シーズンオフの衣類と寝具の収納のこと

投稿日:2017/12/15 更新日:

大片付けで衣類、寝具の収納も見直しました。

モノの収納場所の見直しと処分

先月から家中の大片付けをしていますが、その中で定期的にモノの見直しと処分をする必要があると気付きました。見直しと処分を怠るとモノがまた増えてリバウンドしてしまうな、と感じました。

今回の大片付けでシーズンオフの衣類と寝具についても見直しと処分に目が向きました。

ミニマリストの衣類は少ない

ミニマリズム・私服の制服化により、シーズンオフの衣類は少ないと自負しています。オールシーズン着回せるような服選びをするようになり衣替えの概念をできるだけ取り払いました。

また、今年はシーズン中に着倒して来シーズンに持ち越さないように、シーズン終わりに処分して保管する衣類の数を減らす工夫もしました。

このことでシーズンオフの衣類収納スペースの確保が半分以外に減りました。これまで収納していた場所ではスペースの無駄遣いに感じるようになりました。

寝具関係は嵩張って収納スペース確保に苦労しています

衣類の数は随分少ないので収納方法に頭を悩ます事は無いですが、寝具類に関してはいつも頭を悩ませています。

特に秋冬の寝具類は種類も多く嵩張ってしまいます。先月からの大片付けの際、一番嵩張る羽毛掛け布団の収納に利用していた突っ張り棒収納用品を処分しました。お陰で今は羽毛掛け布団使用中で問題ないですが、春先仕舞う際に収納場所が無くなり、新たな定位置確保を考えなくてはなりません。

そうしてサイズ的にもクローゼットの棚上しか収納出来そうにないと思い、クローゼット内も大片付けをはじめました。

シーズンオフの衣類の収納場所替え

これまでクローゼット棚上に収納していたシーズンオフの衣類。枚数が減ったことで棚上でなく無印良品のポリプロピレンケース引出式・横ワイド・深型で間に合うのでは?と思い付きました。

本来防虫対策にシーズンオフの衣類の収納は密封容器に入れて保管すべきですが、今までも密封容器に入れずとも虫喰いの被害にあった事は無いのでポリプロピレン引出でも構わないや、と思い、試しに収納してみたら、春夏用・秋冬用どちらも収納出来たので今後はここに保管し、棚上のスペースを空けることが出来ました。

無印良品 パラグライダークロスたためる仕分けケース Sサイズに春夏物、Mサイズに秋冬物の衣類がほぼ全部入ってる状態です

春夏物はポリプロピレンケース引出式・深型の半分サイズにおさまりました

春夏物は新品タンクトップ2枚、リラコ2本のみ保管し残りは夏の終わりに処分しました

秋冬物はポリプロピレンケース引出式・深型にちょうど一杯分

秋冬のナイトウェアが嵩張っています

クローゼット棚上の収納スペース

今は羽毛掛け布団はじめ、秋冬用寝具類を使用中なので実際収納しているところを写せませんが、これだけスペースが空けば全部収まるでしょう。

クローゼット棚上の様子

Timb.洗えるカゴレクタングルL使用 春夏用タオルケットと収納袋などが入っています

処分できない説明書や新聞紙等紙モノ 御朱印帳は近いうちに専用ケース購入予定

-暮らしを整える
-,

Copyright© 一語一絵 , 2018 All Rights Reserved.