「服を着るならこんなふうに」とティム・ガンの10の法則を参考にアイテムの買い足しを考えてみる

投稿日:2016/08/06 更新日:

「何を着れば良いのか分からない」。そんなお悩みをわかりやすく漫画で説く「服を着るならこんなふうに」と、ファッションコンサルタントのティム・ガンが唱えるレディースファッション「10の法則」を参考に、今足りないもの、買い足すものを考えてみました。

理論的にお洒落を目指す漫画「服を着るならこんなふうに」

最近洋服が似合わなくなったと感じ、久々にファッション雑誌を買ってみたり、パーソナルカラー診断を受けようと思ったりする中で「そういえば面白そうなファッション漫画があったな」と思い出し、タイトルを必死で思い出して読み始めたのが「服を着るならこんなふうに」です。

漫画のあらすじ

主人公祐介(27)はファッションに全く興味がなかったけれど同窓会がきっかけでファッションに興味を持つようになります。「服を買いに行く服がないからだよ!!」と叫んじゃうくらい今までお洒落とは縁がなかった祐介に、妹の環が理論的に楽しくファッションコーディネートをレクチャーしてお洒落を楽しむようになっていくお話です。

「理論的に」ファッションを知ることが出来る

「何買っていいかもわからないし」
「それ(場に適した服を着る歳になった)がどんな服なのか皆わかってるかもしれないけど!俺には全然わからないんだよ!!」
「服を買いに行く服がないからだよ!!」
「試着ってなんか・・・しんどいだろ・・・試したら全部買わないといけない気がするだろ・・・!カーテン越しに店員が待ってるのに・・・試すだけ試して買わないと気まずいだろ・・・!!」

___「服を着るならこんなふうに」

祐介のセリフが本当に共感出来ます。「もうめっちゃ分かる!よく分かるわー」と思いながら妹の環ちゃんが理論的にファッションコーディネートしていってくれてふむふむ頷きながら読んでいます。

この「理論的に」と言うのが大変わかりやすいです。「センス」なんて感覚的なものはコーディネートに既に慣れてるお洒落さんなら問題ないのかもしれませんが、ファッションに興味を持ってこなかった、ファッションの基本の「き」もよく理解してない初心者さんにはなかなか難しい考え方です。理論的に説明してくれるので理解しやすいです。漫画としても面白いしね。

とは言え、この漫画はメンズファッションのお話です。レディースファッションはメンズファッションの理論より複雑になってくるので、正直「服着るのレディースファッション版出して欲しい」と強く思いますね。

とは言え、私がミニマリスト傾向にあるので、「服着る」のシンプルな男性ファッション向けの話も参考になります。女性ファッションも基本的な大事な部分は共通していると思うので、この漫画で書かれていることはとても参考書になります。

ティム・ガンの10の法則

「服着る」の女性ファッション版出してくれー!って思ってしまったくらい内容が良かったのですが、男性ファッションのお話ですから「じゃあ女性ファッションは?」と何をお手本にしようかと考えてる時に思い出したのがティム・ガンの10の法則です。元々は昔NHKで放送されてた「ティム・ガンのファッションチェック」をワクワクしながら見ていて、番組内に登場する10の基本アイテムが10の法則です。

ベーシックな黒のワンピース
トレンチコート
ドレスパンツ
スカート
ジャケット
クラシックな白シャツ
ワンピース
場を選ばないトップス
ジーンズ
リラックスウェア(ただし洗練されたもの)

番組を見てた頃はまだまだこれらのアイテムがなぜ基本の10点なのか理解出来ていませんでしたが、今なら確かにこれらは基本アイテムだ、と分かるようになりました。ちょっと大人っぽいアイテムたちだなあって思っていたものが必要だと思うとは、年を重ねてきたんですかね。

また、ミニマリスト傾向にある私としては、これくらいの最小限の物で揃える、と言う点が共感出来ます。あまり色々たくさん買い揃えたくはありません。

10の法則は基本とは言え、これら全てが日本人向けではないのもまた確かなもの。日本人体型や日本の気候など配慮されてるわけではないのである程度参考に、ワードローブを整えたいものです。

「服着る」×「10の法則」で揃えたいもの

「服着る」環ちゃんの分かりやすいアドバイス

「印象のベースはボトムにかかってるの。逆に言うとベースが整ってなかったらトップスもおしゃれに見えないんだからね」
「しかも黒ならカジュアルにもドレスにもなる有能な一品!」
「ドレスとカジュアルのバランスだよ
この二つをうまく融合することでオシャレが生まれるんだよ
でもそのスタイル(完璧な普段着)がカジュアルすぎるって気づけたらドレス要素と入れ替えればいいだけなの」
「日本人は胴長短足で童顔だから子供っぽく見られやすくてカジュアルに寄せるとおしゃれに見えにくいんだよね」

___服を着るならこんなふうに

環ちゃんのアドバイスはとても心に響きます。ふむふむ頷くことが出来ます。

「服着る」×「10の法則」

「服着る」と「ティム・ガンの10の法則」と合わせ、日本の気候などにも考慮、自分なりに考えた「服着る」×「10の法則」アイテムが出揃いました。

ベーシックな黒のワンピース
チェスターコート
ドレスパンツ
スカート
ジャケット
クラシックな白シャツ
ワンピース
場を選ばないトップス
ジーンズ
リラックスウェア(ただし洗練されたもの)
カーディガン

「ベーシックな黒のワンピース」と「ジーンズ」は持っています。他は・・・持ってないな・・・。今までどれだけカジュアル寄りだったのかと冷や汗たらり。もうそろそろドレス寄りの服を揃えた方が良さそうですね。

ただ10の法則のアイテムを見ただけでは「どんなのだ?」って疑問があるので本を読みたいです(クラシックな白シャツってどんなや?!洗練されたリラックスウェアってどんなや?!)。

ティム・ガンが唱える10の法則ではトレンチコートが入ってるけど、春物のイメージがあるのでこれじゃあ日本の冬は越せないだろ、とツッコミ入れたのでチェスターコートの方が個人的にはマストアイテム。春先にはカーディガンの方が予算的にも助かりそう(笑)。

これら10の法則は基本アイテムなので揃えたからと言って今手持ちの洋服を処分するつもりはありません。必要な基本アイテムを持っていなかったので、これらを参考にしたい、と考えています。とりあえず今年はコートが欲しい!カジュアルなパーカーとちょっと個性的なアウターしかないからちゃんとしたコートが欲しいです!

私の年間ワードローブ計画のまとめ

このタイトルの記事を一番最初に書いたのは2013年9月。目先の流行りに左右されず一年を通したワードローブを考えること。3〜オールシーズン着まわせる洋服選びは、後々私服の制服化へと考え方が固まりました。 ...

私服の制服化が完成したミニマリストの全ワードローブ大公開(2018年3月21日アップデート)

骨格診断ストレート、パーソナルカラーウィンターのミニマリストの洋服一覧を紹介します。

-私服の制服化
-

Copyright© 一語一絵 , 2018 All Rights Reserved.