4度目の献血で貧血にあいました

投稿日:2016/12/01 更新日:

成分献血2回目の今回、献血中に体調を崩してしまいました。

最終回分で気分が悪くなる

最初は特に問題なく順調に進んでいたんですが、30〜40分位たった頃身体の異変に気付きました。なんとなく心臓バクバク言ってるような感じ。心拍数が上がってるような気がしましたが、一時的なものだと思っていました。しかしその後、どうにも気分が回復する様子もなく、心なし悪くなってきたので、無理せず看護士さんに声をかけました。そしてあっという間にグッタリしてしまいました。「この感覚は貧血・・・」。めちゃくちゃ汗もかいたけれど、正に血の気が引く思いでした。看護士さんたちが4人位集まってしまったし、お医者さんも様子を見にきたり。血圧を測ると大分下がっているようでした(私は見てないけれど)。気を失う感じこそ無かったけれど、正直声を出して返答したり目を開けているのも辛い瞬間がありました。一度回復に向かったと思ったりまた血の気が引いたりしてしまいました。

この間、貧血対策のようにベッドを下げ横になるような体勢になったり、冷たいアクエリアスを飲んだりして、なんとか少しずつ回復していきました。

原因は?

事前の心構えとして、睡眠、食事、水分はきっちり取っていました。なので、特に心当たりのある原因は無いんですが、可能性としては、季節の変わり目による体調不良、若しくは献血中にスマホに集中し過ぎが原因だったんじゃないかなぁ、と思っています。

看護士さんが言うには、季節の変わり目に知らず体調を崩していてそれが影響していたのかもしれない、と。確かにちょっと心当たりがありました。いつもはモンベルのインナーを着ていますが、この日は無印良品のぬくもりインナーを着ていました。モンベルのインナーを着たことがある人は分かるかと思うんですが、モンベルのインナーはかなりピッチリしていて、腕の部分まで捲る事が出来ません。献血向けのインナーではないんですよね。そこで、モンベルほど温かいと感じない無印良品のインナーを仕方なく着ていきました。腕まで捲れるように、と。更に、コートではなくガウンを着ていました。いつもより薄着になっていたので、体調が悪くなっていたのかもしれません。実際その日お腹緩かったですし(苦笑)。

もう一つ、献血中にスマホに集中してしまっていました。リラックスして安静に献血すべきだったのに、ちょっと興奮状態になっていたのも、体調を崩してしまったのかもしれません。

今後の対策

今年はもう献血行く時間が無さそうなのですが、次回また貧血になるようなことにならないよう、改めて心構えをきちんとしておかないといけないなぁ、と思いました。

インナーに関しては正直どうしようもないので、コートなどでしっかり寒さ対策をしようと思います。あと冷え性なのもどうにかしたいですね。献血中にスマホ操作は出来るだけしないようと思います。

もらえるものは貰って帰りましたw

-暮らし
-

Copyright© 一語一絵 , 2018 All Rights Reserved.