ペンタックスリコー フォトスクールでGR2の基本を学んで来ました

投稿日:2018/01/20 更新日:

天満橋にあるリコーイメージングスクエア大阪でGR2の基本を学ぶフォトスクールが開催されていたので受講してきました。

脱オートモードを目指して

GR2を手にして半年ほど経ちました。GR2の記事自体はファーストインプレッション以降書いてませんが、相棒と活躍中です。iPhoneSEでの撮影はもうほとんどありません。メモ代わりにサッと撮るには撮るんですけどね。

さて今年の目標にフォトスクールで撮影モードの違いを把握し脱オートモードを目指していますが、早速フォトスクールに行って来ました。

フォトスクールもたくさんありますが今回はGR2販売元ペンタックスリコー主催の初心者向けGR2の使い方講座に参加して来ました。

10人程度で約2時間半の講座。本当に基礎のお話で、既に知ってることもあったもののちゃんと撮影モードの違いを把握して来ました。

授業内容を事細かに書いてみても詳しい人から見ればどうってことのない話だろうし、確実に正しい知識で話せる自信もないので授業内容は割愛。フォトスクールから学んだことで今後取り組むべきことを書いていこうと思います。

参考 大阪|フォトスクール~スクール・講座を探す|コミュニティ|RICOH IMAGING

印象に残った言葉

「せっかく受講したのだからオートモードは卒業しましょう。Pモードを基本で使って、Av、Tvモードを使いこなせるようになりましょう」

「GR2の醍醐味は何と言ってもカスタマイズ性。せめてAdj. Fn1はカスタマイズしてみましょう」

撮影モードでAv、Tvを使用しててもその違いを理解してなかったので、受講して曖昧部分が随分クリアになりました。この言葉から自分好みの撮影を探っていきたいと思っています。

自分の好きな加工について

最近気づいたのだけれど、当たり前のことだけど何かを変えようと改良しようとするにはまず現状を知ること。今現在どういう風に加工するのが好みか見つめなおしました。

基本的にテーブルフォト
露出は少し上げる
明るさを上げる
シャドウはかなり上げる
青みがかった写真が好き
インスタ用には温かい雰囲気の写真の方が合うことが多い

ハイライト、コントラストは弄らなかったり逆向きに修正することもありますがだいたいこんな感じで加工しています

F2.8至上主義だったけどF16の可能性を見出した

ハイエンドコンデジGR2の特徴の一つにF2.8があります。このおかげでボケる写真が撮りやすくなります。いつもF2.8+マクロモードで撮ってますね。

が極たまにボケて欲しくない時があっていつもどうすれば良いんだろう?と悩んでいました。ちなみに解決策はiPhoneで撮ること(おい)。

しかし今回フォトスクールで教えてもらいました。幾つか方法はあるのですが、F値を上げるとボケなくなるのでボカしたくない時は適度にF値を変えてみようと思いました。

F2.8 1/40 ISO800

F16 1/6 ISO3200

これからも日々勉強

すぐさまカスタマイズ出来るはずもなく今は現状把握と写真を撮る機会に色々試しています。オートモードはすでにやめました。これからはモードの違いを体感していけたらなぁと思います。

クロップモードも使いこなしたいです。

F2.8 1/40 ISO800 クロップOFF

F2.8 1/40 ISO800 クロップ35mm

F2.8 1/40 ISO800 クロップ47mm

リコー GR2を使い始めてみた感想

GR2で撮影し始めてまだ1週間も経っていませんが、第一印象の感想を書いてみました。

-おでかけ
-, ,

Copyright© 一語一絵 , 2018 All Rights Reserved.