GR2で植物をマクロ撮影する時の私の画像設定カスタマイズ

2018/02/17

「マクロ撮影+クロップ47mm+ピンポイントフォーカス」の近距離に強い設定で楽しんでます。


今年の梅の撮影にはGR2を用いています。近距離で綺麗に撮影するためフォトスクールで学んだ事を取り入れて撮影に挑んでいます。まだまだ難しいんですけどね。

設定内容

フォトスクール後の基本設定 花など近距離用の設定
フォーカス スポット ピンポイント
スナップ時フォーカス距離 1m
フルプレス ON
測光 中央
撮影画像フォーマット RAW+ 3:2
エフェクト OFF
画像設定 スタンダード
クロップ OFF 47mm
周辺光量 ノーマル
連写 OFF
オートブラケット OFF
ホワイトバランス マルチパターンAUTO
ISO感度 AUTO-HI
露出補正 0.7〜1.0 0.3前後
NDフィルター AUTO
撮影モード Av F2.8
マクロ撮影 ON
Fn1ボタン クロップ28/35/47mm
Fn2ボタン セルフタイマー
ADJ.レバー ISO / エフェクト / アスペクト比 / フォーカス / 測光

フォトスクール後の基本設定

元々室内のテーブルフォトが多いので露出補正は高めにしています。晴れてる日、曇ってる日で少し調整が必要ですが0.7〜1.0辺りをよく設定しています。

暗い室内での撮影のため、iMacでRAW現像をする事が多いです。偶にうまく取れれば加工しないので、RAWとjpegで保存。アスペクト比は3:2が基本ですが、インスタ用に撮る分には最初から1:1に変更して撮ってます。

梅の花を撮る時の設定

野外の明るい場所で撮るので露出補正は低めに調整し直します。

GR2は単焦点レンズのためズームはクロップ撮影で擬似ズームして撮ります。テーブルフォトメインのため基本マクロ撮影なので、クロップと組み合わせてより近付いても撮りやすいてす。更にピンポイントフォーカスにする事でピントも合わせやすく撮りやすいと感じます。

花を近距離で撮る設定内容で撮った写真

今年の大阪城梅林の写真も同じ設定ですが、今回は近所の神社境内の梅の写真をアップしてみました。品種の種類はどうしたって大阪城梅林と比べると少ないですが、すぐ近場で梅を鑑賞でき、楽しみがあって嬉しいです。

ISO100 0.3ev f2.8 1/2000

ISO100 0.3ev f2.8 1/2000

ISO100 0.3ev f2.8 1/500

ISO100 0.3ev f2.8 1/2000

ISO100 0.3ev f2.8 1/125

ISO100 0.3ev f2.8 1/400

大阪城梅林へお散歩 2018(2月上旬)

今年は寒波到来でいつもなら早咲の梅も咲いているのにまだまだ寂しい状態でした。しかし大変寒い中(ここ重要)、咲いている一つ一つをじっくり鑑賞して楽しんできました。

ペンタックスリコー フォトスクールでGR2の基本を学んで来ました

天満橋にあるリコーイメージングスクエア大阪でGR2の基本を学ぶフォトスクールが開催されていたので受講してきました。

-デジタルツール
-,

Copyright© 一語一絵 , 2020 All Rights Reserved.