【松江旅行】1日目: 小泉八雲ゆかりの地

投稿日:2016/11/04 更新日:

10月中旬に3泊4日の家族旅行に出掛けていました。

トラブル有りの八雲号

新大阪から岡山まで新幹線に乗って移動していましたが、岡山から松江まではJRの特急やくもで向かいました。この日、岡山の時点で新幹線の到着が4分遅れでしたが、松江に到着する頃には約30分の遅れになっていました。目的地に着くまででこんなに疲れた旅行ははじめてです。

ちなみにこのアイスはは新大阪から岡山までの新幹線の中で買ったもの。カッチコチでスプーン刺さりゃしねぇw 新幹線からやくもに乗り換え時10分程放置でようやく柔らかくなりましたw

松江に到着。ご当地ゆるキャラしまねっこ。この子可愛いですね。

お昼ご飯は出雲蕎麦を食べました。

早速ご当地マンホールも発見。デザインは武家屋敷のようです。松江なら松江城なのでは?と思いましたが。帰ってから気づいたんですが、もしかして松江城付近のマンホールだけ特別デザインがあった、とかないよね?(汗)

レイクライン

松江の観光路線バスのレイクラインは1回乗車で200円。1日乗車券500円、2日乗車券はレイクラインと市バスが乗れて1000円です。今回は2日乗車券を購入しました。スクラッチ式で連続する2日間が乗り放題になります。

小泉八雲記念館、小泉八雲旧居、なんと武家屋敷は閉館中

松江駅7番のりばからレイクラインに乗って小泉八雲記念館前まで移動しました。

共通券が何種類か販売されています。4館共通券や3館共通券など。最初、4館共通券を購入つもりでしたが、武家屋敷が閉館中だったので3館共通券を購入しました。

そう、武家屋敷見れてないんです!事前チェックでチェックしきれてなかった!松江旅行はもう半年以上も前から決まっていたので、半年前からちょこちょこ情報収集してました。武家屋敷の改装で閉館はちょうど10月1日からで、このあたりの時期はもう情報収集済みだったから、知らなかったんだよー(涙)。とっても残念でした。

小泉八雲って誰?

ギリシャ出身のアイルランド育ち、ジャーナリストとしてアメリカで生活し、出版社の通信員として来日。日本で英語教師となり、日本の怪談に魅せられた文豪です。松江には数年住み、熊本も居を移していました。4年前の熊本旅行で小泉八雲旧居に寄っています。

【熊本旅行】夏目漱石第三旧居、ジェーンズ邸、小泉八雲熊本旧居

水前寺成趣園の後に、夏目漱石第三旧居、ジェーンズ邸の外観と小泉八雲熊本旧居を見学してきました。

小泉八雲記念館 中は撮影禁止

小泉八雲旧居 お庭を中心に観て回れます。こちらは撮影可でした。

その後、またレイクラインで移動し、カラコロ周辺をちょっと散策。あんまり楽しめるところはなかったかなぁ。でもここで御朱印帳を購入出来ました。

【松江旅行】2日目: 松江城

旅行2日目は松江城周辺の観光と松江フォーゲルパーク、イングリッシュガーデンに行って来ました。

【松江旅行】2日目: 松江フォーゲルパークと松江イングリッシュガーデン

2日目午後には一畑電車に乗って、松江フォーゲルパークと松江イングリッシュガーデンに行って来ました。

【松江旅行】3日目: 水木しげるロード (1)

予定していなかった水木しげるロードに遊びに行きました。

【松江旅行】3日目: 水木しげるロード (2)

3日目は一日中水木しげるロードで遊んでいました。

【松江旅行】最終日: はにわロードと鳥取地震

松江旅行最終日は神社へ参拝して来ました。

-旅行記
-,

Copyright© 一語一絵 , 2018 All Rights Reserved.