2泊3日 / 3泊4日の国内旅行の荷物を減らす工夫色々考えてみた

投稿日:2016/07/15 更新日:

3泊4日の家族国内旅行に出かけます。少しの荷物で出掛けられるように荷物の中身を考えておこうと思います。

はじまりはキャリーバッグの処分

2016年夏の終わりの松江旅行にキャリーバッグを処分して身軽に旅行したいと考えたため、夏頃から旅行の荷物を減らそうと考え始めました。

旅行以外の時はキャリーバッグは非常食のストックスペースとして活躍していました。しかし現在ストック品は主にリュックに、またローリングストックしているのでキャリーバッグそのものが邪魔になり処分済みです。

手持ちのキャリーバッグとリュック。キャリーバッグは本体だけで3.1kgありました。

我が家の旅行パターン

年に2度ほど家族で国内旅行に出かけます。毎年恒例は年末年始の2泊3日の小旅行。正月から家事をしたくないと言う女性陣の意見から毎年大阪市内や近隣のホテルで過ごしています。これとは別に春か秋頃に遠出の旅行に出かけます。2泊3日か3泊4日の旅行です。

春先と秋口では特に衣関係の荷物の分量が違いますが、どちらにせよ旅行の荷物を減らしたいと思い始めました。

ここから先、過去記事を一同に再録しています

2017年1月 2泊3日の荷物について考えてみた

これマスト!荷物のチェックリストを保存して再利用する

何度か旅行に出かけるようになると、必要なアイテムが見えてきます。たとえまだ見えてこなくても、持って行ったものをとにかくチェックリスト化することです。

紙でチェックリストを書き残すと捨ててしまったり、いざという時に探す羽目になりかねないので、スマホのメモ系アプリでチェックリストを作ることをオススメします。チェックを外したりするのも紙より楽に出来ますからね。

これがあると、次回旅行時に「何持って行くべきか?」と悩む時間が減ります。忘れ物もしづらくなります。

真犯人はお前だ!荷物を占領するアイテム

旅行の荷物は出来るだけ少なくしたいもの。今まで散々荷物を減らそうとして、衣類をあの手この手で減らそうと躍起になっていましたが、違った。うん、違った。本当に荷物になるのは、そう、化粧品・スキンケア用品・衛生用品です。

女性ならではの問題ですね。よく荷物を減らすために、ホテルのアメニティを利用する・現地調達する、と言う方法がありますが、肌トラブルを抱えていると使い慣れていないものを使うことにためらいがあります。私は肌トラブルがよくあるのでホテルのアメニティを使いたくても使えませんね。

普段使いのものを全部持って行ったらそりゃ安心!ですが、流石に大荷物になります。ここをあの手この手で少なくする方が、洋服を減らすことより重要ポイントだと今回感じました。

コツ1: サンプル・ミニボトルを使う

化粧品の類は、サンプルがあればサンプルに頼るのが吉。コンパクトですし、使い捨てれるので、帰りの荷物が少し減ります。普段、コスパ的に大きいボトルの物を使っていても、旅行時にはミニボトルに移し替えて持って行くと嵩張らずに済みます。

私の場合、化粧品はETVOSの物を使っていますが、サンプル品自体がないのでそのまま持っていくようにしています。スキンケア用品は無印良品の物を多く使っているので、ミニボトル版を持っていくようにしています。ただ、唯一、ちふれのふきとり化粧水は、ミニボトルに詰め替えるのも面倒なので、必要な枚数分のコットンに予め漬け込んで持っていくようにしています。

衛生用品も詰め替えるのが面倒なので、ギリギリ使いきる前の内容量が少ない状態で持っていくようにしています(笑)。使い切るタイミングを見誤れば使えない手ですが、使いきる前の量なら重さもそれほどないのでそこまで荷物だと感じません。

サンプル・ミニボトル・使い切れそうな衛生用品・化粧水を染み込ませたコットン

コツ2: ポーチにまとめる

雑誌の付録のポーチでもいいので、細々としたアイテムは全部ポーチに入れてまとめてしまいましょう。スッキリするのでカバンに入れてもごちゃごちゃしなくて済みます。

ポーチに入りきらなければ2個3個とポーチを増やしてでもポーチにまとめた方がスッキリします。ちなみに一番小さいリサラーソンのポーチには参拝用の小銭が(笑)

年末年始の小旅行の荷物一覧

さて今回の旅行の荷物一覧です。冬なのでそこまでインナーも着替えも必要ないので助かります。とは言えインナーは日数分持って行ってますが。モンベルのインナーは本当に優秀なので1枚着ていったものをそのままずっと着てても問題ないから助かります。

今回は2014年イルビゾンテムック本の付録のバッグに入れて出掛けることに成功

旅行の中身一覧。縦3列と見た時、一番左の一列は手持ちのバッグに入れたもの(普段通り)

2016年7月 3泊4日の荷物を考えてみた

初日の格好

帽子、リネンシャツ、リネンパンツ、靴下、サンダル、(写真には撮ってないけれどインナー)

御朱印帳、キーケース、財布、ICカードケース、モバイルバッテリー、化粧ポーチ、イヤホン、手帳、ペン、予備のバッグ。写真にはないけどスマホ。

恐らくこんな格好&荷物になります。ほぼいつもと同じ格好で旅行仕様でもなんでもないです。バッグの中身は普段よりやや多くなってしまいます。

カメラはiPhoneのみ

デジカメも一眼も持っていません。個人的に写真はiPhoneカメラで十分です。iPhone SEにしてからより綺麗な写真も撮れるので満足しています。

着替え

一番の問題がここ。着替えの量です。今までなら日数分の着替えを持って行きました。これをそ1セットに減らそうと思っています。初日の格好の色違い程度でもほぼ一緒の格好です。どうやって衣類を減らして3泊4日過ごす予定か後述しますが、着替えは1セットで過ごそうと考えています。

化粧品類

青:サイズが大きいけれど小さくしようが無いのでこのまま持っていくもの。写真撮り忘れたけれど石けんも。
ピンク:普段は大きいサイズだけれどミニボトルに詰め替えたり、必要枚数だけ持っていくもの。
オレンジ:必要最低限の化粧品。手持ちのバッグの中にはここに写ってるグロス・練り香水、ファンデーションが入ってると思う。
緑:普段もミニボトルで使っている化粧水やシャンプーなど。旅行用にもバッチリ。ミュシャ缶には常備薬が入ってる。

こちらもなかなか問題な部類です。ミニボトルを用いても持っていくものはほぼ決まっています。これを減らすのは難しいので収納方法を見直す予定です。トラベルボーチでスッキリ収納して旅行鞄に収まりやすいようにしたいと思っています。

トラベルポーチ

全て入ってるわけじゃないけれどこんな感じに収納したい

その他

折り畳み傘は余程晴れの予報でない限り持っていくようにしています。急変する可能性がありますからね。手持ちの靴は長靴以外ビルケンシュトックしか持っていません。ビルケンの靴は雨に弱いので雨の日には履けません。鎌倉旅行時台風が来てビルケンシュトックの靴しか持ってなくて、それはそれは大変な目に遭いました。雨予報があれば長靴も持って行きます。絶対にビルケン履きたくないです。

長靴は日本野鳥の会のものなので折りたためます。これは大変有り難いものです。しかし、折り畳み傘、長靴両方はかなり重く嵩張ってしまうのが事実です。

ヤクルトとチョコも実は減らせないアイテムです。朝一番にヤクルトとチョコをいつも食べるのでこれが無くなるとなんとなくモヤモヤ。コンビニでヤクルトを見かけないので自宅から持っていくようにしています。コンビニで見かければコンビニで買うんですけどねぇ。

衣類の数を減らすためにホテルで洗濯できるようにする

今までなら日数分の着替えを持って行ってましたが、アンダー類も含めて1セットのみ持っていくことにしました。それにはホテルで洗濯して着替えのやりくりをしようと思ったからです。

バスタオルで乾かし部屋干しする

洗顔、ボディ用にいつも石けんを持って行きます。今回洗濯用にも使おうと思っています。
元々衣類はリネン製の物が殆どなので、生地的に乾きやすいです。アンダー類は綿の物が多いので乾きにくいんですが、旅行先の洗濯・乾かし方テクニックを学んで、お風呂後にバスタオルで包んで叩いて水気を取れば1日あれば乾くでしょう。

参考記事のように一度試してみました。リネンパンツも入る100均のジップロックLサイズを洗面器代わりにして石けんでゴシゴシ、モミモミ。洗い終わったらバスタオル代わりに使っているリネンタオルでポンポン水分を吸収させ乾かしてみました。靴下は少し乾きにくかったけれど、リネン製品、モンベルジオラインクールメッシュは次の日には乾いていました。まぁ、この季節乾きやすいのもあるんでしょうが。これなら着替え1セットでも大丈夫そうですね。いざとなればコインランドリーを利用するのも手です。

参考 3泊4日の旅行でもほぼ手ぶらでOK!?モノを持たない旅行ミニマリストの方法とは。 | カタテマゴト

2014年8月 2泊3日実家帰省の荷物について考えてみた

目標はイルビゾンテのA3サイズバッグに入る荷物

普通の旅行と違って今回は帰省時の荷物のお話。実家だと持って行かなくても済むアイテムが色々あるので、ちょっとだけ荷物の量は減らせます。特にタオル系は確実に実家にあるので。この前届いたばかりのイルビゾンテのムック本バッグ一つで済むよう工夫して荷物をまとめてみました。

荷物はこのバッグ1つ分になるように工夫しました

衣類関係

一番荷物になるのがやっぱり洋服なんですよね。衣類は毎回、無印良品のトラベル用仕分けケースに入れていきます。

今回2泊3日、実家用、そして夏仕様です。丸1日は家に居っぱなしなのでルームウェアで十分です。寝間着も夏なのでそう荷物になりません。ただ、夏なので汗をかきやすいため、予備の着替えは持って行きました。

無印良品のトラベル用仕分けケースは重宝しています。今まではなんとなく折りたたんで入れていたんですが、丸めて入れたほうがたくさん入ると聞いたので、丸めてケースに入れてみることにしました。

するとビックリ!

本当にたくさん入ることに気付きました。おかげで今回は中サイズ一つで済みました(小サイズは予備に持って行きました)。

仕分けケース(中)に全部入りました

丸めて収納

仕分けケースの中身一覧

イージーパンツ×1
シャツ×2
Tシャツ×1
ショートリラコ×1
ショートパンツ×1
アンダーウェア×3セット
タンクトップ×2

実家へ帰る時の服装

イージーパンツ
Tシャツ
アンダーウェア

実家へ帰る時の服は帰りには仕分けケースの中に入れて持って帰りました。逆に仕分けケースに入っていた、イージーパンツ、シャツ、アンダーウェア1セットは着て帰りました。

タンクトップともう1枚のシャツ、ショートリラコ(ユニクロ)で家で過ごしていました。寝間着はTシャツとショートパンツです。予備も持って行きましたが、調度良い分量を持っていったと思います。

スキンケア用品は小分けに

スキンケアは基本的に少ない種類で過ごしています。クレンジングと拭きとり化粧水、化粧水くらいです。この時期だと、ベビーパウダーもよく使っています。

9月に家の用事兼の旅行に出掛けるし、年末年始もお泊りと決まっているので、新しく小分け用品を買いました。化粧水用とクレンジング用です。普段化粧水は大きいボトルを買ってるので、旅行時にはやっぱり小さいサイズが必要になります。実家に帰るときも今回この小さい容器を持っていったんですが、化粧水実家にストックありました(爆)。

新しく買った小分け容器

無印良品の化粧水は元々小さいサイズを持っていたので、こちらを使用

クレンジング、拭きとり化粧水を新しい小分け容器に入れて旅行時用に

ジップロックに入れたもの一覧

化粧ポーチの中身

化粧ポーチの中身も以前から断捨離してほとんどマストアイテムしか入っていません。ほとんどいつもの中身のまま、持って行きました。

普段の化粧ポーチの中身はほぼそのまま持って行きました

外出時用のポーチも持って行きました

その他

その他に一番度のゆるいメガネとPC用メガネ、そして石けんを持って行きました。あと外出時用のハンドバッグにいつもの中身を入れて、これで全部の荷物になります。

目標達成と反省点

目標のイルビゾンテのバッグに大荷物全部入りました。荷物はこれとハンドバッグだけでした。目標達成して良かった良かった。

化粧水が家にあったので小分けして持って行かなくても済んだのに・・・と言うのが今回唯一の反省点かな。他は適量を持って行けたと思います。

2013年9月 2泊3日の荷物の中身について考えてみた

着替えについて

着替えはインナーは日数分きちんと持っていきます。洋服は季節に寄るのできちんと決まってはいませんが、暑い季節ではないのなら、1日目と最終日のコーディネートは一緒で構わないと思っています(枚数を減らすための工夫)。インナーだけは毎日替えます。

家族旅行なので家族から「見つけられるように目立つ色の服着て」と注文を受けています(苦笑)。高知旅行の時、真冬だったので洋服の色味がブラウンやグレーが多くなってしまい、周りの人達も似たり寄ったりの色味だったため、探すのが面倒だったとか。顔で認識するんじゃなくて、服の色のほうがパッと分かるそうなので、ブラウンやグレーの色で旅行に出掛けるのは不評でした。今度は目立つ服をチョイスするぞ〜。

左から赤のワンピース、赤黒チェックのプルオーバー、青白のチェックシャツ

パジャマ、と言ってもTシャツとジャージなんですが、それも持っていきます。ホテルで用意されてるものはどうにも着たくはないんですよね・・・。これが実は荷物になります。秋冬だと厚みのある長いジャージになるので重いし嵩張るし、荷物になってしまう持ち物の一つです。

靴も季節によって履くものが変わりますが、歩きまわって疲れない靴でないとダメなので、ビルケンシュトックと決まっています。春夏頃ならサンダルタイプ、秋冬頃ならサボタイプの物を履いていくかな。雨がふらないことを祈るばかりです。

バッグはコレと言うのはまだ決まっていないけれど、財布、カメラが取り出しやすい大きさがいいですね。お土産やパンフレットが増えてしまうので、エコバッグも持っていくようにしています。

紙類やお土産を入れるためのエコバッグ

アメニティグッズなどについて

ホテルで用意されてるパジャマは着れないのに、タオルは使える人です。ただ、最近はホテルによくある分厚い綿のタオルより、家で使ってるリネン生地のほうが優秀のように思えて、家から持って行こうと考えています。リネンだと嵩張らないし持って行っても邪魔にはなりません。

石鹸シャンプーはになってからは、ホテルのシャンプー類を使わなくなりました。小さめの石鹸を持っていきます。これ一つで顔、頭、身体を洗っているのでやはり邪魔とは思いません。酢リンスは小さいボトルに入れて持って行っています。

今私は乳液や保湿液などは使っておらず、化粧水オンリーです。化粧水も旅行用の小さいボトルサイズのものを持って行っています。クレンジング剤も旅行用の小さいものですが、普段使ってるものとは別の物で、あまり好きではないんですが、ここは仕方ないと諦めています。

普段はコンタクトなので、旅行時も当然コンタクトです。普段は2週間タイプの使い捨てですが、旅行時には1日用の使い捨てを使います。保存液やら何やら持っていくのがものすごく邪魔なので、1日用なら少しの荷物で済みます。

無印の旅行用小ボトルの化粧水などが役立ちます

電化製品について

これまで旅行に持っていく電化製品は、iPhoneとカメラでした。しかし最近ふと、「カメラって必要?」って思ってしまって。いやいや、写真はめちゃくちゃ撮るんですが、カメラそのものが最近要らないなぁと思うようになって・・・。今度iPhone5sに買い換える予定なので、このカメラがそこそこ優秀ならもう荷物になるカメラも持って行かなくてもいいかな、って。その代わりバッテリーは絶対必要になりますね。

その他

S字フックや無印良品のフック付きピンチなどあると便利なので数個持っていきます。

事前にホテル周辺のコンビニやスーパーの位置もチェック。いざというときは助かりますし、何より家族は、ホテルの部屋で果物やヨーグルトが食べたいと言い、私もヤクルトを毎朝飲んでいるので、現地で買うようにしているので、ホテルの近くにあるとちょこちょこ買い物に行けて便利です。

ミニマムなパッキングと旅行中の雨具問題

旅行中の天気に悩まされること3回以上。台風直撃鎌倉旅行、大雨の城巡り三重旅行、台風一過の影響をモロ受けた三重旅行・・・。悪天候の中の旅行は大変ですが、それに備えて荷物を準備する必要もあります。

3泊4日国内旅行の荷物を減らす工夫 2017秋ver.

今回の三重3泊4日旅行は台風の影響を受けつつの旅行で雨具関係に気を配りました。

no image
国内旅行前にチェックしておきたいいつものお店のこと

その土地でしか買えない物、食べれない物、と言うのは旅の醍醐味ですが、慣れない旅先の物よりいつもの物が必要となる事もしばしば。いつもの物が旅先で調達出来、使い切れば荷物も減らせるので前もって調べておきた ...

-旅行記
-,

Copyright© 一語一絵 , 2018 All Rights Reserved.