ゼンタングルを1ヶ月続けてみた感想

投稿日:2017/03/05 更新日:

ゼンタングルをはじめて飽きる事なく、むしろ、夢中になって描き倒した1ヶ月でした。

ゼンタングルはじめました

集中して描けるので、リラックスしつつ楽しみながら遊んでいます。

続きを見る

これまで描いたもの

殆どがトラベラーズノートに描きました。トラベラーズノートのリフィルはMDノートのリフィルと同じなので、万年筆でも表裏に描けました。ただ、黒く塗りつぶした時は時々、裏抜けしましたが、これはさすがにしょうがないレベルですかね。

描き続けて感じた事

この1ヶ月はタングル(パターン)が101個載ってる「ゼンタングル101パターン集」をお手本に練習し続けていました。すると、好みのタングル、描きやすいタングル、不得意なタングルがあることに気付きました。今後も本に載っていないタングルも取り入れていくことを考えると、不得意なタングルを無理に練習することもないかな、と好みのものや、得意なものをどんどん習得したいな、と感じました。

不得意なタングルを描いていると、上手くいかずついついイライラして雑になってしまうんですよね。もちろん練習すれば上手くなるかもしれませんが、タングルの種類が豊富にあるので、苦手を克服するために時間を割くより、好きなものを描いて集中し、無心になりたいと思ったので、不得意なタングルはやっぱりそのままにしちゃうと思います。

ひたすらタングルを描く時間がとても楽しいです。全体像があまり大きくなると、集中力がかけるので、私はトラベラーズノート1ページを4等分にしたくらいがちょうど良い大きさです(公式サイズは存在しますが)。熱心に集中に無心になって出来上がった作品を見るととても心が満たされます。つい失敗してもそれも受け入れることが出来ます。今後も楽しくゼンタングルを描いていきたいな、と思います。

-ステーショナリー
-,

Copyright© 一語一絵 , 2018 All Rights Reserved.