯を注いだ瞬間からもいい香りがしました。「ゴールド」も4〜5分と長めに蒸らします。

そして飲んでみて、その飲みやすさにびっくり!全く渋みがなくて優しい味がしっかりと出ていました。香りもちゃんとあるし、確かにこれは今までで一番飲みやすくて美味しい紅茶かも!

アソートバッグで手に入れた一番美味しいティーバッグ

それではいただきます

最後に感想

1パッケージに50包入ってるハンパーティーキャディーも良いですが、100包入ってるタイプも販売されてるので、英国フェアで1年分まとめ買いしちゃうファンがいらっしゃるのにも納得。1包でマグカップ2杯分ですからね、買いだめしておけば便利です。しかもこんなに美味しい紅茶なら私も欲しい!今までで一番飲みやすかった「ゴールド」。早速来年の英国フェアにむけて英国フェア貯金しなくっちゃ(笑)。

「トラディショナル」「コノシュア」などアソートバッグに入っていたフレーバーはまだ飲んでいませんが、ゆっくりと楽しみたいと思います。

英国フェア 2018@阪急うめだレポ

待ちに待った今年の阪急英国フェア。ハリポタ、ピーターラビットなど今年のテーマは「ファンタジー」でした。毎年恒例初日のレポは数をこなす為長蛇の列を避けて色々見てきました。

英国フェア 2015@阪急うめだ

今年も英国フェアの季節がやって来ました。初日と次の日の2回行って参りました。相変わらずの大盛況です。

-珈琲紅茶のある暮らし
-, ,

Copyright© 一語一絵 , 2018 All Rights Reserved.