【キャビネットを処分したことに後悔】収納家具がないことでストレスが溜まってしまったので収納家具を買い直すことにした話

投稿日:2017/12/26 更新日:

10年近く使っていた白いキャビネットを手放して1ヶ月。1ヶ月間収納家具無しで生活していましたが、「やっぱり無理!収納家具が無くてイライラの我慢も限界!」とストレスが爆発。収納家具が無い事で収納のことばかり考え非生産的。ついに収納家具を買い直すことにしました。

断捨離ハイだったあの頃

11月はじめ、折りたたみ自転車を2台手放したことで気持ちにも部屋の空間的にもかなりスッキリし、その勢いのまま帰省して実家の大片付けをやったり、10年近く使ってきたキャビネット処分したり、その他細々としたものを処分して来ました。

一日の大半を過ごす部屋から自転車2台とキャビネットと言う大きなモノが無くなった事は、なんとも言えない達成感がありました。

ただ、キャビネットを処分した事でそれまでキャビネット内に収まっていたモノたちの今後の収納場所確保に翻弄され、四苦八苦した1ヶ月でもありました。

乗らなくなった折りたたみ自転車をやめてみたらスッキリした話

折りたたみ自転車2台を手放してお部屋もお金もスッキリさせました。

【No.1】ミニマリストによる実家のお片付け: 計画編

やまぐちせいこ著「ミニマリスト、親の家を片付ける」を読み触発され、実家を片付ける目的で帰省しました。

10年近く使ったキャビネットをやめて収納家具を持たない暮らし実践中

1Kの小さな部屋で家具をあまり持ちたくなくて、それでも物を収納するのに一目惚れで購入した白のガラス張りキャビネット。とうとう手放す事にし無印良品のパイン材ユニットシェルフに買い換えようと思ったんですが ...

キャビネット無しの1ヶ月生活

キャビネットに収まっていたほとんどのものは食糧品だったので、キッチンのパイン材ユニットシェルフに移動させたり食べて消費したり。さらには家中の大片付けに発展して日用品の断捨離やスペースを確保しては、なんとかごちゃついてた所を大まかに片付けられたと思っていました。

「新しく収納家具買わなくてもなんとかやっていける〜」と楽観視してましたが、徐々にその感覚も失われ、すっかりイライラモードに突入。「収納スペースがない!」「物がぎゅうぎゅうで取り出すのに不便!」「収納ケース買ったのにやっぱり要らなくなったー!」と負の感情が増え始めました。

収納家具処分後の様子 お片付け終了

キャビネット処分前と同じくらいの片付いた状態に戻ったので一先ずこのシリーズの記事は今回で終了。収納家具を買い足さなくてもなんとかやっていけそうです。

イライラの原因

キャビネット内のモノを家中を片付けてやりくりした収納スペースに収め直したわけですが、かなりキツキツ収納になっていました。

なんとか無理やり収納させたので、余白が一切ない状態余白がないせいで以前より断然物が取り出しにくくなりました。そうして収納方法を何度も見直すとせっかく買い足した収納ケースがやっぱり要らなくなってしまったりして、余分な買い物してしまったと反省する羽目に。

更にはドルチェグストや全自動コーヒーメーカーを購入し、コーヒー紅茶の福袋もやってくることを見越して「どこかに収納スペースないが〜」と探し回る日々。

もう頭の中が収納のことでいっぱいいっぱい。他のことに構う暇がなくイライラし通しになってしまいました。

本来のミニマリズム

頑なに新しい収納家具を買いたくないと言っていたのは私がミニマリスト傾向にあるため。煩わしいモノに囲まれて生活したくない。せっかくキャビネットを手放し空き空間が出来てスッキリしたところにまた収納家具で部屋を圧迫させたくないと思っていたから。

しかし本来ミニマリズムとは不必要な物を手放し持たない事で、余計な時間もお金も心も解放させ、気持ちよく過ごせる環境を手に入れるメソッド。なのに今は収納方法に頭を悩ませそのことばかりに囚われて他の事に余裕が持てなくなってしまっています。全くもって本末転倒。手放した事で余計なストレスを抱え込む事になりました。

「もうこれ収納家具買った方が早い」

ホントそれ。収納について悩む時間も収納スペースのやりくりを考える事自体も最初はやりがいがあったけれど、今は面倒以外の何者でもなくなってしまいました。こうなっては収納家具を買い直した方が私には合っています。

【結論】 私にとってあと一つ収納スペースは必要不可欠

人によって必要不必要な物は違って来ます。今回1ヶ月キャビネット無しの生活をやってみてどうしてももう無理!というところまで頑張ってみましたがやっぱりダメでした。私にとってあの収納スペースは必要なものだったと改めて感じました。もっとも使い勝手が悪かったキャビネットだったので、あれを手放した事自体は後悔してませんが。

新たに購入するのは安定の無印良品パイン材ユニットシェルフ。どうしても収納出来ないと感じたのはあくまで趣味のコーヒー紅茶関係の物なので、コーヒー紅茶以外の物は収納しません。

家中の大片付けで日用品の収納の見直しをした事自体は間違ってなかったし、成功したと思っていますからね。

教訓

余白は大事
一度手放しても不便だと思ったらそれは自分にとって本当に必要なもの
ミニマリストだからと所有について見誤ってはいけない

-持たない暮らし
-

Copyright© 一語一絵 , 2018 All Rights Reserved.