3泊4日国内旅行の荷物を減らす工夫 2017秋ver.

投稿日:2017/11/02 更新日:

今回の三重3泊4日旅行は台風の影響を受けつつの旅行で雨具関係に気を配りました。

3泊4日三重旅行の内容データ

初日: 大阪/台風一過 三重/台風一過
2日目: くもり
3日目: 朝大雨警報 上野市到着時にはくもり
最終日: 快晴

今年は平年より秋らしい秋が早く、むしろ寒いと感じる日々でした。更に運の悪いことに今回の旅行中またもや台風の影響を受ける日程になってしまいました。

ちなみに過去の旅行では鎌倉旅行、三重旅行でも天候が悪かったです。

それでは今回の旅行用荷物についてまとめてみました。

今年はこれ。雑誌の付録のボストンバック

ボストンバッグの中身一覧

衣類のマイルール: 無印良品 パラグライダークロスたためる仕分けケース・小に入る分だけ持っていく

衣類の量は季節や宿泊数に関係なく収納ケースに無理やりにでも量を合わせる。そんな方法を取るようにしました。

夏場は薄手の枚数が多く冬場は厚手の少ない枚数で済む傾向にあります枚数が多くても嵩張らない夏、分厚くても少数の冬。結果的に嵩張り具合は季節関係ないと感じるようになったので、どの季節、泊数でも一つ同じ収納ケースを利用し、入りきらないものは持っていくのを諦める、と言うふうなパッキングをしています。

今回の悪天候3泊4日旅行もいつも利用している無印良品のパラグライダークロスたためる仕分けケースSサイズ1個分の衣類しか持って行きませんでした。

折りたたむと左側サイズまで小さくなります。衣類はこのケースに入らない分は持っていくのを諦めるようにしています

忘れ物なしの時短パッキングのコツ: 持ち物チェックリストを利用する

何度も旅行を繰り返していると持っていく荷物の内容がそれなりに把握できてきます。ただ期間が開くので忘れ物のないように持ち物チェックリストは作成しておきましょう。そして1度作ったチェックリストは再利用すること! 毎回新たに作ると面倒ですし、持ち物リストに漏れが出てくる可能性もあるので再利用するほうが確実です。

この場合手書きのアナログチェックリストではなく、スマホのメモ系アプリを使用するのが便利でしょう。デジタルツールでチェックリストを作成すればチェックボタンのオンオフが簡単に出来るし、追加項目や削除項目も楽に管理出来るからです。

こちらはEvernoteアプリに書き出したリスト。いつも再利用しています

スッキリパッキングのコツ: ポーチに小分けして詰める

細々としたものは全部ポーチに入れてまとめましょう。大きな収納ケースにあれもこれも詰め込むより、ポーチを幾つか用意して小分けに詰めたほうが取り出す時も楽です。ポーチは100均でも雑誌の付録の物でも十分です。

ポーチの中身の種類について

化粧品類のコツ: サンプル・ミニボトルや自作パレットなど少量を活用する

個人的には、旅行の荷物で幅を利かせているのは衣類より化粧品・スキンケア用品類だと思っています。何気に重いし嵩張ってしまう類です。衣類と違ってぎゅっぎゅっと折りたたんだり出来ないですからね。形も多様すぎるし・・・。

ホテルのアメニティグッズを利用したり、旅先のコンビニ等で現地調達する方法もありますが、肌トラブルを抱えていると普段から使い慣れてるものでないと困ります。個人的には衣類よりも削れない類なので、あの手この手を考えて嵩張らないようパッキングに気を使っています。

スキンケア用品・ヘアケア用品はコスメよりやや簡単な方法があります。必要な分だけ持っていく。そのために、サンプルや小分けボトルに移し替えて持っていくのがベストでしょう。液体状のものやジェル状のものは詰め替えやすいです。リピ使いしているアイテムのサンプルやトラベルサイズがあればそれも最大限利用しましょう。

サンプルやトラベルサイズボトル、100均詰替えボトルなどを利用。ポーチに収納も尚ジップロック系で細々としたものをまとめちゃいましょう

問題はコスメです。コスメのサンプルもあればそれを利用しちゃいましょう。しかし私の場合サンプルがないので、荷物になるけれどそのまま持って行っていました。今ならひとまとめに出来る自作パレットをオススメします。自作パレットのメリットは一箇所にまとめられることと、その時の気分で入れ替えも自由に効く点ですね。

マグネットシートとステンレス製名刺ケースでメイクパレットをDIYしました

メイク用品を少しでもスッキリさせるためにメイクパレットを作ってみました。

悪天候対策のコツ: 持って行くより身に付けて行く

今回の旅行では台風の影響で雨風、地面のコンディション対策が必要でした。初日がてんやわんや。台風の影響で近鉄特急が運行やら見合わせなど二転三転で乗れるかどうかわからないくらいでした。初日の大阪は既に台風一過だったので、ギリギリまで、折り畳み傘+EVA素材の靴+ウィンドブレーカーで出かけようとしていましたが、靴だけEVA素材の靴を履き、折り畳み傘、ウィンドブレーカーはボストンバッグに詰めて持って行きました(ただし旅行中はずっとウィンドブレーカー着てました、寒かったので)。

雨具類は本当に必要になるかどうか分からない部分でもあるので出来るだけ荷物にならないようにしたい所。コンビニ等で現地調達する方法もありますが、雨具類の使い捨てはしたくないので、できるだけ最小限にして持っていくようにしています。一度現地でレインコートを調達したことがありますが、蒸れて大変なことになったので、現地調達するならビニル傘の方が良いかと思います。

現在は折り畳み傘+EVA素材の靴で対策を取っています。断捨離で長傘を処分したので手持ちの傘は折りたたみ傘一択です。長傘より収納面では便利なので旅行時家から持って行くなら折りたたみ傘が良いでしょう。

以前は折りたたみ長靴を都度持って行っていましたが、現在はビルケンシュトックのEVA素材の靴を履いていくようにしました。水で丸洗い出来る素材なので、お城巡りや神社巡りをした際、地面がぐちゃぐちゃであっても帰ってから丸洗い出来るので、雨対策にも地面のコンディション対策にも抜群でした。靴のデザインも良いので晴れの日に履いても何の違和感もないので、悪天候の予報であれば迷わず履いていくようにしています。

左足の靴が結構汚れてしまいました でも水洗い出来るので助かります

日本野鳥の会 レインブーツを購入

レインブーツが欲しい、欲しいと思って早数年(笑)。ようやく買うことにしました。

【必要なのは1本だけ】雨傘は折りたたみ傘だけにしようと思った話

今手元に日傘を合わせて4本の傘があります。個人的にはこの本数は多くて減らそうとした時、ふと「折りたたみだけでいいのでは?」と思い、折りたたみ1本(+日傘)で挑戦しようと思った経緯について、話したいと思 ...

最後に

今回書き出したのはあくまでボストンバッグ内の荷物のこととなります。日中はホテルでお留守番している荷物たちです。旅行中の手荷物はほぼ普段通りの物を使用しました。iPad mini4とGR2(コンデジ)は持ち歩いていましたが。

出来るだけ少ない、軽い荷物にしようと工夫していますが、ボストンバッグの面瀬は5kgになっていました。まだまだ改良余地がありそうで今後も研究したいと思います。

ミニマムなパッキングと旅行中の雨具問題

旅行中の天気に悩まされること3回以上。台風直撃鎌倉旅行、大雨の城巡り三重旅行、台風一過の影響をモロ受けた三重旅行・・・。悪天候の中の旅行は大変ですが、それに備えて荷物を準備する必要もあります。

2泊3日 / 3泊4日の国内旅行の荷物を減らす工夫色々考えてみた

3泊4日の家族国内旅行に出かけます。少しの荷物で出掛けられるように荷物の中身を考えておこうと思います。

no image
国内旅行前にチェックしておきたいいつものお店のこと

その土地でしか買えない物、食べれない物、と言うのは旅の醍醐味ですが、慣れない旅先の物よりいつもの物が必要となる事もしばしば。いつもの物が旅先で調達出来、使い切れば荷物も減らせるので前もって調べておきた ...

-旅行記
-,

Copyright© 一語一絵 , 2018 All Rights Reserved.